ハーブ・アロマ手作り:ポプリをつくる。リンゴのポプリをつくる。

  ポプリとは、花・果皮・ハーブ・スパイス・木・コケ・精油(アロマオイル)などを混ぜ合わせ熟成させたので、部屋を香らせるために用いる室内香の1種です。私たちの季節毎の食卓を賑わしてくれるフルーツもポプリの重要な素材です。今回はリンゴのポプリを紹介します。
  

  

 目次

1.ハーブ・アロマで手作りするポプリついて
2.ハーブ・アロマでポプリを作るときに必要な道具
3.ハーブ・アロマで手作りするポプリに必要な素材
4.ハーブ・アロマで手作りするポプリの作り方
5.ハーブ・アロマで手作りするポプリに関連する記事
 

1.ハーブ・アロマで手作りするポプリについて

 (1)そもそもポプリとは?

 ポプリとは、花・果皮・ハーブ・スパイス・木・コケ・精油(アロマオイル)などを混ぜ合わせ熟成させたので、部屋を香らせるために用いる室内香の1種です。好みに合わせて材料を選び、香りの強弱も加減してオリジナルの香りを楽しむことができます。想い出の花、記念の花などを加えればより楽しみも深まります。
 
 

(2)ポプリの歴史

 ポプリの語源は、フランス語で「ごった煮料理」を意味したpot pourri(直訳=「腐った鍋」)で、多様な材料を混ぜてつぼに入れて作ったことに由来するとされています。
 ポプリが文献に登場するのは16世紀以降のことで当時は、乾燥した花や葉をパウダー状にしたいわゆる『百花香』=Pot-pourriのような、、ある種のすりつぶした芳香樹皮や根粉末と花びらを混ぜたもののようです。
 しかし、そのはるか以前から、世界各地てポプリ的なものが作られてきました。ポプリのルーツをたどると、古代エジプトや古代ギリシアにまでさかのぼります。香料の歴史、そして文化そのものろ歴史がポプリの歴史といってもよいでしょう。
 

(3)ポプリの種類

 ポプリには
  材料を全て乾燥させて作る ドライ・ポプリ
  生かわきの花に粗塩をたっぷり加える モイスト・ポプリ
  油脂を混ぜた フレンチ・オリジナル・ポプリ
 の3つのタイプがあります。

 

(4)ポプリの仲間

 ポプリのような室内香にはいろいろなものがあります。
 サシェは匂いぶくろのことで、ポプリやハーブを布袋に詰めたものです。
 スリープ・ピローは、眠りを誘う香りのミックスを入れて、枕辺に置きます。
 ポマンダーは陶製の丸い器に主としてポプリを入れたものです。
 その他、レターセット、アクセサリーなどさまざまなものがポプリと組み合わせることができます。

2.ハーブ・アロマでポプリを作るときに必要な道具

 

 
・浅い紙箱やお盆、ザルなど 
  材料を乾かすときに使います。
 
・大小の密封瓶
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
・小皿、ボール、小鉢など
 そろえた花や葉、スパイスなどの材料を取りわけたり混ぜたりします。
 
・計量カップ、
 200ccの計量カップ、15cc(大さじ)、5cc(小さじ)の計量スプーンなどがあると便利です。
 
・乳鉢
 スパイスや樹脂などを砕くのに使います。大きさは直径10cm〜20cmのものがよいでしょう。
 
・白熱灯ライト、オーブンなど
 材料を仕上げ、乾燥するときに使います。
 
・その他
 スポイト、木のスプーン、ハサミ、瓶にはるラベル、スパイスミルなど。

3.ハーブ・アロマで手作りするポプリに必要な素材

  美しくかぐわしい花やハーブを乾かし、珍しいスパイスを集め素材とします。
 


  •  

(1)基本の材料

・花
 花は、乾いたあともよく匂いがして、花の色も残るものがポプリに適しています。代表的な花には、バラ、ジャスミン、キンモクセイ、キク、フジバカマ、ニホンスイセン、ウメなどがあります。
 香りがほとんどない花や乾燥後に香りが消える花は、色や形が美しいものは色取りに使います。例えば、ヤグルマソウヤデルフィニュウム、ランなどです。
 
