アロマ手作り:月見草オイルとライスジャームオイルのリップオイル。

 唇が乾燥する毎日ですが、今回は、ライスジャームオイルに月見草油を加えてリップオイルをつくります。
 

アロマ手作り:月見草油とライスジャームオイルのリップオイル。


 

 目次

1.アロマで手作りするリップオイル作りに必要な材料
(1)植物油
2.アロマでリップオイルを作るときに使用する器具
3.アロマで手作りするリップオイルの作り方
4アロマでリップオイルを作る上でのポイント
(1)加える精油の分量について
(2)使い方の注意点
5.その他アロマで手作りするコスメの記事

1.アロマで手作りするリップオイル作りに必要な材料

 リップオイルを作るために必要な材料はシンプルで、ベースとなる植物油だけです。唇は敏感なところなので、香り付けに使用する精油は今回は使用しません。
 植物油は植物の種子などより抽出された天然の油脂で、美容オイルのベースとなるものです。精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。
 

 

 (1)植物油 

 キャリアオイル、ベースオイルなどとも呼ばれるものです。精油が親油性で皮膚への浸透性が高いことから、トリートメントオイルやクリームなどを作る際に使用されなす。植物油には様々な種類があります。代表的なものには、スイートアーモンド油、オリーブ油、ホホバ油、マカデミアナッツ油などがあります。
 市販されている植物油は「精製されたもの(クリア)」と「未精製のもの(ゴールデン)」があります。クリアは色や香りがあまりなくクセがないため、誰にでも使いやすいのが特徴です。それに対してゴールデンは、色や香りがありクリアに比べて粘性も強く、ホホバ本来の栄養価が損なわれずに含まれています。それぞれの特徴や性質を理解して用いましょう。
 
 今回使用する植物油は 月見草オイルとライスジャーム油です。 
 月見草オイルは日本にも帰化している月見草の種子から抽出されます。植物オイル・ハンドブックによれば、ビタミンEが豊富に含まれ、早年性老化から肌を守り、細胞膜の再構成要素である必須脂肪酸のおかげで潤滑作用、再構成他、重要な再生効用がありますなどと記載されています。ライスジャームオイルもビタミンEを豊富に含んだ日本のお米から採れるオイルです。こちらもアンチエイジングのオイルとしておすすめです。
 
①.月見草油
月見草オイルは月見草の種子から採油されるオイルです。不飽和脂肪酸が多く含んでおり、特にγ-リノレイン酸(GLA)を含んでいることで知られています。アンチエイジング効果の高いオイルとして、最近人気が高まっており、美容液としても使用されています。 

 
②.ライスジャーム油
 ライスジャームオイルんは、国産のお米(胚芽)から抽出された純日本製の植物オイルです。 ビタミンEやほかの植物オイルにはあまり含まれないγオリザノールという特徴成分が豊富に含まれていることが、ライスジャームの特徴です。
 塗ってしばらくするとサラッとした感触で、べたつきが少ないのも人気のポイントです。また髪のツヤ・しなやかさ・ぱさつきを抑えるヘアケア、バスオイルにもお使い頂けます。アンチエイジングのオイルとしてもおすすめです。
 
*γ-オリザノールについて
γ-オリザノールは、コメ胚芽や米ぬかに多いポリフェノールの一種で米油に含まれています。医薬品、化粧品、食品と幅広く利用されています。γ-オリザノールには、血行を良くしてコレステロールを低減させる効果、脳の機能の劣化防止などの効果があります。

2.アロマでリップオイルを手作りする時に使用する器具

 

 
1.ビーカー 
  植物油を入れて量る時に使用しますので、目盛りがついていればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
 
 
2.攪拌(かくはん)用のガラス棒
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。
  
3.容器
 ガラス製の遮光瓶で携帯できるものを使用します。
 

3.アロマで手作りするリップオイルの作り方

•材料(約8mlロールオンボトル用) 

 
植物油
  ライスジャーム油             5ml
      月見草油                 3ml
      
容器 ビーカー かくはん棒
 

•作り方 

ライスジャームオイルをビーカーに入れます。
 

*今回使用のライスジャームオイルは、米ぬかから抽出した国産オイルで、ビタミンE、γーオリザノールが含まれ、しっとりした使用感といわれています。ライスジャームオイルだけで使用しても良い感じがします。
 
月見草油を加えて攪拌棒でかき混ぜます。
 

 
*月見草油は、月見草の種子から抽出されたオイルで、リノール酸、γーリノレン酸が含まれ、粘度は低く、さらっとした使い心地です。酸化しやすいのではやめに使用します。
 
保存容器に入れます。
 
④ふたを閉めて、作成日、植物油の名前を書いたラベルを貼ります。
 
*唇に少量やさしくぬります。べたつかず良い使い心地です。

4.アロマでリップオイルを作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。
 
今回使用する敵数
 今回はリップオイルなので精油は使用せず、植物油だけです。
 

(2)使い方の注意点

 特別な防腐剤や保存料が入っていないため、保存期間は約1か月が目安です。劣化を避けるため、直射日光のあたらない涼しい場所に保管してください。
 

5.その他アロマで手作りするコスメの記事

 
 パック剤

いろいろな手作りコスメ

最新の記事