アロマ手作り:ボディパウダーをつくる。

レモンに似た香りのユーカリ・シュタイゲリアナ精油をつかう。

 暑い夏も終わりでが、汗をかく夏には、ボディーパウダーが重宝します。以前にはベンゾイン精油やスペアミント精油などを使用しましたが、今回はレモンに似た香りのユーカリ・シュタイゲリアナ精油を紹介します。


  •  

 

目次

1.ボディパウダーについての基本的なことがら
 (1)ボディパウダーについて
 (2)ボディパウダーの使用方法と注意点
2.ボディパウダー作りに必要な材料
 (1)パウダー
 (2)精油
3.基本のボディパウダーの作り方
4.その他手作りコスメの記事

1.ボディパウダーついての基本的なことがら 


 

(1)ボディパウダーについて 

 ボディパウダーとは、肌のベタつきを抑え肌をサラサラにしてくれるボディメイクアイテムです。ベタつきを抑える以外にも、デオドラント効果や美肌効果、UVカットなど様々なメリットがあります。ボディパウダーは、料理の材料でもあり、湿気を吸う特性のあるコーンスターチをベースに作ります。
 お風呂あがりや外出時に、汗が気になる部分に使えばさっぱりした気分になります。密封容器に入れて携帯すればエチケットパウダーとしても活躍します。特に汗ばむ暑い夏の季節はオススメです。

 

(2)ボディパウダーの使用方法と注意点

 ボディパウダーを使うおすすめのタイミングは外出前、シャワーやお風呂のあと、就寝前です。外で肌をサラサラに保つために使うのか、寝る時にべたつかないようにするのかなど目的によって使う時間をずらしても使うと良いでしょう。
 
 まずは肌の水気を取りましょう。お風呂の後などで濡れている場合や、汗などでベタついている場合はティッシュなどで軽く抑えることで、パウダーの馴染みがよくなります。
 次にボデイパウダーを手のひらや化粧パフに適量とり出し、汗を抑えたい部分につけます。においが気になる場所(靴の中など)にふりかけることもできます。

2.ボディパウダー作りに必要な材料

 ボディパウダーは、ベースとなるパウダーに、香り付けに使用する精油や色付け用のドライハーブを加えて作ります。
 パウダーは料理用のコーンスターチをベースとします。精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。ドライハーブはハーブを乾燥したものです。染料としても使われています。
 また、これらの材料はすべて肌にいい様々な有効成分を含んでいます。どんな材料を使うかで、さらにその材料の効果も期待できます。
 

 
 

(1)パウダー

 パウダーは料理用のコーンスターチをベースとして、クレイやタルクなどをブレンドして使います。
 
 ・コーンスターチ
 とうもろこしからつくられるデンプンです。湿気を吸う特徴があります。タピオカパウダーや片栗粉でも代用できます。
 
・カオリン
 粘土の一種です。ミネラル成分を豊富に含みます。クレイの中でも肌への刺激が少ないカオリンがオススメです。コーンスターチに混ぜてサラサラ感を出します。
 

(2)精油(アロマオイル)

 美容オイル(スキンケアオイル)を作る目的や自分の好みにあわせて、精油(アロマオイル)を選びます。
  

 
1.精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
  
 
 

・今回使用する精油

  今回使用するユーカリ・シュタイゲリアナ精油です。コアラの食べ物として有名なユーカリは フトモモ科の植物で、約500種類ほどが知られています。 ユーカリ・シュタイゲリアナは、原産地がオーストラリアで、抽出が葉の水蒸気蒸留法、ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)精油と同じくレモンに似た香りをもつといわれています。一般的にユーカリとして使われているユーカリ・グロブロス精油とは違って、成分の1,8シネオールが多くないため、香りは、ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)精油よりも穏やかな感じがするように思います。
 入浴時にお風呂に入れたりもします。
 

3.基本のボディパウダーの作り方

 

━━━ユーカリ・シュタイゲリアナ精油をつかったボディーパウダー

 

 
 
ボデイーパウダー
 
材料 コーンスターチ     大さじ 1
   カオリン        大さじ 1
   精油          
           ユーカリ・シュタイゲリアナ精油
                                 (ミニスポイト0,025ml)1滴。
 
作り方
①     コーンスターチとカオリンをはかり、チャック付きビニール袋などに入れます。
 
*”コーンスターチは、トウモロコシから得られたデンプンで、感触の改善や肌への伸びを改良する目的でフェイスパウダーなどに使われている。カオリンは鉱物でパウダー基剤とする目的で各種メイク料にも使われている。”などと化粧品成分ガイドには記載されています。
 カオリンは、おなじみパック剤にも用いられています。
 
② 精油を加えて混ぜ合わせます。
 
*今回使用するユーカリ・シュタイゲリアナ精油は、原産地がオーストラリアで、抽出が葉の水蒸気蒸留法、ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)精油と同じくレモンに似た香りをもちます。ユーカリ・グロブロス精油とは違って成分の1,8シネオールは、あまり含まれていません。香りは、ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)精油よりも穏やかな感じがするように思います。 
 入浴時にお風呂に入れたりもできます。
 
③ 保存容器に入れてラベルに使用した材料、作製した日付などを記入します。
 
・使用後の感想
 レモンのような香りが穏やかで心地よく感じ、パウダーも私の肌になじんだように感じました。使用後は、さっぱりした感じにもなりました。来年の夏はまた違う香りや基材を試してみたいと思います。

4.その他手作りコスメの記事

いろいろな手作りコスメ

最新の記事