アロマで手作りする入浴剤:ジンジャーのバスソルト(2)

ジンジャー精油、スイートマージョラム精油、レモングラス精油、ゼラニウム精油、死海の塩をつかう。

  冬の寒い夜はバスソルトで温まりましょう。作りおきしておくと便利です。今回はショウガ精油を使ったバスソルトをご紹介します。レモンの香りとバラの香りの2タイプを作ってそれぞれ楽しみましょう。ソルトにはミネラル分が豊富なは死海の塩を使用しています。
 

アロマで手作りする入浴剤:ジンジャーのバスソルト(2)


 
 目次
1.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)に使用する材料
(1)基材
(2)精油
(3)ハーブ
2.アロマて入浴剤(バスソルト)を作るときに使用する器具
3.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)の作り方
4.アロマでで作りする入浴剤(バスソルト)を作る上でのポイント
5.その他アロマで手作りするいろいろな入浴剤
(1)基本の入浴剤の作り方の記事
(2)バスソルトのレシピ
(3)その他いろいろな入浴剤のレシピ
 

1.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)に使用する材料

 入浴剤作るを作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。代表的な基材には植物油やソルト(天然塩)、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりお好みの入浴剤を作ることができます。 
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 

  •  

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 バスソルト作りに必要な基材は天然塩(ソルト)です。
 
○塩(精製されていない) 
 ミネラルを含んだ天然塩は、発汗を促すといわれています。バスソルト作りでは基材として天然塩を用います。
 
 

 
死海の塩
 今回は死海の塩を使用します。死海の上水から採った天然塩です。ミネラル分が豊富なことで知られています。
 死海は、イスラエルとヨルダンにまたがる地球上最も低い海抜マイナス400mの湖です。死海は世界で有名な塩湖として知られ、また観光地としても人気があります。死海は体が塩水に浮いてしまうほど塩分濃度が高く、実に海水の10倍ほどです。
 死海に含まれているマグネシウム、カルシウム、ナトリウムといった天然ミネラルは一般の海水の約30倍といわれており、そのため死海は美容やスキンケアグッズなどに多く用いられています。

(2)アロマオイル(精油)

 入浴剤(バスソルト)を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1)精油とは?
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、 アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。 
 
2)おすすめの精油
 精油(エッセンシャルオイル)は300種類ほどあると言われていてます。その中からお気に入りを見つけたり、ブレンドしたりするのははとても楽しい作業ですが、まずは 一般的で初心者でも使いやすい精油を使ってみましょうしょう。
 
3)今回使用する精油
 今回は、 ジンジャー精油の他にスイートマジョラム精油、レモングラス精油、ゼラニウム精油を使用します。
 レモンの香りのジンジャー、スイートマジョラム、レモングラスのブレンドと、ローズの香りのジンジャー。スイートマジョラム、ゼラニウムのブレンドの2種類のブレンドを作ります。
 
 ジンジャーはアジア原産で熱帯地方でひろく栽培されていて、90cm〜1m程に育ち、根茎(根)からはとても強い芳香を放ち、最も重要で古いスパイスのひとつで、温かみのある、スパイシーで土臭い香りもしくは温かみのある、スパイシーで甘い香りなどと エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375ジニー・ローズ著に記載されています。ジンジャーは体を温めてくれ、発汗作用があることがよく知られています。
 スイートマージョラム精油は香りとして、温かみのある香りを持ちます。レモングラス精油はシトラスの香りで外用ではスキンケアなどに利用され、ゼラニウム精油はローズに似た香りで香水、吸入他最も利用価値の高いエッセンシャルオイルであると、上記の書に記載されています。
①.ジンジャー
 

  おなじみのしょうがの根から採れる精油で、ピリッとしたスパイシーな香りが特徴です。食用のしょうがと同じく血行促進、発汗、消化促進などの作用があるといわれています。
 

 
②. スイートマージョラム
 

 
  料理用のハーブとしてもよく知られている地中海沿岸原産のハーブより採れる精油です。その温かい香りは、安眠の香りとして知られています。古代エジプトでは悲しみいやすとされ、ギリシャの愛の女神アフロディテから与えられたと言い伝えられています。
 
 
 
 
③. レモングラス 

 
  熱帯原産のイネ科のレモングラスから採れる精油です。レモングラスはタイ料理のトムヤンクンで日本でもおなじみで、ハーブティーにしても飲まれています。レモンより強い柑橘系のさわやかな香りがしてリフレッシュにオススメです。
 

