アロマ手作り:フェイスクレンジングオイルをつくる。

セサミ油、アプリコット油、フランキンセンス精油、オレンジ・スイート精油をつかう。

  日本人の肌は敏感だと言われています。そのため美肌作りには毎日のクレンジングが欠かせません。手作りのクレンジングオイルを作りましょう。精油や植物油などの天然の素材を使って、肌に優しいオリジナルのクレンジングオイルが作れます。今回はそんなクレンジングオイルのレシピの紹介です。

 

 目次

1.クレンジングオイル作りに必要な材料
(1)植物油
(2)精油
2.使用する器具
3.クレンジングオイルの作り方
4.クレンジングオイル作る上でのポイント
(1)加える精油の分量について
(2)精油を加える時のポイント
(3)使い方の注意点
(4)オススメの使用方法 
5.その他オイル(植物油)を使ったアロマクラフトの記事
6.その他手作りコスメの記事

1.クレンジングオイル作りに必要な材料

 クレンジングオイルを作るために必要な材料はシンプルで、ベースとなる植物油と精油だけです。
 植物油は植物の種子などより抽出された天然の油脂で、美容オイルのベースとなるものです。精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。
 なお、フェイスの肌は他より敏感なため、植物油や精油の選定、精油の希釈濃度などには特に十分な配慮が必要です。


  •  

 (1)植物油 

1)植物油とは
 キャリアオイル、ベースオイルなどとも呼ばれるものです。精油が親油性で皮膚への浸透性が高いことから、トリートメントオイルやクリームなどを作る際に使用されなす。植物油には様々な種類があります。代表的なものには、スイートアーモンド油、オリーブ油、ホホバ油、マカデミアナッツ油などがあります。
 
 市販されている植物油は「精製されたもの(クリア)」と「未精製のもの(ゴールデン)」があります。クリアは色や香りがあまりなくクセがないため、誰にでも使いやすいのが特徴です。それに対してゴールデンは、色や香りがありクリアに比べて粘性も強く、植物油本来の栄養価が損なわれずに含まれています。それぞれの特徴や性質を理解して用いましょう。
 
2)今回使用する 植物油
 今回使用する植物油は、セサミ油と アプリコットカーネル油を選んでみました。
 
①セサミ油
  インドのアーユルヴェーダでも使用されているオイルです。ビタミンやミネラルを豊富に含み、特に老化が気になる肌におすすめです。

 
②.アプリコットカーネルオイル
  アプリコット油はアプリコット(西洋杏(アンズ))の種子の仁から採油されるオイルです。アンズの種子の仁は杏仁(アンニン)として中華料理の食材としてもよく知られています。漢方薬としても使用されています。 
サラサラした質感ですべりが良く、また肌によいオレイン酸やビタミン成分をたっぷり含んでいるため美容液としても使用されています。

 

(2)精油(アロマオイル)

 クレンジングオイルを作る目的や自分の好みにあわせて、精油(アロマオイル)を選びます。
  

1)精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する精油は フランキンセンスオレンジ・スイートです。
 
①.フランキンセンス
 暑く乾燥した地域に育つ樹木の樹脂から採れる精油です。古くは金と同じほど貴重な香料として知られていました。気持ちを穏やかにさせるほんのりした香りです。肌に活力を与えシワやシミを改善する「若返りのハーブ」としてローションやクリームなどの化粧品にも使われています。
②.オレンジ・スイート
スイートオレンジの果皮から採れる精油です。甘い暖かい柑橘系の香りで、お子様からお年寄りまで万人に好まれる香りです。お部屋のリフレッシュからお休み前のリラックスまでいろいろな場面で使用できます。

2.使用する器具

 

  •  

  • 1.ビーカー 

  •   植物油を入れて量る時に使用しますので、目盛りがついていればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。

     

 

  •  

  • 2.攪拌(かくはん)用のガラス棒

  •  溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。

      

3.クレンジングオイルの作り方


 

•材料(フェイスクレンジングオイル 20ml) 

植物油 
  セサミ油         15ml
  アプリコットカーネル油         5ml
 
精油      
        フランキンセンス     1滴
   オレンジ・スイート      1滴
 
容器 ビーカー かくはん棒
 
•作り方 
セサミ油、アプリコット油をビーカーに入れます。
 
”セサミ(ゴマ油)は、ゴマの種子から採油され、インドではセサミ油はスキンケアオイルそのものであり、同時に神経強壮剤ともなる、アプリコット油は、アプリコットの核から、とてもなじみがよく、どのスキンタイプにも合う。”とアロマテラピーのベースオイル/ルート・フォン・ブラウンシュヴァイク著に記載されています。
 
フランキンセンス精油、オレンジ・スイート精油を加えて撹拌棒でかきまぜます。
 
*”フランキンセンスは、古代の人々のフランキンセンス(清らかな香り)、オレンジ・スイートは、甘く砂糖のような柑橘の香り、外用でスキンケアに。”などとエッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著に記載されています。
 
保存容器に入れて作成日などを書いたラベルをはります。
 

・使用後の感想  

 化粧を落とす時に顔に塗り、化粧用のコットンなどでふきとります。(そのまま洗顔してもよいです)入浴中につかいましたが、オレンジの香りで良い感じになりまでした。
 

4.クレンジングオイルを作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。
 ただしこの濃度はあくまでもガイドラインです。個人の肌タイプ、使用時の体調、使用部位や時間帯などに応じて変化します。最初に使用する方、特に顔などの敏感な部分に使用する場合は、さらに低い濃度で使用してみるのをオススメしています。
 

(2)精油の滴数の計算方法

 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 例えば植物油50mlに対して希釈濃度を約1%にするにはどうしたらよいでしょうか。
 植物油50mlに対しての1%は
   50ml×0.01=0.5ml
   です。この算出した量を0.05ml(1滴)で割ると
   0.5ml ÷ 0.05ml =  10滴
 になります。
 
今回の敵数 
  作成量(基材量)      精油(1%)   精油(0.5%)
     10ml                                 2滴        1滴
 
今回はフランキンセンスとオレン・ジスイート精油、合計で2滴使用しています。
 

(3)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(4)バッチテストについて

  精油は、使用する種類、使用する方の体質や体調によっては皮膚に合わない場合があります。敏感肌の方や初めてで不安な方はパッチテストをするとよいでしょう。やり方は作ったオイルなどを、前腕部の内側に少し塗って24時間〜48時間放置し、異常が起こらないかどうか確認する方法です。異常がみられた場合は中止し、大量の水で洗い流しててください。
 

(5)使用方法と保存方法

 高温多湿を避け冷暗所(冷蔵庫)に保管し、なるべく早めに使い切りましょう。
 
 保存期間の目安(日本アロマ環境協会アロマテラピー検定テキスト1級より)
 ・水が含まれるものはおよそ1〜2週間
 ・植物油などが中心のオイルやクリームは1ヶ月程度
 

5.その他オイル(植物油)を使ったアロマクラフトの記事

6.その他手作りコスメの記事

いろいろな手作りコスメ

最新の記事