ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:ローズマリーと白ワインのお風呂、ベルガモット精油をブレンド。

 この葉を白ワインで煮て、それで顔・あご・ひげ・まゆ毛を洗えば吹き出物がでなくなり、顔がきれいになる(バンクスの薬草誌)。ローズマリーのワイン煮材は、・・これを飲用するとともに、こめかみにこれをつけて用いる。弱い記憶力を増進させ、感覚を敏活にすることができる(ニコラス・カルペッパー)。
 歴史のなかでもローズマリーは白ワインなどとあわせてつかわれていたことがロバート・ティスランド著アロマテラピー<芳香療法>の理論と実際に記載されていました。
 今回はローズマリーと白ワインをつかった入浴剤の紹介です。
 
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:ローズマリーと白ワインのお風呂。

ハーブ・アロマ手作り入浴ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:ローズマリーと白ワインのお風呂。


 

 目次

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料
(1)基材
(2)ハーブ
(3)精油
2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方
3.材料を入手する方法と予算について
(1)材料の入手方法
(2)材料入手のための予算の目安
(3)おすすめの商品リンク
4.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤を作る上でのポイント
5.ハーブ・アロマで手作りするいろいろな入浴剤
 

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。
 代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 今回は、基材としてワインを使います。ワインはむかしから入浴としてもつかわれていたといわれています。
 


  •  

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回は、精油は使用しませんが、入浴剤のベースとして基材を使用します。今回使用する基材は白ワインです。
 
①ワイン  
「ワイン風呂」とは、ビタミンとポリフェノールをたっぷり含んだワインをお風呂にそのまま流し入れた入浴法のことです。肌をすべすべにしたり、保湿効果を高めたり、美容ケアに最適とされています。
 キャサリン・カナー著のザ・ブック・オブ・バスにも記載されていて、ある国の女王(クレオパトラ?)の美しさの秘訣はワイン風呂を利用していたといわれています。
  霜川忠正著化粧品有効成分ハンドブックには、『ワインはポリフェノールが含まれていて抗酸化作用があり、赤ワインは皮と種に多いポリフェノールを豊富に含んでいる。ポリフェノールは化粧品の原料などとしても注目されている。』と、記載されていました。
 ただし、ワインはアルコールが含まれているので、注意を守って入浴しましょう。
 今回は渋みの少ない白ワインを使用しました。

(2)ハーブその他

 ハーブとは芳香植物(香りのあるあ植物)のことです。ハーブは生(フレッシュ)で、またはドライ(乾燥したもの)で、入浴剤として利用できます。
  

 
①ハーブ薬
 ハーブ薬は、芳香植物(ハーブ)をオイルや、アルコール、お湯などで浸出することにより、その薬効成分を取り出したものです。浸出油、チンキ剤などは手軽に作れて、昔から民間療法に利用されてきました。これらを目的に合わせて上手に使うことで、作るアロマクラフトに豊かな植物の香りと効果を加えることができます。
 今回はワインにハーブを漬け込みますのでチンキとしての利用です。
 今回使用するハーブは メドウスイートです。
 
ローズマリー
  ローズマリーは”若返りのハーブ”として有名です。ローズマリーは長い歴史があり、非常に多くの逸話があります。そのすっきりした香りは、脳を活性化し、集中力を高めるとされています。
 髪の毛に効果があるハーブとしても知られており、シャンプーやリンスなどにも利用されています。

(3)アロマオイル(精油)

 入浴剤(バスソルト)を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1)精油とは?
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油ん
 今回使用する精油は、 ベルガモットです。
 ”リフレッシュとリラックス効果があるバスオイルになる”
 とロバート・ティスランド著アロマテラピー<芳香療法>の理論と実際に記載されていました。
 柑橘系の精油の中でも、さわやかなだけではなくより深いデリケートな香りをもつ精油です。若い方から年齢の高いかたまで幅広い人気がありますが、特に熟年のかたにおすすめです。
 ただし 光毒性がある成分を含んでいるので注意が必要です。
アロマテラピー検定公式テキスト1級には
”皮膚に使用後は紫外線にあたらないようにしましょう。”
と記載されています。
  
*光毒性とは
 光毒性とは、精油などの光感作物質を肌につけた状態で日光に当たることで、「色素沈着(シミ)」や「炎症」などの皮膚トラブルが起こることです。
 精油に含まれる成分が紫外線に反応することで起こります。 フロクマリン類の中の「ベルガプテン」が代表的な成分で、最も強い光毒性をもちます。
 
 ベルガプテンはベルガモット精油にも含まれているので注意が必要です。
 
 個人差がありますが、肌につけた場合最低12時間は直射日光に当たらないようにと言われています。 
①.ベルガモット
 イタリア原産の柑橘類、ベルガモットの果皮から採油される精油です。紅茶のアールグレーの香りづけとして有名です。レモンよりも甘く、ライムに似たさわやかなデリケートな香りが特徴です。ほとんどの精油と相性がよく、相乗効果が高いため、ブレンドには欠かせない精油です。 

 

 

