入浴剤を作る:寒い日にスパイスの精油をつかった温かくなるバスオイル。

カルダモン、ジンジャー、スイートマージョラムの精油をブレンド。

 寒い時期になるとスパイスのきいた食べ物が欲しくなります。スパイスは血行をよくし体を温めてくれます。今回は、スパイスなどの精油をつかった温かくなるバスオイルを紹介します。

 

 目次

1.使用する材料
(1)基材
(2)精油
2.使用する器具
3.入浴剤の作り方
4.入浴剤を作る上でのポイント
5.その他いろいろな入浴剤
 

1.使用する材料

入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油やハーブです。
 代表的な基材には、植物油、ソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 バスオイル作りに必要な基材は植物油です。
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 


  •  

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。精油)を希釈し、化粧水のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 バスオイル作りに必要な基材は植物油です。
 
○植物油 
 キャリアオイル、ベースオイルなどとも呼ばれるものです。精油が親油性で皮膚への浸透性が高いことから、トリートメントオイルやクリームなどを作る際に使用されなす。植物油には様々な種類があります。代表的なものには、スイートアーモンド油、オリーブ油、ホホバ油、マカデミアナッツ油などがあります。
 
 今回使用する植物油はマカデミアナッツ油です。 
 

①.マカデミアナッツ油

 ハワイのチョコレートでおなじみのマカデミアナッツの種子から採れるオイルです。マカデミアナッツオイルの一番の特徴は、人間の皮脂と共通の成分であるパルミトレイン酸を含んでいることです。そのため肌につけると吸い込まれるような感じで吸収され、サラっとした使い心地がします。乾燥肌のケアにおすすめです。
 

(2)アロマオイル(精油)

 入浴剤(バスオイル)を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1)精油とは?
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する使用する精油は カルダモンジンジャースイートマージョラムです。
①.カルダモン
  カルダモンの果実はもっとも古いスパイスの一つで、今もサフランやバニラと並ぶ、高価なスパイスとして知られています。レモンのような甘酸っぱさとスパイシーさ両方を含む香りが特徴です。頭をすっきりさせ、消化促進などに働きます。
 
②.ジンジャー
 おなじみのしょうがの根から採れる精油で、ピリッとしたスパイシーな香りが特徴です。食用のしょうがと同じく血行促進、発汗、消化促進などの作用があるといわれています。
③.スイートマージョラム
 料理用のハーブとしてもよく知られている地中海沿岸原産のハーブより採れる精油です。その温かい香りは、安眠の香りとして知られています。古代エジプトでは悲しみいやすとされ、ギリシャの愛の女神アフロディテから与えられたと言い伝えられています。

2.使用する器具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて計量したり、湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
 
②.攪拌(かくはん)用のガラス棒
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。
 

3.入浴剤の作り方


 ーバスオイル(1回)分
 

•材料(全身浴 1回分)  

植物油
  マカデミアナッツ油    5ml
精油    
      カルダモン        3滴
      ジンジャー        1
  スイートマージョラム     1滴
 
  ビーカー かくはん棒  容器
 

•作り方

 
まずマカデミアナッツ油をビーカーに入れます。
 
シャンタル&リオネル・クレルジョウ著植物オイル・ハンドブックには、マカデミアナッツ油は、マカデミアナッツの堅果から抽出されて細胞の保護成分であるパルミトレイン酸がとても豊富で、滋養、柔軟、保湿、鎮静などの作用があると記載されていました。
 
マカデミアナッツ油に精油をまぜます。
 
ジニー・ローズ著エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375には、”カルダモン精油は強壮作用や体を温める作用などがあり、ジンジャー精油は消化器全般の強力な強壮作用、スイートマージョラムは温かみのある香り” などと記載されています。スイートマージョラムの精油は、アロマテラピーでも一般的ですね。
 
混ぜ合わせて浴槽にいれます。
 
 

・使用後の感想

 カルダモン精油はなぜか冬に使いたくなります。温かく明るい気分になるかおりです。今回のブレンドは、ジンジャーとスイートマージョラム精油がカルダモン精油におちつきを加えるように感じました。
 

4.入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパーが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
今回は精油全部で5使用しています。
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はミニスポイトなどを使用します。ミニスポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 

5.その他いろいろな入浴剤

 

バスソルト

天然塩を使った基本のバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

植物油を使った基本のバスオイルの作り方を紹介しています。
 

バスフィズ

重曹を使った基本のバスフィズの作り方を紹介しています。

 
お酒を使った入浴剤の作り方の紹介です。

最新の記事

いろいろな入浴剤

植物油を使った入浴剤(バスオイル)