ハーブで手作りする入浴剤:やさしいミントの香りの入浴剤をつくる。

アップルミント、スペアミント、ボウルズミントをつかう。

 当サイトの所有する宮城県蔵王町の農園では、栽培しているミント類が元気に成長しています。ミント類は高温多湿の日本でも育てやすいハーブです。収穫し、乾燥させてハーブティーなどに使用もよいですが、今の時期、生で使用するとより香りが楽しめます。 今回は、フレッシュミントを使用して入浴剤をつくります。

ハーブで手作りする入浴剤:やさしいミントの香りの入浴剤


 

 目次

1.ハーブで手作りする入浴剤に使用する材料
(1)ハーブ
2.ハーブで手作りする入浴剤の作り方
3.ハーブ・アロマで手作りするその他いろいろ入浴剤
 

1.ハーブで手作りする入浴剤に使用する材料

  私たち日本人は古くから、様々な薬用植物(ハーブ)を薬湯として利用してきました。
室町時代に生まれたとされている、五木八草湯は、しょうぶ・よもぎ・オオバコ・はすのみ・オナモミ、スイカズラ・クマツヅラ・ハコベの八草が使われたといわれています。
 入浴剤には、薬草(ハーブ)のほかに、様々な樹木や草本、果実やスパイス、野菜などを利用することができます。
 
 

  •  

 (1)ハーブ

 ハーブとは芳香植物(香りのあるあ植物)の総称です。
 
 ハーブ(Herb)の語源は、ラテン語で草を意味するHerba(ヘルバ)に由来しています。
 Herbという言葉にはいくつもの定義があります。Weblioの英和辞書に”Herb)と入れると、薬用植物、薬草、香草、ハーブ、(花が咲いた後、根以外は枯れる)草、草本、マリファナなどとの訳が出てきます。
 植物学者や園芸家は、「ハーブとは、小さい、種子をつける植物で、本来どちらかといえば木本性よりむ”Herbaseous”という言葉が語源)である。」と定義するでしょう。料理研究家なら、「香草、香味野菜。料理などに香りを与えたり,味を調える目的で使用する植物である。」と定義するでしょう。ハーブ療法家なら、「薬草、健康や美容に役立つ植物」とするかもしれません。
 それぞれの立場により幾つかの定義がありますが、より一般的に言えば、「ヒトの暮らしに役立つ、特に健康維持に役立つ特性を持つ植物の総称」ということになるでしょう。日本大百科全書(ニッポニカ)では以下のように解説しています。
 
『それぞれが個性あふれる香りをもち、花、茎、葉、種子、根などが、薬品、食品、染料その他さまざまな用途に用いられ、美容や家事に至るまで人々の生活に役だち、うるおいを与えてくれる有用植物の総称。特有の香りをもつものが多いので香草と訳されるが、香りの強いものばかりとは限らない。ここでは、植物に含まれる成分が生活に役だち有効に利用できるものであれば、ゴボウやニンジンのような一部の野菜も含めてハーブとして扱う。』
 
 ハーブは一般的には料理やお茶として利用されるイメージがありますが、もともと薬草としての使用の歴史があり、薬湯としても広く使われてきました。(フレッシュ)で、またはドライ(乾燥したもの)で、入浴剤として利用できます。
 
  今回使用するハーブは、ミント類です。
 ミントはシソ科ハッカ属の総称です。さわやかな香りが魅力で、ペパーミントやスペアミントなどが古くから栽培され、広く親しまれています。自然雑種ができやすいため、かつては600種ほどに分けられていましたが、今では40種ほどに整理されています。世界各地に分布し、種により精油成分が異なるために香りもさまざまで、チョコレートやオーデコロン、グレープフルーツ、バナナなど、意外な香りをもつミントもあります。
 ハッカアメなどで知られているハッカは日本に自生するミントで、メントールの含有率が高く、ジャパニーズハッカとも呼ばれてかつては北海道などで輸出用に生産されていました。
 
