入浴剤を作る:冬の入浴剤。

ハチミツゆずに精油のローズマリーをブレンド。

 冬のお風呂と言えばユズ湯が思い浮かびます。今回はハチミツとゆずとローズマリー精油をつかった入浴剤の紹介です。

 

 目次

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料
(1)基材
(2)精油
(3)果物(フルーツ)
2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方
3.ハーブ・アロマで入浴剤を作る上でのポイント
4.ハーブ・アロマで作るいろいろな入浴剤の記事
 

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 今回は、精油とはちみつだげのシンプルな入浴剤です。
 

  •  

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回使用する基材ははちみつです。
 
○ハチミツ 
 はちみつはミツバチによって花のミツからつくられる、非常甘くておいしい物質です。食べ物や薬としてのハチミツの価値は古代から知られていました。現代でも、ハチミツは食用だけでなく、化粧品の中で収斂剤や保湿剤としても使われています。
  はちみつは保湿作用、皮膚の炎症を鎮める作用をもちます。
 *(社)日本アロマ環境協会アロマテラピー検定公式テキスト1級より
 はちみつは、蜜源となるいろいろな植物によって、風味が色あいなど特徴が変わるため、それぞれの蜜源植物で分類されています。

 

 

(2)アロマオイル(精油)

 入浴剤を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
(1)精油とは
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する使用する精油は、 ローズマリーです。
①.ローズマリー
 若返りのハーブ”として有名なローズマリーからとれる精油です。ローズマリーは長い歴史があり、非常に多くの逸話があります。そのすっきりした香りは、脳を活性化し、集中力を高めるとされています。
 

 

(3)果物(フルーツ)

 冬至のゆず湯に代表されるように、果物は昔から入浴剤として利用されてきました。 ミカンなどの柑橘類やリンゴなどもそのまま入浴剤として使われています。果物をそのまま入浴剤として使うと、その魅力的な香りを楽しむほか、「美肌効果」や「リラックス効果」などの効果も期待できます。いろいろな果物で試してみましょう。
  

 
①今回使用する果物
 果物を入浴剤として使用するときに、どうしても気になるのが残留農薬です。洗っても完全に落とすことができたのか心配なものです。自分で育てたものが安心ですが、 今回はいただいた自家栽培のゆずを使ってみることにしました。
 
○ユズ
 ユズ(柚子、学名:Citrus junos)はミカン属の常緑小高木です。海外でも「ユズ」と呼ばれています。原産地は中国の揚子江上流とされていますが、日本でも古くから(平安時代には伝わったと見られていまます。)各地で栽培され、寒さに強い事もあり、東北地方まで栽培が可能な数少ない柑橘類です。
 一般的に流通しているのは、黄色く熟してから収穫する「黄ゆず」で、11月頃に旬を迎えます。夏に出回るのは「青ゆず」で、未熟果を利用します。
 
  ユズの果汁や皮は、日本料理等において、香味・酸味を加えるために使われています。また、果肉部分だけでなく皮も七味唐辛子に加えられるなど、香辛料・薬味として使用されてきました。
 ユズはその独特の爽やかな香りと果皮の色合いで、それそのものがメインになる事は無く様々な料理の引き立て役として日本料理には欠かせない重要な食材として人々の五感に触れてきました。
 ユズの果汁や果皮には多くの栄養が含まれています。カリウムやビタミンC、クエン酸が豊富で、風邪予防や疲労回復、美肌効果があります。肌に良いと言われているビタミンCの含有量は柑橘類の中でもトップクラスです。
 
