虫よけスプレー。コウヤマキ精油をつかう。

 コウヤマキは日本固有の針葉樹で、古くは弥生時代から主に木材などとして利用されてきた日本人には馴染み深い樹木です。今回は、コウヤマキ精油を使用し、芳香浴にも虫よけにもなるようなスプレーを作ってみます。
 

 目次
1.アロマで手作りするスプレーに使用する材料
(1)基材
(2)精油(アロマオイル)
2.アロマでスプレーを手作りするときに使用する道具
3.アロマで手作りするスプレーの作り方
4.アロマで手作りするスプレーを作る上でのポイント
5.その他おすすめの記事

1.アロマで手作りするスプレーに使用する材料

 アロマスプレーを作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香り付のけための精油です。
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。
 


  •  

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。精油を希釈し、アロマクラフトのもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 アロマスプレー作りに必要な基材はエタノールと水です。
 
○エタノール 
 アロマオイル(精油)は水には溶けないため、エタノールを利用して精油を溶かして薄めます。精油は濃縮されたものであるため、原液のままでは直接お肌につけることはできません。
 エタノールには、濃度によって無水タノール、エタノール、消毒用エタノールの3種類がありますが、アロマスプレーには「無水エタノール」か「エタノール」を利用しましょう。
 
○フローラルウォーター(蒸留芳香水)、精製水、またはミネラルウォーター
 
 アロマオイル(精油)を薄め、香りを拡散させるために利用します。フローラルウォーター(蒸留芳香水)、精製水、またはミネラルウォーターなどいろいろありますが、今回は精製水を使います。
 精製水は薬局で販売されている、不純物が極めて少ない純度の高い水です。水道水の利用も可能ですが、スキンケアにスプレーを利用する場合は、精製水を使用するのがよいでしょう。

(2)アロマオイル(精油)

 アロマスプレーを作る目的にあわせて、アロマオイルの種類を選んで利用します。
  

 
1)精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
  
 
  
2)今回使用する精油
 今回使用する精油は、 コウヤマキです。
 コウヤマキ精油のすっきりした感じに合いそうな ティートリー精油、同じ樹木系の シダーウッド・バージニア精油、他 レモングラス精油、花のような香りの ゼラニウム精油も加えてみました。
  どの精油も抗菌効果や防虫効果がある成分を含んでいます。
 
 コウヤマキ精油の原料となるコウヤマキの木は、本槙(ほんまき)と呼ばれる日本特産の常緑樹です。世界遺産に登録されている日本の霊山・高野山の周辺などに生育する大木で、昔から建材に利用されてきました。また、古墳にコウヤマキの木棺が使用された例もあるほど、仏壇や仏具の製造にも使われ、古くから日本人の生活に根づいてきた樹木です。筆者の実家にも記念樹としてコウヤマキが植えられています。
 アロマテラピー図鑑/佐々木薫監修には、”消臭効果を生かして玄関や部屋の芳香剤に使うとリラックスできる。抗菌や防虫にも役立つ。”と記載されています。
 今回は虫除けスプレーとして使用してみました。

①コウヤマキ
 コウヤマキ精油は、日本原産のコウヤマキの木の葉と枝から採れる精油です。コウヤマキは世界遺産にも登録されている高野山の周辺に生育することで有名な針葉樹です。アロマテラピー図鑑/監修佐々木薫には、リラックス作用があり、芳香浴、芳香剤、消臭剤として効果があると記載されています。

②ティートリー
 オーストラリアの千住民族アボリジニ族の人たちが、感染症や傷などのさまざまな症状に効果のある万能薬として使ってきたティートリーの樹からとれる精油です。精油は高い抗菌力を持ち、免疫力を高める働きを持つことで知られ、ラベンダーと並んで代表的な精油のひとつです。すっきりしたクールな香りです。

③レモングラス
  熱帯原産のイネ科のレモングラスから採れる精油です。レモングラスはタイ料理のトムヤンクンで日本でもおなじみで、ハーブティーにしても飲まれています。レモンより強い柑橘系のさわやかな香りがしてリフレッシュにオススメです。防虫効果のある成分を含んでいるため、防虫にも使用されます。

④ゼラニウム
 フローラルで甘く優雅な香りの精油です。ローズと同じ芳香成分を含み、ローズに似た香りがほのかにすることから”ローズゼラニウム”とも呼ばれています。この香りには心と体のバランスに作用するいわれており、皮脂バランスを整えたりホルモンバランすを整えたりする効果があるとして化粧品にも配合されています。 防虫効果のある成分(ゲラニオールなど)を含んでいます。

