入浴剤をつくる:疲労回復、バジルのバスソルト。

バジル・リナロール精油、ゼラニウム精油をつかう。

 栽培はもちろん料理他に使用されるバジルですが、アーユルベーダ医学でも広く使用されています。
 アロマテラピー<芳香療法>の理論と実際/ロバート・ティスランド著には、芳香性神経強壮剤としてすばらしいもので頭を明晰にし、精神的な疲労を回復させ、心を強くし明るくしてくれると記載されています。
 今回はそのバジル精油をつかった入浴剤をつくります。

 

 目次

1.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)に使用する材料
(1)基材
(2)精油
2.アロマで入浴剤(バスソルト)を作るときに使用する器具
3.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)の作り方
4.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)を作る上でのポイント
5.その他アロマで手作りする入浴剤の記事 

1ハーブ.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)に使用する材料

今回は、柑橘系のスッキリした香りで、リラックスもリフレッッシュできる入浴剤のブレンどです。
バスソルトを作るために必要な材料は、ベースとなるソルトと、香り付けに使用する精油やハーブだけです。
 ソルト(塩)はミネラル分が豊富な天然塩を使用すると良いでしょう。精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。ドライハーブを加えると、さらにハーブの色や形も楽しむことができます。
 また、これらの材料はすべて肌にいい様々な有効成分を含んでいます。どんな材料を使うかで、さらにその材料の効果も期待できます。
 

 
 

(1)ソルト(天然塩)

 天然塩とは、加工も添加も一切しない塩のことです。天然塩のほか、自然塩と呼ばれることもあります。 それに対して、なんらかの加工や添加がされている塩のことは、精製塩と呼ばれます。天然塩は精製塩に比べてミネラル分が豊富なのが特徴です。 天然塩には、天日塩(海塩)、岩塩、湖塩の三種類があります。
 欧米では昔からマグネシウムやナトリウムなどのミネラルを豊富に含んだ「天然塩(ソルト)」を、美容効果やリラックス効果を求めて使用してきました。
 ミネラルを含んだ天然塩は、発汗を促すといわれています。バスソルト作りでは基材として天然塩を用います。

(2)アロマオイル(精油)

 入浴剤(バスソルト)を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1)精油とは?
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する精油は、 バジル・リナロールです。スパイシーで甘い香りをもち、集中力をアップさせる香りとして知られています。ほかの精油とブレンドするとすばらしい香り付けになります。今回は、甘いバラに似た香りの セラニウム精油をブレンドしました。
 日本でも料理を始めよく知られているハーブのバジルですが、 アロマテラピー<芳香療法>の理論と実際/ロバート・ティスランド著には、「インドではトュルシと呼ばれ、アーユルベーダ医学で広く使用されている。また芳香性神経強壮剤としてすばらしいもので頭を明晰にし、精神的な疲労を回復させ、心を強くし明るくしてくれる」と記載されています。

①.バジル・リナロール
  スパイシーで甘い香りをもち、集中力をアップさせ意識を高めてくれるとして知られている精油です。古くから薬草としても用いられてきたバジルは、独特の香りを放つ、日本でもおなじみのハーブです。
 

②.ゼラニウム
  フローラルで甘く優雅な香りの精油です。ローズと同じ芳香成分を含み、ローズに似た香りがほのかにすることから”ローズゼラニウム”とも呼ばれています。この香りには心と体のバランスに作用するいわれており、皮脂バランスを整えたりホルモンバランすを整えたりする効果があるとして化粧品にも配合されています。

2.アロマで入浴剤(バスソルト)を作るときに使用する器具

 

 
・計量スプーン
  少量の塩(ソルト)を量るときに使います。小さじ、大さじがある料理用のもので良いでしょう。
 
 
 ・攪拌(かくはん)用のガラス棒
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。
 
 
・容器
 深めの小皿や小鉢など何でもかまいません。バスソルトの材料を混ぜ合わせるときに使います。   

3.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)の作り方

 ーバジルのバスソルト(1回分)


 

•材料(全身浴 1回分)  

塩 
    バスソルト(天然塩)   大さじ 1
精油    
  
  バジル・リナロール     1滴
       ゼラニウム         2滴
   
容器 軽量スプーン かくはん棒
 

•作り方 

天然塩大さじ1をはかりふたつきの保存ビンにいれます。
 
 天然塩はアロマテラピーの基材としてつかわれます。ミネラルを含んだ天然の塩には、発汗作用があり、体内の毒素を排泄する作用があるといわれます(アロマテラピー検定 公式テキスト)。今回は海塩です。
 
天然塩にバジル・リナロール精油、ゼラニウム精油を加えます。
 
 
 ”沐浴でバジリコを使うと、高揚さはせ、リフレッシュさせる効果があるが、肌には熱いと同時に冷たい不思議な感じを与える。ゼラニウムなどと相性よく融合する。
 とアロマテラピー<芳香療法>の理論と実際/ロバート・ティスランド著に記載されています。
 今回は、これを参考としてバジル・リナロール精油とゼラニウム精油をブレンドしてみました。
 
保存ビンのふたをしてよくふります。
 

•使い方

湯をはった浴槽に作製したバスソルトを加えて、よくかき混ぜ入浴します。
 

・使用後の感想

 入浴したところ、精油そのものを嗅いだ時は強く感じるバジルですが、あまり強くはなく香りました。またゼラニウムとあわせると甘い香りにもなる感じがします。眠くなり、入浴後は少しさっぱりする感じでした。
 
 バジル精油はいつも控えめに用いることが大切とアロマテラピー<芳香療法> の理論と実際/ロバート・ティスランド著に記載されています。今回も少量をつかいました。

4.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 *精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
  今回は全身浴1回分として合計5滴加えています。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 
 
 

5.その他アロマで手作りする入浴剤の記事

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 植物油を使ったバスオイルの作り方を紹介しています。
 

最新の記事

いろいろな入浴剤

天然塩を使った入浴剤(バスソルト)