アロマ手作り:ヘアオイル用のハーブの浸出油をつくる(2)。

レモングラス精油、ゼラニウム精油をつかう。

 ”ハーブの浸出油をつくる”を前回に紹介しましたが、今回はその続編です。
前回作った浸出油び中身を濾して精油を加えます。
 

 

 目次

1.ヘアオイル作りに必要な材料
(1)植物油
(2)精油
(3)ハーブその他
2.使用する器具
3..ヘアオイルの作り方
4.ヘアオイルを作る上でのポイント
(1)加える精油の分量について
(2)精油を加える時のポイント
(3)使い方の注意点
(4)オススメの使用方法 
5.その他オイル(植物油)を使ったアロマクラフトの記事
6.その他手作りコスメの記事

1.ヘアオイル作りに必要な材料

ヘアオイルを作るために必要な材料はシンプルで、ベースとなる植物油精油だけです
 植物油は植物の種子などより抽出された天然の油脂で、美容オイルのベースとなるものです。精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。
 

  •  

 (1)植物油 

 使用する植物油については前回紹介しました。
 
 キャリアオイル、ベースオイルなどとも呼ばれるものです。精油が親油性で皮膚への浸透性が高いことから、トリートメントオイルやクリームなどを作る際に使用されなす。植物油には様々な種類があります。代表的なものには、スイートアーモンド油、オリーブ油、ホホバ油、マカデミアナッツ油などがあります。
 

・前回紹介した植物油

 前回使用した植物油はマカデミアナッツ油、セサミ油、アルガン油(クリア)です。ハーブの成分を浸出させて浸出油として使用しました。今回は、前回つくっておいた浸出油をこして使用します。
 
アロマ手作り:ヘアオイル用のハーブの浸出油をつくる(1)。

(2)アロマオイル(精油)

 ヘアオイルを作る目的や自分の好みにあわせて、精油(アロマオイル)を選びます。
  

 
1) 精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油
 今回使用する精油は レモングラスゼラニウムです。
①.レモングラス
  熱帯原産のイネ科のレモングラスから採れる精油です。レモングラスはタイ料理のトムヤンクンで日本でもおなじみで、ハーブティーにしても飲まれています。レモンより強い柑橘系のさわやかな香りがしてリフレッシュにオススメです。防虫効果のある成分を含んでいるため、防虫にも使用されます。
 筋肉痛をやわらげるためなどのマッサージオイルにもおすすめです。

 
②.ゼラニウム
 フローラルで甘く優雅な香りの精油です。ローズと同じ芳香成分を含み、ローズに似た香りがほのかにすることから”ローズゼラニウム”とも呼ばれています。この香りには心と体のバランスに作用するいわれており、皮脂バランスを整えたりホルモンバランすを整えたりする効果があるとして化粧品にも配合されています。

(3)ハーブその他

 ハーブとは芳香植物(香りのあるあ植物)のことです。ハーブは生(フレッシュ)で、またはドライ(乾燥したもの)で、お茶や入浴剤の他手作りコスメの材料としても利用されています。
  

 
①ハーブ薬
 ハーブ薬は、芳香植物(ハーブ)をオイルや、アルコール、お湯などで浸出することにより、その薬効成分を取り出したものです。浸出油、チンキ剤などは手軽に作れて、昔から民間療法に利用されてきました。これらを目的に合わせて上手に使うことで、作るアロマクラフトに豊かな植物の香りと効果を加えることができます。
 一般的には、ハーブ薬を作るために使う基材は、お湯、アルコール、植物油などです。ハーブを植物油に漬け込んだものを浸出油(インフューズドオイル)といいます。ハーブに含まれている脂溶性の有効成分が植物油に溶け込むのが特徴です。マッサージや化粧用のほか食用(ハーブオイルとして)としても利用されています。
 
前回浸出油つくりに使用したハーブ  
 前回浸出油づくりに使用したハーブは、マリーゴールド(カレンデュラ)と、カモミール・ローマンとシナモンです。
 
アロマ手作り:ヘアオイル用のハーブの浸出油をつくる(1)。
 

2.使用する器具

 