2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方

ー白ワインを使った入浴剤


 
•材料(全身浴 1回分)  
白ワイン           200ml
ハツミツ      大さじ 1
ハーブ、スパイス    
 ローズマリー   小さじ 1
 
精油 
 ベルガモット        1滴
 
 保存瓶 ビーカー かくはん棒
 
•作り方 
まず、乾燥したローズマリーを保存瓶にいれて白ワインを注ぎます。
 
*アルコールにハーブを浸けるのでチンキのようなものです。チンキは脂溶性と水溶性の両方の成分を採ることができると日本メディカルハーブ協会のハーバルセラピストコース・テキストに記載されています。
 
白ワインにローズマリーを加えた後、約1週間ひたしました。鍋に移してひと煮立ちさせます。
 
白ワインにローズマリーのスパイシーな香りが少し加わったようです。
 
③少しさまし容器を下に置いて入浴用の袋などを置き、袋にローズマリーが入るように浸出物を注ぎます。(ローズマリーだけを布などに包んでもよいです。)
  
④ハチミツにベルガモット精油をおとし、混ぜあわせます。
 
*ハチミツは保湿作用などがあり、アロマテラピーの基材として入浴剤などに用いられると日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定公式テキスト1級に記載されていました。
 
*ベルガモット精油です。リフレッシュとリラックス効果があるバスオイルになるとロバート・ティスランド著アロマテラピー<芳香療法>の理論と実際に記載されていました。また、光毒性があるので皮膚に使用後は紫外線にあたらないようにしましょうと日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定公式テキスト1級に記載されていました。
 
⑤これらを浴槽にいれてよくかき混ぜます。
 

・使用後の感想

 入浴したところ、ベルガモット独特の柑橘系の香りにローズマリーがほんのりと香りました。ローズマリーの精油も加えるともう少しローズマリーの香りを楽しめるかもしれません。
 首に疲れが残っていたので、ローズマリーをいれた袋を首にしばらく当てていました。
体も温まり翌朝、すっきりと首も疲れがとれたように感じました。

3.材料を入手する方法と予算について

(1)材料の入手方法

 植物油も精油もネットショップやハーブやアロマテラピーの専門店で入手できます。精油はたくさんのブランドがありますが、ここでは当サイトで主に使用しているブランドについて紹介します。
 
1)精油
 
*おすすめのブランド
 
生活の木
 生活の木は、国産の精油のブランドです。東京都渋谷区に本社をおき、アロマテラピー関連商品を幅広くとり揃えています。
 当サイトで紹介している素材はほとんど手に入ります。値段も比較的リーズナブルです。
 当サイトは、2003年から2015年まで、生活の木のパートナーショップとして店舗を運営していたので、当サイトでももっともよく使用しています。
 
ニールズヤード
 ニールズヤードはイギリスの精油のブランドです。ブルーボトルの精油でよく知られています。日本にも東京を中心に店舗があります。ちょっと価格は高めですが、オーガニックの精油も充実しています。
 
*ブランド選びのポイント
 以上当サイトで主に使用している2つのブランドを紹介しましたが、精油を買う前にはいくつか確認した方が良いことがあります。
 最低、次の3点が確認できればOKです。 
 
・化学合成されていない、純粋なもの、つまり100%天然のオイルか。
・精油名・学名・原産国など精油の情報が記載されているか。
・成分表の記載があるか。
 
 精油は安価なものから、高価なものまでピンキリですが値段だけでは、その精油が天然で品質が保証されるか判断は難しいものです。
 100%の保証にはなりませんが(記載の偽装ということもありえます。)、上記の3点を確認すると良いでしょう。
 
*AEAJ表示基準適合精油認定制度
 社団法人日本アロマ環境協会では、消費者を保護する観点から、精油ブランドを対象とした「表示基準」を定めています。
 AEAJ表示基準適合認定精油として認められた精油にはラベル部分や使用説明書に必ず精油製品情報の8項目と4つの使用上の注意事項が記されています。
 参考にするとよいでしょう。
 
2)ハーブ
 使用するハーブは自家栽培して利用するのが理想です。
 今回使用するローズマリーは、ガーデニングショップなどにいくとたくさん売られており、鉢植えでも庭植えでも比較的簡単に栽培できるので、是非栽培してみてください。
 ただ、ガーデニングなどに馴染みのないかたには、栽培は結構ハードルが高いし、植えたハーブが育つには時間もかかります。
 そんな人におすすめなのが、ハーブティー用のドライハーブの利用です。
 
 ハーブティーはスーパーでもネットでたくさん販売されています。一般的には何種類ものハーブをブレンドしているブレンドハーブティーが多く、味も価格もさまざまです。
 ノンカフェインの楽しみのお茶として飲むならサマザマなブランドのなかならお気に入りを探すのも楽しいものですが、健康のために効能や品質を気にするならハーブやアロマテラピーの専門ブランドを購入したほうがよいでしょう。
 当サイトで使用しているブランドを紹介しておきます。
   
