入浴剤をつくる:さわやかなホーリーフの発砲バスソルト。

ホーリーフ精油、オレンジ・スイート精油、フランキンス精油をブレンド。

 今回はさわやかな香りのする発泡するバスソルトの紹介です。
 ホーリーフは防虫剤で有名な樟脳の原料であるクスノキの近縁種で、リナロールなどよい香りの成分を多く含み、昔から香料として使用されてきました。
  今回はそのホーリーフ精油をつかった発砲するバスソルトを作ります。
 
レモンとマンゴーの発泡する入浴剤。

 
 目次
1.アロマで手作りする入浴剤作りに使用する材料
(1)基材
(2)精油
2.アロマで手作りする入浴剤作りに使用する器具
3.アロマで手作りする発泡する入浴剤の作り方
4.アロマで入浴剤を手作りする上でのポイント
4.アロマで手作りするその他入浴剤の記事
 

1.アロマで手作りする入浴剤作りに使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 


  •  

 (1)基材

 精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回発泡する入浴剤に使用する基材は重曹とクエン酸です。重曹とクエン酸をあわせて水に入れると泡がでます。うまく練り合わせるために植物油を加えます。今回は、グレープシード油を使います。
 
① 重曹(炭酸水素ナトリウム)
 無色、白色の粉末で弱アルカリ性の性質をもちます。酸性の汚れを中和させる働きがあり脱臭剤や洗剤として利用されています。皮膚をなめらかにする効果があり、アロマテラピーでは入浴剤の基材として用いられています。
 
②クエン酸
 クエン酸は主に、レモン、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類や梅干しなどに含まれる酸味(すっぱい)成分です。クエン酸はさらさらした白色の結晶性の粉末状で販売されています。料理や重曹と同じように掃除に利用されています。入浴剤として重曹とあわせて使用すれば、発泡する入浴剤になります。
 
③植物油・バター
 重曹とクエン酸をねりあわせるために植物油を加えます。植物油は、植物の種や胚芽、実に含まれる油分を取り出して作られます。植物油はいろいろな種類があります。今回は、グレープシードを使用します。
 
グレープシードオイル
 ワインを製造した後に残るブドウの種子を原料とするオイルです。比較的安価な点が魅了です。ほとんど無臭で、さっぱりとしてよくのびるので、ボディマッサージに向きます。ビタミンEを多く含み酸化しにくいのが特徴です
 
④ソルト(天然塩)
 天然塩とは、加工も添加も一切しない塩のことです。天然塩のほか、自然塩と呼ばれることもあります。 それに対して、なんらかの加工や添加がされている塩のことは、精製塩と呼ばれます。天然塩は精製塩に比べてミネラル分が豊富なのが特徴です。 天然塩には、天日塩(海塩)、岩塩、湖塩の三種類があります。
 欧米では昔からマグネシウムやナトリウムなどのミネラルを豊富に含んだ「天然塩(ソルト)」を、美容効果やリラックス効果を求めて使用してきました。一般的には、スクラブソルトには肌触りが滑らかな天日塩(海塩)を使用します。ボディスクラブ用ソルトとして市販もされています。今回はボディスクラブ用のソルト(天然海塩)を使用します。

(2)アロマオイル(精油)

 入浴剤を作る目的にあわせてアロマオイル(精油)の種類を選んで利用します。
  

  •  

  • 1).精油

  •  精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。

  •  精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トンも必要とします。

    大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。

  •  

2)今回使用する精油  
 
 今回使用する精油はホーリーフ精油とオレンジ・スイート精油フランキンセンス精油です。
 
 和名で芳樟ともいわれるホーリーフは、クスノキの一種で日本、中国、台湾がおもな産地です。精油は枝や葉から抽出され、よい香りの成分を多くふくんでいます。ローズウッドによく似た甘くウッディーな香りです。
最新版アロマテラピー図鑑監修佐々木薫(主婦の友社)には、気分をさわやかにし、リラックスさせる働きなどがあると、記載されています。
 ホーリーフ精油の他にオレンジ・スイート精油、フランキンセンス精油をブレンド。ホーリーフ精油の香りをひきたてるような精油を選びました。
 

①.ホーリーフ
  ホーリーフは防虫剤として同じみの樟脳(しょうのう)の原料となるクスノキの近縁種です。ホーリーフはクスノキよりよい香りのする成分であるリナロールbなどの成分を多く含んでおり、香料として使用されてきました。リナロールは鎮静や不安を鎮めてくれる作用のほか、抗菌や抗ウイルス作用をもつことが知られています。

②.オレンジ・スイート
 スイートオレンジの果皮から採れる精油です。甘い暖かい柑橘系の香りで、お子様からお年寄りまで万人に好まれる香りです。お部屋のリフレッシュからお休み前のリラックスまでいろいろな場面で使用できます。今回は香りにさわやかさを加えるためブレンドしました。

③.フランキンセンス
 暑く乾燥した地域に育つ樹木の樹脂から採れる精油です。古くは金と同じほど貴重な香料として知られていました。気持ちを穏やかにさせるほんのりした香りで、クリームやスキンケア用品などにオススメの精油です。
 

2.アロマで手作りする入浴剤作りに使用する器具

 

 
①.計り、計量スプーン
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
②.型
 あると整形に便利です。たくさん市販されています。お菓子用のものも使えます。
 
③.その他
 ビニール袋 ラップ など

3.アロマで手作りする発泡する入浴剤の作り方

━━━さわやかなホーリーフの発泡バスソルト。(1回分

 

 

材料

 重曹             大さじ     4
 クエン酸           小さじ     4
    天然塩            小さじ  2
   
 植物油      
   グレープシード油    小さじ     1
  
   精油
  ホーリーフ                       3滴
  オレンジ・スイート        1滴
       フランキンセンス         1滴
  
  型(石けん型など)、ラップ
 
 

作り方

重曹、クエン酸、天然塩、植物油を容器にいれて混ぜ合わせます。
 
重曹とクエン酸をあわせると発砲する入浴剤をつくることができます。天然塩は海塩です。植物油はグレープシード油です。それぞれ効能と特性をもっています。アロマテラピーの基材となるものです。
 
 
精油を混ぜ合わせます。
 
*ホーリーフ精油の他にオレンジ・スイート精油、フランキンセンス精油をブレンド。ホーリーフ精油の香りをひきたてるような精油を選びました。
 
そのままでも完成ですが、丸くしたり、おかしの型をつかって形にしてもよいです。
 
*今回はおかしの型をつかいました。ラップを上にかけて手で押します。裏に返して完成。
 
  
④お風呂のお湯にいれてよくかきまぜます。
 
 
 

使用後の感想

 入浴したところ花のようなかおりがしますが、さわやかで良い香りです。これからの季節によいものです。今回の基材はそれぞれ皮膚などにも効果があるものです。
 ホーリーフ精油は成分にリナノールを多く含んでいます。リナロールはラベンダーやベルガモットなどの代表的な成分であり、鎮静、抗不安、抗菌などの作用を持っています。

4.アロマで手作りする入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 *精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
 今回は入浴時に使用する1回分として、ホーリーフ精油、オレンジ・スイート精油、フランキンセンス精油、合計で5滴使用しています。 
  

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。

5.アロマで手作りするその他入浴剤の記事

 

バスソルト

天然塩を使った基本のバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

植物油を使った基本のバスオイルの作り方を紹介しています。
 

バスフィズ

重曹を使った基本のバスフィズの作り方を紹介しています。

 

最新の記事

いろいろな入浴剤

発泡する入浴剤(バスボム、バスフィズ)