  ハーブ大百科/デニ・バウン著には、さまざまな種類のミントは、どんな庭でも育つと記載されています。実際当サイトの所有する蔵王の農園でも育ちすぎで困るほどです。お庭で栽培して増えすぎて困っているかたも多いでしょう。
 同書にはまた、スペアミントは、古代ローマの時代から欠かせない料理用ミントで匍匐性の甘い香りのする多年草、アップルミントは、匍匐性の毛に覆われた多年草、芳香性のハーブでフルーティーなスペアミントの香りがする、ボウルズミントは、変異種にとんだスペアミントとパイナップルミントの交配種などと記載されています。
 今回使用するミントは、栽培している アップルミントスペアミントホールズミントです。
 
 
ミント類

農園のミント類


 
☆ハーブ薬(浸剤)
 ハーブ薬は、芳香植物(ハーブ)をオイルや、アルコール、お湯などで浸出することにより、その薬効成分を取り出したものです。浸出油、チンキ剤などは手軽に作れて、昔から民間療法に利用されてきました。これらを目的に合わせて上手に使うことで、作るアロマクラフトに豊かな植物の香りと効果を加えることができます。
 今回はお湯に直接入れて入浴するので、使い方としては 浸剤です。

○アップルミント 
 その薄緑色の葉は毛におおわれており、リンゴの香りがします。60cm程度まで成長し、ハーブティーなどで利用されています。
 
ホールズミント
 大きく、毛のある丸い葉が特徴です。葉は緑色でアップル系スペアミントの香りがします。1m程度まで大きくなりピンク色の花をつけます。
 
スペアミント
 先が尖った濃い緑色の葉が特徴です。茎は紫色で8月の終わりに花を咲かせます。メントール成分が少ないのでペパーミントよりやさしい香りが特徴です。
 

2.ハーブで手作りする入浴剤の作り方

ミントのお風呂。


  ハーブを入浴剤として使用するには、乾燥させて(ドライハーブ)使用する方法と生(フレッシュハーブ)で使用する方法の2つがありますが今回は収穫したハーブをそのまま生(フレッシュハーブ)で浴槽に入れる方法で使用します。
   

(2)フレッシュハーブ(生のまま)使用

 
•材料(1回分)  
 生のアップルミント、スペアミント、ボウルズミント合わせて30g。
 
•作り方 
今回の入浴剤につかうミントを洗います
 
洗ったミント類を布袋などに入れます。
 
*アップルミントを多くしました、甘い香りがします。このまま生のハーブティーもおいしいです。
 
③湯を入れた浴槽にミント類が入った袋を入れて入浴します。
 
*容器に入れて30分程度浸出しその後浴槽に入れる方法もありますが、今回は直接浴槽に入れてみました。
 そのまま入れると後片付けが大変なので、袋に入れるとよいです。
 
・使用後の感想
 今回はアップルミントを多めに使用したので、甘くやさしい香りがします。次回はすっきりするペパーミントで試そうと思います。
 

(3)使用する量について

 いろいろな書籍により使用する量にバラつきがあります。
日本の薬草系の書籍では1回で200g〜400g(今回の10倍、かなり多め)との記載が多いです。西欧のハーブ系の書籍では20g〜40gと少なめです。
 
 今回はお試しなのでハーブ系の書籍に従って30gを使用してみました。
今回は浴槽に直接入れましたが、日本の薬草系の書籍のように200g程度入れてもよいかもしれません。また試してみたいと思います。
 

3.ハーブ・アロマで手作りするその他いろいろな入浴剤

 

バスソルト

天然塩を使った基本のバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

植物油を使った基本のバスオイルの作り方を紹介しています。
 

バスフィズ

重曹を使った基本のバスフィズの作り方を紹介しています。

 

最新の記事

いろいろな入浴剤

ハーブの薬湯