ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:イチゴのワイン風呂。

  今の季節よく見かけるいちごですが、いちごには独特の甘い香りと色があります。このいちごで入浴剤ができないのかと考えてみました。ちょうど飲み残しの白ワインがありましたので、ハーブワインのように、いちごの成分をワインに浸出させて入浴剤にしてみました。
 

ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:イチゴのワイン風呂。


 

 目次

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料
(1)基材
(2)果物
2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方
3.ハーブ・アロマで手作りするいろいろな入浴剤
 

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。
 代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 今回は、基材としてワインとハチミツを使います。ワインはむかしから入浴としてもつかわれていたといわれています。
 


  •  

 (1)基材

 入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回は、精油は使用しませんが、入浴剤のベースとして基材を使用します。今回使用する基材は白ワインとハチミツを使います。
 
①ワイン  
「ワイン風呂」とは、ビタミンとポリフェノールをたっぷり含んだワインをお風呂にそのまま流し入れた入浴法のことです。肌をすべすべにしたり、保湿効果を高めたり、美容ケアに最適とされています。
 キャサリン・カナー著のザ・ブック・オブ・バスにも記載されていて、ある国の女王(クレオパトラ?)の美しさの秘訣はワイン風呂を利用していたといわれています。
  霜川忠正著化粧品有効成分ハンドブックには、『ワインはポリフェノールが含まれていて抗酸化作用があり、赤ワインは皮と種に多いポリフェノールを豊富に含んでいる。ポリフェノールは化粧品の原料などとしても注目されている。』と、記載されていました。
 ワインには白ワインと赤ワインがありますが、今回は飲み残しの白ワインをつかいます。
 ただし、ワインはアルコールが含まれているので、注意を守って入浴しましょう。
 
②ハチミツ
 ハチミツは、ミツバチが花から集めてきて巣に蓄えた蜜です。淡黄色から褐色の粘りけの強い液体です。大部分が果糖とぶどう糖で、甘く、栄養価が高いため、食用や薬用として広く利用されています。美容用やアロマクラフトの基材としても、入浴剤やパック剤などに利用されています。石けんに使用すればしっとりした石けんを作ることができます。
 

(2)果物(フルーツ)

 冬至のゆず湯に代表されるように、果物は昔から入浴剤として利用されてきました。 ミカンなどの柑橘類やリンゴなどもそのまま入浴剤として使われています。果物をそのまま入浴剤として使うと、その魅力的な香りを楽しむほか、「美肌効果」や「リラックス効果」などの効果も期待できます。いろいろな果物で試してみましょう。
  

 
①今回使用する果物
 4月になると、そろそろスーパーのイチゴ売り場は終わりになりますが、本来はイチゴはこれからが収穫期です。当サイトの所有する農園のイチゴもやっとこれから開花します。

 そこで、今回はスーパで売られているイチゴを購入して白ワインに浸出してみることにしました。
 ハーブ薬は、芳香植物(ハーブ)をオイルや、アルコール、お湯などで浸出することにより、その薬効成分を取り出したものです。浸出油、 チンキ剤などは手軽に作れて、昔から民間療法に利用されてきました。これらを目的に合わせて上手に使うことで、作るアロマクラフトに豊かな植物の香りと効果を加えることができます。
 チンキ剤はハーブ、果物の有効成分をアルコールやお酒などで抽出したものです。植物の有効成分は大きくは脂溶性(油に溶けるもの)と水溶性(水に溶けるもの)のどちらかに分類されますが、チンキ剤はその脂溶性、水溶性のどちらも抽出できるすぐれた方法です。
 昔から薬用酒を始め様々に利用されてきました。おなじみの梅酒などもチンキ剤です。
今回は、白ワインでイチゴのチンキ剤を作ってみました。
 チンキ剤には水溶性の成分と脂溶性の成分の両方が抽出される優れた方法です。イチゴの豊富なビタミンCやアントシアニンが抽出されて、白ワインが甘い香りとピンク色に変わりました。
 

2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方

ーイチゴのワイン風呂。


 

•材料(全身浴 1回分)  

白ワイン           約200ml
ハチミツ       大さじ 1
 
果物:ヘタをとったイチゴ 約100g
        レモン      1/4個   
 
保存瓶 計量カップ 軽量スプーン かくはん棒
 

•作り方 

洗ってへたをとったいちごとレモンを容器に入れて白ワインを注ぎ、ふたをします。
 
1週間後にレモン、2週間後にいちごを取り出します。
 
③いちごを取り出した後、はちみつを加え入浴剤としてつかいます。はちみつは保湿作用をもつともいわれています。
 

・使用後の感想

浴槽にいれて入浴してみたところ、いちごの香りが穏やかに感じほぼ期待どうりでした。
 
作成したいちごのワインは、飲用してみたところ、甘みがありおいしいです。いちごにはビタミンCなどがふくまれているといわれています。
 
今回は白ワインをつかいましたが、アルコールは脂溶性の成分と水溶性の成分を抽出することができるなどといわれています。これからもアルコールをつかって試していこうと思います。

3.ハーブ・アロマで手作りするいろいろな入浴剤

(1)基本の入浴剤の作り方

 ハーブ、アロマで手作りする入浴剤の基本的な作り方です。動画もあります。

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 

入浴剤をつくる。リンデンフラワーの白ワイン風呂。

 

(2)バスフィズ・バスボム(発砲する入浴剤)のレシピ

(3)バスソルトのレシピ

 天然塩を使用したバスソルトのレシピです。

(4)バスオイルのレシピ

 植物油やバターを使用したバスオイルのレシピです。

(5)お酒、ワインを使った入浴剤のレシピ

 ワインやウオッカ、日本酒などお酒を使用した入浴剤のレシピです。

 

ハーブ・アロマ手作り:カモミールと日本酒を使った入浴剤

 

(6)ハチミツを使った入浴剤のレシピ

 ハチミツを使った入浴剤のレシピです。

(7)その他いろいろな入浴剤のレシピ

 ミルクヤオートミールなど、その他いろいろな基材を使った入浴剤のレシピです。

ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:スペアミントのホイップクリーム風呂。

 
 

(8)ハーブの薬湯。

 ハーブや薬草、いろいろな素材を使用した入浴剤のレシピです。