植物油のプロフィール

アプリコットカーネルオイル

アプリコットカーネルオイルのプロフィール(キャリアオイル辞典:レン・ブライス他著 他より)

 
 
原料植物名:アプリコット
学名:Prunus armeniaca

科名: バラ科
産地の例:アメリカ、フランス
抽出部位:種子(仁)
抽出方法:圧搾法
成分の一例:リノール酸、オレイン酸、パルミトレイン酸、パルミチン酸、ステアリン酸
 
 アプリコットカーネル油は、アプリコット(和名:アンズ、杏)の果核にある小さな仁を冷温圧搾することによって抽出されます。アプリコットカーネルの核は杏仁とも呼ばれ、中国では咳や喘息の治療の目的で処方される漢方薬の原料として、古くから用いられてきました。
 肌にすばやく浸透して潤いを与えるオレイン酸や、抗酸化作用に優れたβ-カロテンを含んでいるため、スキンケアオイルとして利用されています。使用感はとても軽く、さらさらしたなめらかな肌ざわりです。最近はヘアケア用としても使用されています。

香りのイメージ(参考)

:ほとんどなし
 

色(参考)

:少しオレンジがかった黄色

このような時にオススメ!

・フェイス用のクリームやトリートメントのオイルに!
 
 アプリコットカーネルオイルは、ビタミンAやリノール酸が非常に多く含まれ、また浸透性が非常に高いのが特徴です。フェイシャルケア用のクリームやオイルへのブレンドがおすすめです

アプリコットカーネルオイルを使用したレシピ

 

 

ミルクローションを作る

 

 季節のかわりめはいつも肌の調子が気になります。今回はパーム乳化ワックスを使って、簡単にできるちょっと乳液ぽいローションのレシピを紹介します。 

 
 

深い瞑想の香りのサンダルウッドをブレンドしたバスオイルです。

 
 

秋に特にオススメの目元のケアにつかう美容オイルのレシピです。

 
 

華やかなローズの香りのシアバター入りクリームのレシピです。