アロマ手作り:フェンネルせっけんをつくる。

フェンネル精油、オレンジ・スイート精油、ジュニパーベリー精油、ターメリックパウダーをつかう。

 フェンネルはすでに古代には重要な薬草であり、特に消化管障害や気道疾患に用いられていました。精油は砕いた種子を使用し、水蒸気蒸留法で得られ、特温かで甘いスパイシーな香りが特徴です。
 今回はフェンネルの精油を使用したせっけんの紹介です。
 
 
パセリ石けん

パセリ石けん


 
  目次
1.手作りせっけん(MPソープ)作りに必要な材料
(1)せっけん素地(MPソープ)
(2)精油
(3)ハーブその他
2.使用する器具
3.フェンネルせっけんの作り方
4.せっけんを作る上でのポイント
5.その他せっけんの記事
 

1.手作り石けん(てごねせっけん)作りに必要な材料

 手練り石けんに必要な材料は、ベースとなる石けん素地と香りや色付のための精油ハーブや顔料です。
 今回は水を加えてこねるだけでできあがるセッケン素と精油(アロマオイル)、色付け、飾りにはハーブパウダーやドライハーブを使います。
 


  •   

(1)基材

 1)せっけん素地
 お湯を加えて混ぜ練って作る植物性の石けん素地です。お好みの精油やハーブなどを加えてセッケンを作ることができます。今回使用するのは、無香料、無着色の植物性洗浄成分を使用した石けん素地です。
 

(2)アロマオイル(精油)

 石けんを作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1) 精油とは
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する精油は、 フェンネルと、 オレンジスイートジュニパーベリーです。
 アロマ療法大全/モニカ・ヴェルナー/ルート・フォン・ブラウンシュヴァイク著”には、”フェンネル精油は、体に対する作用が体力増進、活力向上などとも。精神に対する作用が鎮静、緊張緩和”、と記載されています。他に甘くさわやかなオレンジ・スイート精油と香りをひきしめるためにジュニパーベリー精油を加えています。
①.フェンネル
 フェンネルは漢方では「茴香(ウイキョウ)」と呼ばれ、その種子が体を温め胃腸の調子をととのえる生薬とされています。西洋では魚料理のスパイスなどでポピュラーなハーブです。その種子からとれる精油は、さわやかさの中に甘くスパイシーな香りが特徴です。
②.オレンジ・スイート
 スイートオレンジの果皮から採れる精油です。甘い暖かい柑橘系の香りで、お子様からお年寄りまで万人に好まれる香りです。お部屋のリフレッシュからお休み前のリラックスまでいろいろな場面で使用できます。今回は香りにさわやかさを加えるためブレンドしました。 
③.ジュニパーベリー
 ジュニーパーベリーは、洋酒「ジン」を製造するときの香りづけとして用いられています。ジュニパーベリー精油は、森をイメージさせるウッデイーな香りで、リフレッシュを促します。匂いを消す効果(マスキング効果)もあるとされています。体内の老廃物を排出させるデトックスの精油としても知られています。

(3)ハーブその他

 石けんにハーブや野菜、果物などのパウダーや浸出液などを加えれば、肌に優しい石けんになります。また、ドライにしたハーブや野菜や果物などで石けんを飾りつければより作るのが楽しくなります。
  

 1)色付け用ハーブパウダー
  ハーブパウダーは、乾燥させたハーブを粉末状にしたものです。そのままお湯に溶かしてハーブティーとして飲むこともできます。天然の着色料として料理やせっけんなどの色付けに使用すれば、自然なやさしい色が出ます。今回は黄色の色づけに使われるターメリックパウダーを使います。 
  
○ターメリックパウダー
 日本ではカレー粉の原料として知られています。ターメリックパウダーは加える量によって色の濃さが違います。
ターメリックはまた美容にもつかわれます。ハーブ図鑑:ジェニー・ハーデイング著には、ターメリックは、アーユルベヴェーダ医学では抗炎症薬として使用されていると記載されています。
  
2)飾り用ドライハーブ
 今回は飾り用のドライハーブとしてフェンネルの種子(フェンネルシード)を使用します。
 
○フェンネル
 フェンネルは漢方では「茴香(ウイキョウ)」と呼ばれ、その種子が体を温め胃腸の調子をととのえる生薬とされています。西洋では魚料理のスパイスなどでポピュラーなハーブです。
 葉は、鮮やかな緑色で、羽のように先端が細かく裂けています。葉は、種子と同様に、広く魚料理に使われ、タイム、ディルとともに「魚のハーブ」と呼ばれることがあります。
 フェンネルの種子であるフェンネルシードは、稲のもみによく似た見た目や、個性的な甘い香りがするのが特徴です。フェンネルシードは、魚料理はもちろん、アップルパイやクッキーなどのスイーツの隠し味にも、カレーのスパイスとしても利用されています。

2.使用する器具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて計量したり、湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
②.計り
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
③.石けん型
 あると整形に便利です。たくさん市販されています。お菓子用のものも使えます。
  今回はお菓子用の型を使用しました。
 
④.その他
 ビニール袋 ラップ など
 

3.フェンネルせっけんの作り方

パセリ石けん

パセリ石けん


 
フェンネルせっけん  ボディー用1個分
 

材料

  石けん素地             50g
  
  精油 
         フェンネル             3滴
         オレンジ・スイート         1滴
      ジュニパーベリー                                    1滴
   
      ドライハーブほか     
          ターメリックパウダー        小さじ約1/2強
    フェンネルの種(飾り用)
      
ビーカー    計量器 
 

作り方

①ビニール袋にはかったせっけん素地を入れて、ターメリックパウダーを加えて混ぜ合わせます。
 
*今回は、純植物性石けん素地で手で練って形を作るせっけんです。ターメリックパウダーは和名はウコンで、透明せっけんの赤系色の色付けにおすすめです。
 
 
②熱湯を加えて混ぜ合わせ、精油を加えてよく混ぜ合わせます。
 
*フェンネル精油は、体に対する作用が体力増進、活力向上などとも。精神に対する作用が鎮静、緊張緩和などと上記の書に記載されています。他に甘くさわやかなオレンジ・スイート精油と香りをひきしめるためにジュニパーベリー精油を加えました。
 
③精油を混ぜ合わせた後、形を整えたら袋から取り出してフェンネルの種を飾り乾かしてできあがりです。
 
*毎年、アゲハチョウの幼虫に葉を食べられてしまう当サイトの所有する農地のフェンネルの種をつかいました。
  

・使用後の感想

 思ったような甘くさわやかな香りになりました。今回は、ターメリックパウダーも加え明るい色にしました。

4.せっけんを作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。。
 通常の精油瓶には口にドロッパーが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 例えば全体量50mlに対して希釈濃度を約1%にするにはどうしたらよいでしょうか。
 全体量50mlに対しての1%は
   50ml×0.01=0.5ml
   です。この算出した量を0.05ml(1滴)で割ると
   0.5ml ÷ 0.05ml =  10滴
 になります。
 
今回は0.5%濃度として5滴ほど加えています。石けんの香り付けをする場合、香りを強めるためにもっと多くの精油を加えてるレシピもありますが、当サイトでは最大で1%濃度程度としています。
 
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はミニスポイトなどを使用します。ミニスポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

5.その他せっけんの記事

(1)基本のせっけんの作り方

いろいろな石けん

最新の記事