⑤シダーウッド・バージニア
 北米原産のバージシア種のシダー木部から採れる精油です。その香りはヒノキにも似ていて、深い森林の中にいるような気分にさせてくれます。
 虫除け効果があることも知られています。

2.アロマでスプレーを作るときに使用する道具

 


  •  

  • 1.ビーカー 

  •   材料を入れて計量し、かくはんする時に使用しますので、耐熱性のビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。

     

  

  •  

  • 2.攪拌(かくはん)用のガラス棒

     材料を混ぜるときに使用します。使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。

     

 
 

  • 3.スプレー容器

     青色や茶色の遮光性のスプレー容器を利用します。 利用目的、利用量にあわせて、容器のサイズ、素材を選びます。一般には30〜50mlの容器がよく使われています。
     プラスティック製の瓶は、ガラス瓶に比べて軽くて割れにくいため、持ち運びに便利です。 ただし、アロマオイルの種類や濃度によっては容器が劣化しやすいため、スキンケアにスプレーを利用する場合は、ガラス製の瓶をおすすめします。 

3.アロマで手作りする虫よけスプレーの作り方

━━━虫除けスプレー(50ml容器用)

•材料 

   精製水                                45ml
   エタノール                          2.5ml
   グリセリン           2.5ml
     精油               
      コウヤマキ         4滴
   ティートリー         3滴
        レモングラス       1滴
   ゼラニウム                    1滴
   シダーウッド・バージニア 1滴
 
    ビーカー かくはん棒  スプレー容器
 
 

•作り方

ビーカーにエタノール、グリセリンを入れます。
 
*精油をあらかじめエタノールで溶かしてから水を加えると、比較的よく混ざり合うといわれています。今回のスプレーは、ボディーにも使用できるように皮膚をやわらかくする作用などがあるといわれているグリセリンもつかいました。アロマテラピーではローションなどの基材として用います。
  
コウヤマキ精油を加えます。
 
*今回使用のコウヤマキ精油は、抽出部位が葉、枝で、水蒸気蒸留法、原産国が日本(和歌山、他)です。
 香りの特徴は樹木系で、おもな特徴はリラックス、ストレス緩和などです。
 また、上記、アロマテラピー図鑑/監修佐々木薫には、”妊娠中、授乳中は使用を避ける、肌の弱い人は控えめに使用。”と記載されているので、大量の使用は避けた方が良いでしょう。
 
 
 
ティートリー精油、レモングラス精油、ゼラニウム精油、シダーウッド・バージニア精油を加え、撹拌棒でかき混ぜ、精製水を加え、さらに撹拌棒でかき混ぜて保存容器に入れ、ラベルを貼ります。
 
*精製水は、ローションやスプレーを作る際、精油をエタノールでさらに薄めるために利用します。
 
スプレー容器に移し、作成日を記入したラベルを貼り、使用時には、よくふって使用します。
 

・使用後の感想

 スプレーを使用してみると、コウヤマキ特有の樹木の香りに、やさしい甘い感じがプラスされてリフレッシュした気持ちになりました。虫除け効果については、穏やかですが効果があるように感じました。日本産の樹木の香りはどこか懐かしい感じになり、リラックスできるので、またコウヤマキ精油を使用し、違った感じにしようと思います。
 

4.アロマで手作りするスプレーを作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 例えば基材50mlに対して希釈濃度を約1%にするにはどうしたらよいでしょうか。
 植物油50mlに対しての1%は
   50ml×0.01=0.5ml
   です。この算出した量を0.05ml(1滴)で割ると
   0.5ml ÷ 0.05ml =  10滴
 になります。
 
 作成量(基材量)      精油(1%)   精油(0.5%)
 
      10ml                                 2滴         1滴
  20ml                                 4滴         2滴
    30ml                                 6滴         3滴
      40ml                                  8滴         4滴
      50ml                                10滴         5滴
 
今回は合計で10滴使用しています。 
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)アロマスプレーの使いかた  

アロマオイルがよく混ざるように、よく振ってからスプレーします。
・用途にあわせて、お肌に直接スプレーしたり、お部屋の空気中にスプレーしたり、シンクや床にスプレーしたり、マスクの外側や枕にスプレーしたりします。
・アロマスプレーは劣化しやすいので、1から2週間で使い切りましょう。
・エタノールが含まれているので、火の近くでは使わないようにしてください。
 

5.その他おすすめの記事

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 植物油を使ったバスオイルの作り方を紹介しています。
 

いろいろなスプレー

最新の記事