 またユズの果実は橙子(とうし)、果皮は橙子皮(とうしひ)と称して薬用にされてきました。悪心、嘔吐、二日酔い、魚やカニの食中毒に薬効があるとされています。
 
・ユズ湯について 
 古くから毎年12月の冬至の日に柚子湯に入るとその冬の間風邪を引かずに過ごせると言われています。
 江戸時代に銭湯で客寄せのため、冬至の日に柚子を入れたのが柚子湯が始まりと言われています。
 天保9(1838)年に刊行された、近世後期の江戸と江戸近郊の年中行事を月順に解説した『東都歳時記』(斎藤月岑(さいとう げつしん)編)には、11月(旧暦)の記載に 
「冬至。星祭。今日諸人餅を製し、家人奴僕にも与えて陽復を賀す。又来年の略暦を封じて守とす。今日、銭湯風呂屋にて柚湯を焚く」
 とあります。5月5日の「端午の節句」の菖蒲湯と同様に、現在も街の銭湯に受け継がれています。柚子(ゆず)=「融通がきく」、冬至=「湯治(とうじ)」。こうした語呂合せから、冬至の日に柚子湯に入ると言われていますが、もともとは「一陽来復」の運を呼びこむ前に、厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。
  現在では柚子の様々な効能が明らかになっています。
柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。
 
 柚子湯は、柚子の果実を丸のままお湯に浮かべる光景がイメージされますが、柚子の薬効による様々な効果を得るためには、柚子を細かく刻んでさらしの袋に入れ、湯に浮かべるのがよいとされています。
 
 今回はゆずを細かく刻んでハチミツにつけて成分を抽出して使ってみることにしました。
 
 
*ハーブ薬
 ハーブ薬は、芳香植物(ハーブ)をオイルや、アルコール、お湯などで浸出することにより、その薬効成分を取り出したものです。浸出油、チンキ剤などは手軽に作れて、昔から民間療法に利用されてきました。これらを目的に合わせて上手に使うことで、作るアロマクラフトに豊かな植物の香りと効果を加えることができます。
 チンキ剤はハーブ、果物の有効成分をアルコールやお酒などで抽出したものです。植物の有効成分は大きくは脂溶性(油に溶けるもの)と水溶性(水に溶けるもの)のどちらかに分類されますが、チンキ剤はその脂溶性、水溶性のどちらも抽出できるすぐれた方法です。
 昔から薬用酒を始め様々に利用されてきました。おなじみの梅酒などもチンキ剤です。
 

2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方


 

•材料 はちみつ風呂

 ゆず        1/2個
はちみつ   大さじ  4
精油
 ローズマリー    2滴
 
 
 容器 計量スプーン かくはん棒 など
 

•作り方 

ゆずをハチミツにひたして2〜3日おきます。
 
*ハチミツに浸すと、だんだん花ににた香りが感じるようになりました。
 ゆずは牧野和漢薬草大図鑑には、中国原産で果汁を調味料とし、柚湯などの利用があると記載されていました。ジニーローズ著エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375には、ローズマリー精油は心と体を刺激して活性化させたい時などに用いる。またローズマリーCTシネオールは(本日の精油)去痰作用、抗菌作用などがあると記載されていました。日本アロマ環境協会のアロマテラピー1級検定テキストには、ハチミツは保湿作用などがあると記載されていました。
 
②ローズマリーの精油を浸したハチミツに加えまぜます。
 
 
③入浴時に浴槽に入れてよくかき混ぜ入浴します。
 
*浴槽に入れるものは、ゆずを浸したハチミツのみでもよいですが、ゆずは実も種も良いといわれているようですので、入浴袋にいれ一緒につかってみます。
  

・使用後の感想

 浴槽に入れて入浴してみたところ、ハチミツゆずの甘い香りにローズマリーのすっきりとした香りが加わります。カゼの予防にもなりそうです。また温かくなり良く眠ることができまた。

3.ハーブ・アロマで入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパーが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
今回は香り付けに2滴加えています。 
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はミニスポイトを使用します。ミニスポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 

4.ハーブ・アロマで作るいろいろな入浴剤の記事

 

バスソルト

天然塩を使った基本のバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

植物油を使った基本のバスオイルの作り方を紹介しています。
 

バスフィズ

重曹を使った基本のバスフィズの作り方を紹介しています。

 
お酒を使った入浴剤の作り方の紹介です。

最新の記事

いろいろな入浴剤

ハチミツを使った入浴剤