アロマで手作りする入浴剤:1回分で3個の花の香り、入浴剤をつくる!

 寒い日が続きますが、ちょっと日が長くなった気がします。近く春をイメージして華やかやな花をイメージした入浴剤のレシピを紹介します。食用色素でカラフルに色づけした発泡する入浴剤です。

アロマ手作り:1回分で3個の花の香り、入浴剤を作る。


 

 目次

1.アロマで入浴剤を手作りするときに使用する材料
(1)基材
(2)精油
2.アロマで入浴剤を手作りするときに使用する器具
3.アロマで手作りする入浴剤の作り方
4.アロマで入浴剤を手作りする上でのポイント
5.アロマで手作りする入浴剤の記事
 

1.アロマで入浴剤を手作りするときに使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 


  •  

 (1)基材

 精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回発泡する入浴剤に使用する基材は重曹とクエン酸です。うまく練り合わせるために植物油を加えます。重曹とクエン酸をあわせて水に入れると泡がでます。
 
1) 重曹(炭酸水素ナトリウム)
 無色、白色の粉末で弱アルカリ性の性質をもちます。酸性の汚れを中和させる働きがあり脱臭剤や洗剤として利用されています。皮膚をなめらかにする効果があり、アロマテラピーでは入浴剤の基材として用いられています。
  
2)クエン酸
 クエン酸は主に、レモン、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類や梅干しなどに含まれる酸味(すっぱい)成分です。クエン酸はさらさらした白色の結晶性の粉末状で販売されています。料理や重曹と同じように掃除に利用されています。入浴剤として重曹とあわせて使用
 すれば、発泡する入浴剤になります。
 
3)バスソルト(天然塩)
 ミネラルを含んだ天然塩は、発汗を促すといわれています。バスソルト作りでは基材とし用いられます。
 
4)植物油
 重曹とクエン酸をねりあわせるために植物油を加えます。植物油は、植物の種や胚芽、実に含まれる油分を取り出して作られます。植物油はいろいろな種類がありますが、今回はアロマテラピーではもっともよく使われるスイートアーモンド油を使用ます。
 
○スイートアーモンド油
 スイートアーモンドの種子から採れるオイルです。アーモンドの木は中東原産で、現在は地中海沿岸の国々やカリフォルニアの恵まれた暖かい気候の中で栽培されています。この木は古代の木で、何千年もの間栽培されてきました。
 スイートアーモントオイルは、薄黄色でわずかに粘性が有り、非常にオイリーです。オレイン酸を80%も含む栄養価の高さとサラリとした使用感で、サロンなどで最も頻繁に使用されています。

(2)アロマオイル(精油)

 バスフィズを作る目的にあわせて、アロマオイルの種類を選んで利用します。
  

 
1).精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油  
 
 今回使用する精油は イランイランラベンダーパルマローザです。花から抽出される華やかな香りの精油を選んでみました。 
 イランイラン精油は花から抽出、ラベンダー精油は花と葉から、パルマローザ精油は葉からですが花のような香りと言われていますので、今回、選んでみました。
エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著には、イランイランは、神経強壮作用、幸福感を起こす作用、ラベンダーは、鎮静作用、筋肉の緊張を緩和する作用、パルマローザは、ボディケアでは最も有用なエッセンシャルオイルなどと記載されています。

①.イランイラン
  エキゾチックで、甘くフローラルな香りをもつ精油です。その官能的な香りは、高級フレグランスの顔料としても広く使われています。
 

②.ラベンダー
  ラベンダー精油はリラックの精油としてよく知られています。その主成分はリナロールや酢酸リナリルなどでアロマテラピーの原点ともされる精油です。日焼けによる炎症を鎮めるなどスキンケアにも使用されています。
 

③.パルマローザ
  パルマローザはインド原産のイネ科の植物から採れる精油です。ローズに似た香りが特徴で、ローズの代わりとして化粧品や香水の香料としてもよく使用されています。

(3)ハーブ、顔料

 飾り付けや、色付けに使用します。お好きなハーブで色付けた飾り付けをすれば入浴剤を作るのがより楽しくなります。
  

 
  今回色付けに使用する色素
    
 天然の色素には顔料(鉱物を砕いたもの)やハーブ、植物色素などがあります。今回は
食用色素を使用します。
 使用する色素は、クチナシ果実より抽出した黄、赤ビートの根より抽出したピンク、国産ムラサキイモより抽出した紫の3種類です。

2.アロマで入浴剤を手作りするときに使用する器具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて計量したり、湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
②.計り、計量スプーン
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
③.型
 あると整形に便利です。たくさん市販されています。お菓子用のものも使えます。
 
④.その他
 ビニール袋 ラップ など

3.アロマで手作りする入浴剤の作り方

━━━1回分で3個の花の香りの入浴剤(3回分)

 

 
材料
 重曹             大さじ  1と1/2
 クエン酸           小さじ  3
 バスソルト用塩        大さじ  1と1/2
 植物油       
  スイートアーモンド油    小さじ1/2〜1(お好みで量を調整)
 精油         
      イランイラン           1滴
      ラベンダー          1滴
   パルマローザ          2滴
 
 食用色素      
   黄色、ピンク、紫   各 小さじ  1/8
   
 
作り方
重曹とクエチャック付きのビニール袋3枚を準備し、それぞれに重曹大さじ1/2、クエン酸小さじ1、バスソルト用塩小さじ1/2ずつ入れます。
 
② 食用色素を袋にひとつの種類ずつ加え、ビニール袋の口をしめ、混ぜ合わせます。
 
③ スイートアーモンド油をそれぞれ小さじ約1/8(お好みで量は調整)ずつ加え、黄色のものにイランイラン、紫にラベンダー、ピンクにパルマローザの製油を加えて混ぜ合わせ、形を作ります。
 
④ 浴槽に湯を張り、作製した入浴剤を加えてよくかき混ぜます。
   

4.アロマで手作りする入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 
 
 

5.アロマで手作りする入浴剤の記事

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 植物油を使ったバスオイルの作り方を紹介しています。
 

最新の記事

いろいろな入浴剤

発泡する入浴剤(バスボム、バスフィズ)