*おすすめのブランド
 
生活の木
 生活の木は、日本のハーブや精油のブランドです。東京都渋谷区に本社をおき、ハーブやアロマテラピー関連商品を幅広くとり揃えています。
 当サイトで紹介している素材はほとんど手に入ります。値段も比較的リーズナブルです。
 当サイトは、2003年から2015年まで、生活の木のパートナーショップとして店舗を運営していたので、当サイトでももっともよく使用しています。
 
ニールズヤード
 ニールズヤードはイギリスの精油のブランドです。ブルーボトルの精油でよく知られています。日本にも東京を中心に店舗があります。ちょっと価格は高めですが、ハーブティーも販売しています。
 
エンハーブ
 エンハーブは、ハーブティー、エッセンシャルオイル、茶器など、ハーブ関連商品を常時200点以上取り扱っているサントリーグループのハーブ専門です。
 各地のデパートなどに店舗を展開しています。ちょっと高価ですが、店舗では自分でオーダーメイドのブレンドをしたり、購入する茶葉の量も調整可能です。
 
*ブランド選びのポイント
 以上当サイトで主に使用している2つのブランドを紹介しましたが、ハーブを買う前にはいくつか確認した方が良いことがあります。
 最低、次の点が確認できればOKです。 
 
・ハーブ名・学名・原産国、部位などハーブの情報が記載されているか。
 
 ハーブは安価なものから、高価なものまでピンキリですが値段だけでは、そのハーブが天然で品質が保証されるか判断は難しいものです。
 100%の保証にはなりませんが(記載の偽装ということもありえます。)、最低、学名と部位の2点が記載されているかを確認すると良いでしょう。
  
3)ワイン
 ワインは冷蔵庫などに残っている飲み残しのワインでじゅうぶんです。買ったワインなどが、全部飲みきれずに残っているワインなどは意外に多いものです。
 冷蔵庫などに古いワインが残っていると、欲しいワインもなんとなく買いにくいものです。
 飲み残しのワインも有効利用できて、また欲しかった新しいワインもかえるので一挙両得です。
 

(2)材料入手のための予算の目安

 
・精油
 
精油はブランドによって3ml〜10mlのボトルで販売されています。精油の種類により高低はありますが、一般の精油は、10mlボトルで1500円〜3000円くらいが目安です。
 
 10mlボトルだと、精油の滴数として200滴くらい(一回5滴使用するとすると40回分)になりますので、1滴8円から15円くらいになります。
 
*ローズなどの精油は、わずかしか取れない貴重なオイルなのでバリューオイルともいわれています。こちらは一般の精油の10倍以上高価です。
 
・ハーブ 
 ハーブはブランドによって小袋(10g〜30g)程度、100gなどさまざまな単位で販売されています。量が多くなるほど割安となりますが、最初は小袋を購入していろいろ試してみるとよいでしょう。
 
 当サイトで運営していた生活の木のハーブですと、一般的なハーブで
 
 小袋 10g〜20g で 500円
 100g で2000〜3000円 程度  
 
 です。  
 

(3)おすすめの商品リンク

上記で紹介した精油ブとハーブのブランドの商品のリンクです。

生活の木 精油 ベルガモット 3ml
 ニールズヤード 精油 ベルガモット 5ml
生活の木 ドライハーブ 有機ローズマリー 20g

4.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。
 いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。
 個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 *精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
・今回使用する量
   今回は香りづけようとしての使用なので、1滴のみ加えています。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

 
(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。

5.ハーブ・アロマで手作りするいろいろな入浴剤

アロマ手作り:入浴剤(バスソルト)を作る

アロマ手作り:入浴剤(バスソルト)を作る

 

バスソルト

天然塩を使った基本のバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

植物油を使った基本のバスオイルの作り方を紹介しています。
 

バスフィズ

重曹を使った基本のバスフィズの作り方を紹介しています。

 
お酒を使った入浴剤の作り方の紹介です。
ハチミツを使った入浴剤の作り方の紹介です。
牛乳などの動物性ミルクやココナッツなどの植物性ミルクなどを使った入浴剤の作り方の紹介です。

アロマテラピーを学ぶ!

オススメの通信講座

最新の記事

いろいろな入浴剤

お酒を使った入浴剤

ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:ローズマリーと白ワインのお風呂、ベルガモット精油をブレンド。
入浴剤をつくる:レモンバームのラム酒風呂。
入浴剤をつくる。ローマンカモミールのビネガー風呂。
入浴剤を作る:ブルーベリーのお風呂。
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:バスビネガーのラベンダー風呂。
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:イチゴのワイン風呂。
アロマで手作りするウオッカを使った入浴剤!
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:リンデンフラワーの白ワイン風呂。
 ・アロマで手作りするカモミールと日本酒を使った入浴剤!
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:冷える夜のホットワイン風呂をつくる。
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:メドウスイートの白ワイン風呂。
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:バスビネガーのラベンダー風呂。
アロマで手作りする入浴剤:スパークリングワイン風呂!
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:梅酒風呂。市販の入浴剤と比較する。
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:果物のお風呂。
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:イチゴのワイン風呂。
ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:ローズレッドの赤ワイン風呂。