 
. ゼラニウム

 
 フローラルで甘く優雅な香りの精油です。ローズと同じ芳香成分を含み、ローズに似た香りがほのかにすることから”ローズゼラニウム”とも呼ばれています。この香りには心と体のバランスに作用するいわれており、皮脂バランスを整えたりホルモンバランすを整えたりする効果があるとして化粧品にも配合されています。
 
 

 

(3)ハーブ、顔料

 お好きなハーブで色付けたり、飾り付けをすれば入浴剤を作るのがより楽しくなります。
  

 
今回使用するハーブ
    
ジンジャー
  ジンジャーは熱帯アジア原産のハーブで古代から医療に役立てられてきました。中国では生のジンジャーの根茎を生姜(ショウキョウ)、乾燥したものを乾姜(カンキョウ)と呼んで区別しています。
 発汗作用や消化促進作用があり、日本人にもおなじみのスパイスハーブです。
 
ローズレッド
  お風呂にバラを入れるバラ風呂は、あのクレオパトラも行っていたと言われているくらい高貴なものの象徴だと言えます。バラの香りは女性の悲嘆や不安、恐れを和らげる力をもちます。ガリカ産のバラは「アポテカリローズ」と呼ばれますが、これは「薬屋さんのバラ」の意味で、かつては薬用であったことがわかります。
 
 
 より楽しむために加えますが、お風呂にいれる時はや布やお茶パックに入れるとよいです。(そのまま入れると後かたづけ、掃除が大変です。)乾燥したしょうがとバラの花びらで良い香りのハーブティーとしても利用することができます。

2.アロマで入浴剤(バスソルト)を作るときに使用する器具

 

 
・計量スプーン
  少量の塩(ソルト)を量るときに使います。小さじ、大さじがある料理用のもので良いでしょう。
 
 
 ・攪拌(かくはん)用のガラス棒
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。
 
 
・容器
 深めの小皿や小鉢など何でもかまいません。バスソルトの材料を混ぜ合わせるときに使います。

 今回は10回分まとめて作るので保存瓶も用意するとよいでしょう。ガラス瓶なら外から色が見えて、入浴前にも楽しめます。

3.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)の作り方

 ジンジャーのバスソルト(10回〜11回分)
 


 

•材料(全身浴 10〜11回分)  

塩 
    天然塩 死海の塩   180g
精油    
  ジンジャー         20滴
      スイート・マジョラム    20滴
      レモングラス          5滴
  ゼラニウム           5滴
ハーブ  
  ジンジャー(乾燥)     小さじ 1  お好みで
  ローズレッド(乾燥)    小さじ 1 お好みで
 
容器 軽量スプーン かくはん棒
 

•作り方 

容器を2個用意して天然塩を90gずつ入れます。
 
お好みでそれぞれジンジャー小さじ1とローズレッド小さじ1を加えてふたをして振ります。
 
それぞれの容器に精油を加えます。乾燥ジンジャーが入った方はジンジャー精油10滴、スイートマージョラム精油10滴、レモングラス精油5滴。乾燥ローズレッドが入った方はジンジャー精油10滴、スイートマージョラム精油10滴、ゼラニウム精油5滴を加えてそれぞれふたをしてよく振ります。
 

•使い方

 ラベルをはり、1ヶ月で使い切ります。1回につき約大さじ1杯分を入浴時に使用します。乾燥ジンジャーやローズレッドも入れる時は布に包むかお茶パック他に入れるとよいです。
 
作製時は香りが強く感じましたが、使用したところ、おだやかで体が温まりました。まだまだ寒い日が続きますが、もう少しの間ジンジャーのバスソルトを使用します。

4.アロマで手作りする入浴剤(バスソルト)を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 *精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
  今回は1回分5回、全身浴10回分として合計50滴加えています。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。

5.その他アロマで手作りする入浴剤の記事

(1)基本の入浴剤の作り方の記事

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 植物油を使ったバスオイルの作り方を紹介しています。
 

(3)バスソルトのレシピ

 天然塩を使用したバスソルトのレシピです。

(4)バスオイルのレシピ

 植物油やバターを使用したバスオイルのレシピです。

(5)お酒、ワインを使った入浴剤のレシピ

 ワインやウオッカ、日本酒などお酒を使用した入浴剤のレシピです。

 

ハーブ・アロマ手作り:カモミールと日本酒を使った入浴剤

 

(6)ハチミツを使った入浴剤のレシピ

 ハチミツを使った入浴剤のレシピです。

(7)その他いろいろな入浴剤のレシピ

 ミルクヤオートミールなど、その他いろいろな基材を使った入浴剤のレシピです。

(8)ハーブの薬湯。

 ハーブや薬草、いろいろな素材を使用した入浴剤のレシピです。