  •  

  • 1.ビーカー 

  •   植物油を入れて量る時に使用しますので、目盛りがついていればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。

     

 

  •  

  • 2.攪拌(かくはん)用のガラス棒

  •  溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。

  •  

    3.その他

  •  保存便など

  •  ホームセンターなどで市販されている広口のびんがおすすめです。  

3.ヘアオイルの作り方

 浸出油を使ったヘアオイル

•材料(ヘアオイル 100ml) 

 
植物油
ハーブ(マリーゴールド*カレンデュラといわれるもの、ローマンカモミール、シナモン)を植物油(マカデミアナッツ油、セサミ油、アルガン油クリア)に浸して濾した油約70ml
*前回紹介
 
 精油
  レモングラス   8滴
       ゼラニウム      4滴 
 
容器 ビーカー かくはん棒  保存ビン
 

•作り方 

瓶の中身をガーゼを使用して濾します。
 
*植物油は粘性があるので濾紙などだとこしにくいので、がーぜなどを使うとよいです。
下に容器をおいてその上にガーゼを敷き、中身を通しました。おいしそうな香りも感じます。
 
ガーゼに残ったハーブを絞ります。
 
*最後にガーゼを絞り、約70mlになりました。カレンデュラ油とミツロウで作るカレンデュラ軟膏は、皮膚のトラブルなどに幅広く用いられるなどといわれています。今回作ったものもクリームなどに使うことができそうです。
 
精油を加えて撹拌棒でかきまぜます。
 
*今回使用したハーブにはローマンカモミールもあったので、精油は、甘い香りの続きでゼラニウムとさわやかにレモングラスを加えました。ゼラニウムは、穏やかな抗菌、抗真菌作用、肌に対するとても素晴らしい強壮作用、リラックス作用、レモングラスは強壮作用、血管拡張作用などとエッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著に記載されています。
 
 
④1保存容器に入れて、シャンプーの前に髪に塗り、しばらくそのままにしてからシャンプーをします。
 髪に塗り、タオルを温めて頭に巻いてシャワーキャップなどをかぶる方法もあるようです。
 精油を加えたところ、香りがさわやかな感じが加わり、引き締まったようです。
 

4.ヘアオイルを作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 例えば植物油50mlに対して希釈濃度を約1%にするにはどうしたらよいでしょうか。
 植物油50mlに対しての1%は
   50ml×0.01=0.5ml
   です。この算出した量を0.05ml(1滴)で割ると
   0.5ml ÷ 0.05ml =  10滴
 になります。
 
 作成量(基材量)      精油(1%)   精油(0.5%)
 
      10ml                                 2滴         1滴
  20ml                                 4滴         2滴
    30ml                                 6滴         3滴
      40ml                                 8滴         4滴
       50ml                               10滴         5滴
       80ml                               16滴         8滴
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
 
 今回の量70mlと1%濃度では14滴になります。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)使い方の注意点

 特別な防腐剤や保存料が入っていないため、保存期間は約1か月が目安です。劣化を避けるため、直射日光のあたらない涼しい場所に保管してください。
 

(4)オススメの使用方法

 
・シャンプー後のトリートメントとして
 
 ヘアオイルを適量手にとり、タオルドライ後の髪になじませてます。ベタつきがきになるなら、まず少量試してみましょう。
 
・毎朝のスタイリングに
 
 朝のスタイリングの仕上げに、ヘアオイルを少量手にとり、毛先から中間にかけてうすくなじませます。ナチュラルなツヤ感が出て、紫外線対策にもおすすめです。
 
・頭皮マッサージとして
 
 オイルを使った頭皮マッサージはとても簡単です。頭皮の血行がよくなり、育毛ケアに役立ちます。

5.その他オイル(植物油)を使ったアロマクラフトの記事

6.その他手作りコスメの記事

いろいろな手作りコスメ

最新の記事