アロマ手作り:レモンのパックをつくる。

カオリン、ハチミツをつかう。

 レモンの精油は果皮から抽出され、アロマテラピーではよく使われますが、レモンの果汁の方は、普段は料理に使うことが多いイメージですが、スキンケア化粧品や石けんなどにも広く使用されています。ハーブ事典/レスリー・ブレムネス編のフェイシャルパックの項には、”レモンのしぼり汁などは、良質のアストリゼント(肌の引き締め効果のある化粧品)になる。”と記載されてるように、その肌の引締め効果はよく知られています。
 今回はレモンのパックのレシピを紹介します。
 
アボカドのパック剤

アロマ手作り:レモンのパックをつくる。


 

 目次

1.アロマで手作りするコスメ(パック剤)に必要な材料
(1)クレイ
(2)レモン
(3)ハチミツ
2.使用する器具
3.クレイパックの作り方
4.パック剤を作る上でのポイント
(1)加える精油の分量について
(2)精油を加える時のポイント
(3)クレイパックの使用方法と注意点 
5.その他アロマで手作りするコスメの記事

1.アロマで手作りするコスメ(パック剤)に必要な材料

クレイパックを作るために必要な材料は、ベースとなる クレイと練り合わせに使用する水や植物油です。お好みで香りづけとして 精油を加えます。
 
精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。
 

(1)クレイ

1)クレイについて
 クレイとは、岩石が長い年月をかけて風化や変性を繰り返してできた、鉱物を含んだ土(粘土)のことです。カオリン、モンモリオナイトなどいろいろな種類があり、フランスをはじめ世界各地で採取されています。
 クレイの主成分はミネラルです。そして、ケイ土、鉄、酵素、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などで構成されています。これらの成分が体の新陳代謝を促し、体内に蓄積されたう有害物質や老廃物を排泄します。フェイスパックで使用すれば、余分な皮脂や毛穴の汚れを吸着させて取り除く効果があります。微細な泥粒子が毛穴の奥まで浸透するから、洗顔では落としきれない汚れもすっきりと落とすことができます。
  また、化学成分を使っていない天然成分からできており、アレルギーや肌荒れしやすい敏感肌の人でも安心して使えます。
 

 
2)クレイの効果
・ 美容効果
 様々な種類があるクレイパック。すべてに共通していえるのが、吸収・吸着力の高さです。毛穴の汚れをしっかりと吸い取ってくれるため、小鼻の黒ずみ改善にもおすすめです。また、体内から悪いものを吸い出すデトックス効果も期待できます。
 
・健康効果
 毒素を吸い出すデトックス効果のほか、イオン調整の作用もあると言われています。クレイパックの本場ヨーロッパでは、その作用を活用して治癒目的に使うクレイセラピーが行われています。
 
3)今回使用するクレイ
 今回使用するクレイはカオリンです。カオリンの主成分はカオリナイトという粘土鉱物です。その名は中国の有名な粘土の産地である江西省景徳鎮付近の高嶺に由来しています。
 カオリンは、柔らかな天然のクレイです。 白から濃褐色まで様々な色があります。
 カオリンは、初心者にとても使いやすいクレイです。敏感肌や乾燥肌の方にも使っていただけるなど、肌にやさしいのが特徴です。デオドラント効果があるので、パックだけでなく、ベビーパウダーやデオドラントパウダー、歯磨き粉などの材料としても使われます。 色付きのクレイよりも肌にやさしく、初めての方や肌の弱い方ににおすすめです。
 

(2)レモン

 レモンはミカン科ミカン属の柑橘で、インドが原産とされています。
レモンはビタミンCが豊富に含まれている果物です。このため、風邪予防や美容効果が期待できます。また、疲労回復にも効果が高いといわれている「クエン酸」も豊富です。
 日本では、古くから冬至の日に「ゆず湯」に入ると『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります。ゆずもビタミンCなどが豊富な同じミカン科の柑橘類です。
 レスリー・ブレムネス著ハーブ事典には、
 ”用途としては、果実の皮や果汁がつかわれる。ビタミン、ミネラルが豊富で、料理など他につかわれ、ポプリ、ハーブピロー、セッケン、香水などの材料にもなる。”
 などと記載されていました。
 また、レモンの果汁には肌の引締め効果があるとされており、スキンケア化粧品、石けんなどに広く使用されています。
 今回はパック剤に加えてみました。
 