・葉
 クスノキ、パチュリ、モミ、スギ、ユーカリなど好みの葉を色取りに使います。
 
・ハーブ
 ラベンダー、ミント、カモマイルなど多くのハーブがポプリに使用できます。花つきのものもポプリに色どりをそえます。
 
・スパイス
 ポプリの香りに深みをそえ、保留剤の役目をします。原型に近いもの(ホール)を購入して砕いて使います。クローブ、シナモン、オールスパイスなどがよく使われます。
 
・保留剤
 香りを統合し、長持ちさせる役割をします。よく使われるもにのには
  オレンジ、リンゴ、レモンなどの皮 
  ビャクダンなどの木片
  オリスルートなどの根 
  粗塩、黒砂糖
 などがあります。
 
・精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。少しでも香りが強いので注意しましょう。
 
・飾りの素材
 貝殻、小石、木の実など、いろいろな自然の素材を集めて楽しみましょう。
 

(2)今回使用する材料

 リンゴの甘くフレッシュな香りを引き立ててくれるブレンドです。
 
①ドライフルーツ
リンゴ
 フルーティーで甘酸っぱくフレッシュなリンゴの香りは、男女を問わず誰にでも好まれる香りです。その香り主成分はアルコール類のヘキサノールやエステル類です。
 リンゴの香りには、精神を落ち着けたり、リラックスしたりする効果があると言われています。リンゴにはいろいろな品種がありますが、酸味の強い品種がオススメです。
 
②ハーブ他
○カモミールローマン
 リラックスのハーブとして知られているカモミールは、”大地のリンゴ”というギリシャ語を語源にもち、リンゴのような甘い香りが特徴です。1年草のカモミール・ジャーマンや多年草のカモミール・ローマンがハーブティーなどに利用されています。今回はハーブティー用のカモミール・ローマンを使用します。
 
○ルイボスティー
 最近人気のハーブティー、ルイボスは、南アフリカ原産のマメ科の植物の葉から作られるお茶です。現地では”不老長寿のお茶”として知られるルイボスティーはほんのり甘い香りがします。
 
③保留剤
○オリスルート
 香りを統合し、長持ちさせる役割をする保留剤。今回はオリスルートを使用します。
 オリスルートはニオイアヤメの根を乾燥させたものです。スミレの花のような香りで、古代ギリシャ・ローマ時代から香料として使用されてきた歴史を持ちます。

○リンゴの皮
 今回使用したリンゴの皮も保留剤としての効果が期待できます。

④精油
 香りをひきしめ爽やかさを加えるために、ベイ精油とスペアミント精油を加えました。

○ベイ
 ベイは、料理用のスパイスでも有名なローレル(月桂樹)の別名で、甘さを含んだスパイシーな香りが特徴です。

○スペアミント
 爽やかな香りの代表であるミントを加えました。スペアミントはペパーミントよりは甘い爽やかなかおりが特養です。


4.ハーブ・アロマで手作りするポプリの作りかた

  ━━━ リンゴのポプリ(ドライポプリ)
 ふたを開けるとリンゴの甘い香りが漂うポプリです。
 

 

材料    

ドライハーブ  
 薄く切って乾かしたリンゴ・・・カップ1/2
 リンゴの皮・・・カップ1/4
 乾燥したローマンカモミールの花・・・カップ1/4
 ルイボスアップルバニラティー・・・カップ1/4
保留剤  
 オリスルート・・・小さじ1
精油
 ベイ      3滴
 スペアミント  2滴
  
密封できるビン
 

作り方 

① まず、リンゴを切って完全に乾燥させます。
 
② 乾燥させたリンゴ、リンゴの皮、ローマンカモミールの花(今回は市販のハーブティーを使用。八重咲き)
 
③ 上記の材料にルイボスアップルバニラティーを混ぜあわせます。
 
④ オリスルートに精油をたらします。
 
⑤最後に精油をたらしたオリスルートを加え混ぜ合わせます。
 
 
出来上がりです。中身を振って2週間くらいねかせます。
 精油を入れなくても甘く良い香りでしたが、爽やかさを加えるためにベイとスペアミントの精油をつかいました。
甘さがひきしまり、爽やかな香りになりましたが、ねかせた香りがまた楽しみです。
 

5..ハーブ・アロマで手作りするポプリに関連する記事

 
基本のポプリの作り方
 
 
ゆずのフルーツポマンダー
 
雪の庭のポプリを作る。