ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:レモンの香りのレモンバームのはちみつ風呂。

フレッシュレモンバーム、メリッサ精油、はちみつをブレンド。

 レモンの香りがするフレッシュのレモンバームを楽しむことができる季節がやってきました。レモンバームはフレッシュなものと乾燥させたものでは香りがちがいます。
  メディカルハーブ/ペネラビ・オディ著によれば、浸剤は新鮮な葉で作ったものが最高で、また生の葉でつくった爽やかな茶剤は夏向きで、開花前に採集するなどと記載されています。
 今回は生のレモンバームの葉とはちみつで入浴剤をつくります。
 

 

 目次

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料
(1)基材
(2)精油
(3)ハーブ
2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方
3.ハーブ・アロマで入浴剤を作る上でのポイント
4.ハーブ・アロマで作るいろいろな入浴剤の記事
 

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 

  •  

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回使用する基材ははちみつです。
 
○ハチミツ 
 はちみつはミツバチによって花のミツからつくられる、非常甘くておいしい物質です。食べ物や薬としてのハチミツの価値は古代から知られていました。現代でも、ハチミツは食用だけでなく、化粧品の中で収斂剤や保湿剤としても使われています。
  はちみつは保湿作用、皮膚の炎症を鎮める作用をもちます。
 *(社)日本アロマ環境協会アロマテラピー検定公式テキスト1級より

(2)アロマオイル(精油)

 入浴剤を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1)精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する使用する精油は、 メリッサ(レモンバーム)です。
  メリッサ精油は、レモンバームの葉から抽出された精油です。ジャンバルネ博士の植物=芳香療法/ジャンバルネ著には、特性が鎮痙作用、心身の刺激作用、外用は虫さされなどと記載されています。 フレッシュのレモンバームの葉よりもレモンの香りが濃く感じます。

(3)今回使用する精油

①.メリッサ
  メリッサは「レモンバーム」の葉から抽出される精油です。神経の緊張と消耗どちらにも働くとされ、古くから幅広く用いられてきた精油です。
 メリッサとは「ミツバチ」を意味するギリシャ語で、初夏に咲くこの花をミツバチが好むためこの名があります。
 精油成分の含有量が極めて少ないため、高価な精油です。

(3)ハーブ、顔料

 飾り付けや、色付けに使用します。お好きなハーブで色付けた飾り付けをすれば入浴剤を作るのがより楽しくなります。
  

 
今回使用するハーブ
    
○レモンバーム
 レモンバーム(英語:Lemon balm、メリッサ、学名:Melissa officinalis)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年生のハーブです。和名はコウスイハッカ(香水薄荷)、セイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)です。
 縁がギザギザできめの粗い葉は強いレモンを思わせる香りがします。
 古くからレモンバームティーを飲めば長生きし、記憶力が高まるとされ、長寿のシンボルとされてきました。
 抗うつと強壮作用があるため、イライラするときや不安・緊張が続く時などにおすすめです。
 

2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方


 

•材料

生のレモンバームの葉 10〜20g
はちみつ  大さじ 1
精油    
 メリッサ         1滴
  
熱湯  500〜1000ml
 
容器 計量スプーン かくはん棒
 

•作り方 

レモンバームの葉を水で洗い、下に容器を置いて、入浴剤をいれる袋(布などにつつんでもよい)などにいれます
 
②袋などにいれたレモンバームに熱湯を注ぎ、蓋をします。すこしさめるまでそのままにします。
 
 
すこしさめる間にはちみつにメリッサ精油を落とし混ぜ合わせます。
 
④まず浴槽に熱湯にひたした液と入浴剤の袋をいれよくかきまぜ入浴します。
しばらく浸かり、次にはちみつに混ぜ合わせたメリッサ精油を浴槽にいれてよくかき混ぜ入浴します。
 
 

・使用後の感想

最初はレモンバームの葉の香りが穏やかに感じましたが、はちみつと混ぜ合わせたメリッサ精油を加えたところ1滴ですが強く感じました。よい香りでした。
 

3.ハーブ・アロマで入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 
 
 

4.ハーブ・アロマで作るいろいろな入浴剤の記事

 

バスソルト

天然塩を使った基本のバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

植物油を使った基本のバスオイルの作り方を紹介しています。
 

バスフィズ

重曹を使った基本のバスフィズの作り方を紹介しています。

 

最新の記事

いろいろな入浴剤

ハチミツを使った入浴剤