(3)ハチミツ

  ハチミツはミツバチによって花のミツからつくられる、非常甘くておいしい物質です。食べ物や薬としてのハチミツの価値は古代から知られていました。現代でも、ハチミツは食用だけでなく、化粧品の中で収斂剤や保湿剤としても使われています。
 ハチミツは、 摂取するだけでなく、クレンジングやパックでも、その保湿効果を存分に発揮します。普段の洗顔後に、小さじ2杯ほどのはちみつを、残った汚れを浮かせるように顔全体になじませ、しっかりすすげばクレンジングは完了です。はちみつの保湿力を感じられることでしょう。荒れてしまった唇に塗るのも効果的です。
 
 
 

2.使用する器具

 

 
1).ビーカー 
  植物油を入れて量る時に使用しますので、目盛りがついていればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
   
2).攪拌(かくはん)用のガラス棒
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。
  
3).乳鉢、乳棒
 クレイをすりつぶしねりあわせるときに使用します。世界各地で古代から使われており、食品の加工や調剤・実験器具として用いられています。

3.クレイパックの作り方

 

 
材料 (1回分)
カオリン       大さじ 1
レモン果汁      小さじ  2
ハチミツ       小さじ  1 
 
作り方
カオリンを容器に入れます。
 
*カオリンは粘土です。手作りのフェイシャルパックの材料ともなります。カオリンなどの粘土をつかったパックは、吸収、収れん他の作用があるといわれています。
 
レモンの果汁を搾り、容器に加えて混ぜ合わせます。
 
*ハーブ事典/レスリー・ブレムネス著のフェイシャルパックの項によりますと、レモンの絞り汁を数滴加えると、肌が弱酸性に保たれるなどと記載されています。果汁を絞りましたが、果皮よりも香りは強く感じないです。
  
ハチミツを加えてさらに混ぜ合わせます。
 
*ハチミツも手作りのフェイシャルパックなどにつかわれます。保湿作用などがあるともいわれています。甘い香りもありますので加えてみました。
 

・使い方

 目や口の周りを避けて、顔全体に塗り、少し乾いたらぬるま湯で洗い流します。
  

・使用後の感想

 使用してみたところ、レモンの絞り汁よりも、ハチミツの香りの方が感じました。香りが物足りない時は、芳香蒸留水などを加えてもよいと思います。使用後の肌は、しっとり過ぎない感じで、ほどよい感じがしました。

4.パック剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパーが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
今回の使用量
 パック剤は、肌が敏感である顔に使用するため精油を使用する場合には注意が必要です。今回は精油は未使用です
 

(2)クレイパックの使用方法と注意点

使用方法 
・目や眉毛、口のまわりを避け、顔の中心から外側に向かって、指の腹でやさしく顔全体に押し拡げようにして、肌が隠れる程度の厚さに塗ります。
 
・顔に塗ったクレイの端部分が少し乾き始めたら、ぬるま湯でやさしく洗い流します。
 
・洗い流した後は、必ず化粧水などで肌を整えましょう。
  
注意点
 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。保存しての使用はやめましょう。

・クレイパックは洗顔後の清潔な肌に行ってください。
 
・乾きすぎると、洗い流すときに肌に負担がかかるので注意しましょう。
 
・皮膚に異変や違和感を感じたら、すぐに洗い流してください。
 

(4)バッチテストについて

  精油は、使用する種類、使用する方の体質や体調によっては皮膚に合わない場合があります。敏感肌の方や初めてで不安な方はパッチテストをするとよいでしょう。やり方は作ったオイルなどを、前腕部の内側に少し塗って24時間〜48時間放置し、異常が起こらないかどうか確認する方法です。異常がみられた場合は中止し、大量の水で洗い流しててください。

5.その他アロマで手作りするコスメの記事

 
 パック剤

いろいろな手作りコスメ

最新の記事