入浴剤をつくる:心を落ち着かせて疲れを回復するバスソルト。

プチグレイン・ビターオレンジ精油、パルマローザ精油をつかう。

 梅雨に入り、ここ仙台ではじめじめして肌寒い日があります。このような時は、ハーブやアロマで手作りするバスソルトがおすすめです。今回は、プチグレイン・ビターオレンジ精油をつかった入浴剤のレシピを紹介します。

 

 目次

1.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)に使用する材料
(1)基材
(2)精油
(3)ハーブ他
2.アロマで入浴剤(バスソルト)を作るときに使用する器具
3.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)の作り方
4.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)を作る上でのポイント
5.その他アロマで手作りする入浴剤の記事 

1ハーブ.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)に使用する材料

今回は、柑橘系のスッキリした香りで、リラックスもリフレッッシュできる入浴剤のブレンどです。
バスソルトを作るために必要な材料は、ベースとなるソルトと、香り付けに使用する精油やハーブだけです。
 ソルト(塩)はミネラル分が豊富な天然塩を使用すると良いでしょう。精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。ドライハーブを加えると、さらにハーブの色や形も楽しむことができます。
 また、これらの材料はすべて肌にいい様々な有効成分を含んでいます。どんな材料を使うかで、さらにその材料の効果も期待できます。
 

 
 

(1)ソルト(天然塩)

 天然塩とは、加工も添加も一切しない塩のことです。天然塩のほか、自然塩と呼ばれることもあります。 それに対して、なんらかの加工や添加がされている塩のことは、精製塩と呼ばれます。天然塩は精製塩に比べてミネラル分が豊富なのが特徴です。 天然塩には、天日塩(海塩)、岩塩、湖塩の三種類があります。
 欧米では昔からマグネシウムやナトリウムなどのミネラルを豊富に含んだ「天然塩(ソルト)」を、美容効果やリラックス効果を求めて使用してきました。
 ミネラルを含んだ天然塩は、発汗を促すといわれています。バスソルト作りでは基材として天然塩を用います。

(2)アロマオイル(精油)

 入浴剤(バスソルト)を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1)精油とは?
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する精油は、 プチグレン・ビターオレンジです。グリーン調に柑橘系が混ざりあった、親しみやすい香りです。甘いバラに似た香りの パルマローザ精油をブレンドしました。
  プチグレン・ビターオレンジ精油は、からだに対する作用が、抗菌、抗真菌、消炎、睡眠促進他で、精神に対する作用が、強い気分爽快作用、バランス調整(からだにも)、緊張緩和(からだにも)他などです。
 パルマローザ精油は、イネ科の植物からでバラに似た香り、からだに対する作用は、強い抗真菌作用、強い抗菌作用、特にすぐれたスキンケアと皮膚再生作用他で、精神に対する作用は、慰安、感情のバランス調整他です。
 *(アロマ療法大全/モニカ・ヴェルナー、ルート・フォン・ブラウンシュヴァイク著)より。

①.プチグレン・ビターオレンジ
  プチグレンとは「小さな実」という意味です。一般的にはビターオレンジの枝葉から採油されれますが、レモンや、ベルガモット、マンダリンの枝葉からも採油されます。プチグレン・オレンジの精油は、高価な精油であるネロリと似た香りと働きがあります。柑橘系のさわやかな香りと水す少しフローラルな香りを持っています。 
 

②.パルマローザ
  パルマローザはインド原産のイネ科の植物から採れる精油です。ローズに似た香りが特徴で、ローズの代わりとして化粧品や香水の香料としてもよく使用されています。その主成分のゲラニオールは心身のバランスを整えると言われています。 

(3)ハーブ

 香り付けや色付け、飾り付けに。お好きなドライハーブを加えれば入浴がより楽しくなります。
  

 
  今回使用するハーブ
 
・オレンジピール

 オレンジピールはビターオレンジまたはスイートオレンジの果皮を乾燥したものです。ビターオレンジの果皮からはネロリ精油、スイートオレンジの果皮からはオレンジ・スイート精油がとれます。オレンジピールはハーブティーとしても利用され、落ち込んだ心を元気づけ、気持ちをリフレッシュさせてくれます。
 柑橘系の良い香で、バスソルトを作成中も良い気分にさせてくれます。

2.アロマで入浴剤(バスソルト)を作るときに使用する器具

 

 
・計量スプーン
  少量の塩(ソルト)を量るときに使います。小さじ、大さじがある料理用のもので良いでしょう。
 
 
 ・攪拌(かくはん)用のガラス棒
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。
 
 
・容器
 深めの小皿や小鉢など何でもかまいません。バスソルトの材料を混ぜ合わせるときに使います。   

3.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)の作り方

 ーヒノキのバスソルト(2回分)


 

•材料(全身浴 1回分)  

塩 
    バスソルト(天然塩)     50g
精油    
  
  プチグレン・ビターオレンジ 3滴
       パルマローザ        2滴
  
ドライハーブ(飾り、香りづけ用)
  オレンジピール (乾燥)  小さじ 1
 
容器 軽量スプーン かくはん棒
 

•作り方 

バスソルトを計り保存容器に入れます。
 
 天然塩はアロマテラピーの基材としてつかわれます。ミネラルを含んだ天然の塩には、発汗作用があり、体内の毒素を排泄する作用があるといわれます(アロマテラピー検定 公式テキスト)。今回は海塩です。
 
ジュニパーベリー(乾燥)を加えます。
 
精油を加えて、保存容器のふたを閉めてよく振ります。
 

•使い方

湯をはった浴槽に作製したバスソルトを半分入れて、よくかき混ぜ入浴します。今回は飾り付けにドライハーブを加えているので、布などに包んだり袋を作り入れるのもよいです。
 
 *フットバスやハンドバスなど部分浴に使用する場合は分量をそれぞれ1/2にします。

4.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 *精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
  今回は全身浴1回分として合計5滴加えています。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 
 
 

5.その他アロマで手作りする入浴剤の記事

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 植物油を使ったバスオイルの作り方を紹介しています。
 

最新の記事

いろいろな入浴剤

天然塩を使った入浴剤(バスソルト)