オススメの書籍

薬草・薬木による健康の勧め

薬湯・薬膳・薬酒手帖

   

 
書籍紹介の目次
1.概要
2.目次
3.著者、訳者紹介

1.概要 

 植物を薬湯や薬膳、薬酒として使用する方法をまとめて紹介している本です。
2012年の本ですが、最近薬湯についてまとめて紹介している本はなかなかないので貴重な本です。
 薬湯などで使用できる様々な植物の特徴を写真やイラストでわかりやすく解説しています。一つ一つの植物について詳しく説明しているわけではないので、植物に詳しいかたには物足りないかもしれませが、ハーブビギナーのかたには、おすすめです。
 中国や、ハンガリーの”薬湯治療の現場”の紹介もされているので、ハーブの力も実感できます。
  

2.目次

まえがき
第1章.薬湯の勧め
 
第2章.薬膳勧め
 
第3章.薬酒の勧め
 
 
編集後記
 

3.著者紹介(著者紹介より)

  ●近藤隆一郎(こんどうりゅういちろう)
1949年生まれ。鹿児島大学農学部卒。九州大学大学院農学研究院教授。
 
  ●正山征洋(しょうやまゆきひろ)
1943年生まれ。福岡大学薬学部卒。九州大学名誉教授。
 
 ●李剛(りごう)
1963年生まれ。中国遼寧中医薬大学医学部卒。一般社団法人・国際天然物機能開発研究会 副理事長。
 
 

アロマテラピーを学ぶ!

オススメの通信講座

最新の記事

おすすめの書籍(ハーブ)