アロマ手作り:ネロリのせっけんをつくる(2)。

ネロリ精油、パルマローザ精油、イランイラン精油をつかう。

 新年はネロリの香りを楽しむことなどいかがでしょう。
今回はネロリの精油のせっけんの紹介です。ネロリ精油はビターオレンジの花から水蒸気蒸留法と溶剤抽出法で抽出される最も貴重なフローラル系のひとつです。気持ちを明るくさせ、オイリースキンやドライスキンに適しており、トータルスキンケアで非常に多くの恩恵をもたらしてくれます。
 
 目次
1.アロマで手作りするせっけん(手ごね石けん)作りに必要な材料
(1)基材
(2)精油
2.アロマで石けんを手作りするときに使用する器具
3.アロマで手作りする石けんの作り方
4.アロマで手作りするせっけんを作る上でのポイント
5.その他アロマで手作りするせっけんの記事
 

1.手作り石けん(MPソープ)作りに必要な材料

 手練り石けんに必要な材料は、ベースとなる石けん素地と香りや色付のための精油ハーブや顔料です。
 今回は溶かして使うせっけん素地(MPソープ)と精油(アロマオイル)、色付けにはハーブパウダーを使います。
 


  •  

 (1)せっけん素地(MPソープ)

 グリセリンソープ(MPソープ)とは、電子レンジで溶かして固めるだけで、すぐに使えるせっけんを手作りできる材料です。天然の保湿成分であるグリセリンがたっぷり含まれていることから、グリセリンソープと呼ばれています。溶かして注ぐ”Melt and Pour”という意味で、MPソープという名前で販売されていることもあります。
 

(2)アロマオイル(精油)

 石けんを作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1) 精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する精油は ネロリパルマローザイランイランです。
 ネロリ精油はビターオレンジの花を水蒸気蒸留法で抽出したものです。
エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著によれば、ネロリ精油は以下の様に記載されています。
 最も貴重なフローラル系、夜間に吸入すると不眠を和らげてくれ、他には、気分を明るくさせ、気分を高揚させ、外用では肌を柔らかくし、香水やデオドラント剤としても使用される。
 
他、ローズを思わせる香りをんもつパルマローザ、エキゾチックで、甘くフローラルな香りをもつイランイランをブレンドしました。
 ①.ネロリ
 ビターオレンジの花から採れる精油です。柑橘系のさわやかな香りとフローラル系の優美な香りが合わせ持つ香りです。ローズなどと同じようにたくさんの花から少ししかとれない大変貴重で高価な精油です。不安、緊張をほぐし、緊張を落ち着けてくれる香りです。

  
. パルマローザ
 パルマローザはインド原産のイネ科の植物から採れる精油です。ローズに似た香りが特徴で、ローズの代わりとして化粧品や香水の香料としてもよく使用されています。その主成分のゲラニオールは心身のバランスを整えると言われています。

 
. イランイラン
  エキゾチックで、甘くフローラルな香りをもつ精油です。その官能的な香りは、高級フレグランスの顔料としても広く使われています。
 

2.アロマで石けんを手作りするときに使用する器具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて計量したり、湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
②.計り
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
③.石けん型
 あると整形に便利です。たくさん市販されています。お菓子用のものも使えます。
  
 
④.その他
 ビニール袋 ラップ など
 

3.手作り石けん(MPソープ)の作り方

 ━━━ ネロリのせっけん(ボディ用)

 

 
 

材料

○MPソープ(クリア、ホワイト)  それぞれ50g
○精油        
  ネロリ     3滴
  パルマローザ  1滴
       イランイラン  1滴 
 
 ビーカー かくはん棒またはわりばし 計り 計量スプーン 熱源
 

作り方

 ①MPソープ石けん素地をナイフなどで細かく切ってはかり、ビーカーにいれます。
 *MPソープのクリア(透明)とホワイト(白)を各50gずつビーカーに入れました。保湿成分グリセリンが配合された石けん素地です。
 
②せっけんを入れたビーカーを湯煎にかけます。
 
*MPソープはMelt(溶かす)&Pour(注ぐ)。電子レンジで溶かして固める石けんですが、湯煎でも溶けます。
 
③石けんが溶けたら、湯煎からはずして撹拌棒でかきまぜながら精油を加えてさらにかき混ぜます。
 
*今回のネロリ精油は抽出方法は水蒸気蒸留法です。
 エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著には、”パルマローザ精油は甘いローズに似たゼラニウム様の匂いがしてスキンケアでは、どんなブレンドにも使用することができ、イランイラン精油は花から抽出でボディーオイル、オイリースキン向けなどに” と記載されています。
 
④石けんの型などに入れます。
  
*以前に購入して使用していなかったたキャンドル用の花の型がありました。今回はこちらをつかいます。
 ネロリの花の型とはちがいますが。白い方はイランイラン、透明の素地にはパルマローザとハーブのカレンデュラを少々加えました。
 
⑤完全に固まったら型からはずします。
 
花の甘い香りです。小さく作って透明の石けんだけ、または白い方だけをつかったり、同時に両方一緒につかっても香りを楽しむことができます。

4.アロマで手作りする石けんを作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパーが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はミニスポイトを使用します。ミニスポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
  今回は、ネロリ、パルマローザ、イランイラン合わせて5使用しています。本来せっけんの量は50gなのでもっと加えることが可能ですが、洗顔などに使用することも考慮して、少なめのこの量にしています。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

5.その他アロマで手作りするせっけんの記事

(1)基本のせっけんの作り方

いろいろな石けん

最新の記事