アロマで手作りする化粧水:入浴後の花の香りのボディーローションをつくる。

ネロリの芳香蒸留水、ジャスミン精油、ローズオットー精油をつかう。

 入浴後につける贅沢な花の香りのボディーローションがスザンナ・マリオット著スパイススパ百科に記載されていました。今回はこちらを参考にしたレシピの紹介です。

アロマ手作り:入浴後の花の香りのボディーローションを作る。


 
 目次
1.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)に使用する材料
(1)基材
(2)精油
2.アロマでスキンローション(化粧水)を作る時に必要な道具
3.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)の作り方
4.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)を作る上でのポイント
5.その他アロマで手作りする化粧水、乳液の記事
 

1.アロマで手作りする乳液に使用する材料

 

 

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。アロマオイル(精油)を希釈し、化粧水(ローション)のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。今回ローション作りに使用するのは、芳香蒸留水(水)と植物油(油)です。ただこのままでは水と油で混ざりません。そのため今回加えるのが、乳化ワックスです。乳化ワックスを使用することにより、芳香蒸留水と植物油が混ざり合ってマヨネーズ状(乳液状)になります。

1)植物油・バター
 植物油とは植物に含まれる脂質を抽出・精製した油脂・油で植物油脂とも呼ばれています。アロマテラピーや手作り化粧品の本などでは、キャリアオイル、ベースオイルなどとも記載されています。常温で液体のものを直物油、固体のものを植物性バターと呼んでいます。
 植物油やバターは、植物の種や胚芽、実に含まれる油分を取り出して作られます。近年は技術の発展によりさまざまな植物から油が作られるようになっています。肌を保湿する効果や、原料植物の持ついろいろな働きをもっています。
 市販されているものには食用と美容用がありますが、アロマグッズを作る場合は美容用のものを使用しましょう。
 
 今回はマッサージオイルとしてよく使用されているスイートアーモンド油と甘い香りのココアバターを使います。
 
①ココアバター
 ココアバターはチョコレートの原料のカカオ豆から抽出されるバターです。植物性の天然バターで、カカオの甘い香りと保湿効果の高さが特徴です。化粧品やヘアケア製品の原料として広く利用されています。
 ココアバターは手の熱で溶けて皮膚を柔らかく滑らかにする性質から、軟膏、さらにマッサージの潤滑剤としても利用が可能とキャリアオイル事典/レン・プライス、シャーリー・プライス、イアン・スミス著に記載されています
 
②.スイートアーモンド油
 スイートアーモンドの種子から採れるオイルです。アーモンドの木は中東原産で、現在は地中海沿岸の国々やカリフォルニアの恵まれた暖かい気候の中で栽培されています。この木は古代の木で、何千年もの間栽培されてきました。
 スイートアーモントオイルは、薄黄色でわずかに粘性が有り、非常にオイリーです。オレイン酸を80%も含む栄養価の高さとサラリとした使用感で、サロンなどで最も頻繁に使用されています。
 
2)ミツロウ
  「みつろう」とは、ミツバチが作り出す天然のロウのことで、ビーワックス、ビーズワックスとも呼ばれておりミツバチの巣の材料になっているものです。
 市販されている製品は「精製されたもの(精製)」と「未精製のもの(未精製)」に大きく分けられます。精製されたものは色や香りがあまりなくクセがないため、誰にでも使いやすいのが特徴です。それに対して未精製なものは、色や香りがありクリアに比べて粘性も強く、ミツロウ本来の栄養価が損なわれずに含まれています。
  今回は精製されたミツロウを使用します。
 
3)フローラルウォーター
 水蒸気蒸留法によって精油を製造する時、同時に得られる蒸留水です。植物の水溶性の芳香成分や、その他の微量の精油成分を含んでいます。
 手作りコスメやアロマテラピーの基材としてはもちろん、そのまま化粧水としても使用できます。
 ローズ、ラベンダー、オレンジフラワー、ローズマリー、カモミールなどの芳香蒸留水が一般に市販されていますが、今回はネロリを使用します。
  
4) パーム乳化ワックス
 パーム油由来のポリグリセリンとステアロイル乳酸ナトリウムをベースとする乳化剤です。クリームや乳液を作る際に使用します。
 クリームや乳液の材料となる水と油は本来お互いに混ざり合わない性質を持っています。 これらを混ぜ合わせる役目をするのが「乳液ワックス」です。 クリームの場合は全体量の5%を、乳液の場合は2から3%を目安にを加えましょう。

(2)アロマオイル(精油)

 化粧水(スキンローション)を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1)精油とは
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油のブレンド
  今回使用する精油は カモミール・ローマンオレンジ・スイートです。
 アロマテラピー図鑑・監修佐々木薫には、ローマンカモミールは、乾燥肌、スイートオレンジは、疲れた肌を生き生きと元気に蘇らせると記載されています。

①.ジャスミン
  ムスク(じゃこう)似たエキゾチックで甘美な香りをもち「香りの王」とよばれるのにふさわしい精油です。インドやアラビアでは古くから媚薬として用いられており、クレオパトラが愛した香りとしても知られています。
 

②.ローズオットー
 ローズ・オットーはダマスクローズの花から水蒸気蒸留法によって抽出される、大変貴重で高価な精油です。ブルガリアのバラの谷で生産させるブルガリアローズは特に有名です。その高貴な甘い香りは、ストレスや緊張を和らげてくれ、また肌のアンチエイジング効果が知られています。

2.使用する道具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
②.攪拌(かくはん)用のガラス棒、ミニ泡立て器
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。料理用のミニ泡立て器もあれば便利です。
  
③.計量スプーン
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
④.容器
 作る分量が入る容器を用意します。ガラス製ですと、煮沸消毒ができますので繰り返し使用できます。遮光瓶タイプならより長期に保存が可能です。また、ボトルに香りが残りにくい利点があります。樹脂製の容器は持ち運びするときには便利で値段もガラスより安く上がります。お好みのものをそろえてみてください。
 
⑤.熱源
 電子レンジやその他の熱源など、材料を温めるために使用します。
 

3.アロマで手作りする化粧水(スキンローション)の作り方


ボディローション

 
材料

 芳香蒸留水(ネロリ)     小さじ3 1/2
 ミツロウ              2g
 パーム乳化ワックス         3g
   ココアバター              5g
   植物油
     スイートアーモンド油    大さじ 1 1/2
 精油         
      ジャスミン          1
      ローズオットー        1滴
 
 器具
  ビーカー2個(50ml.30ml)、攪拌棒、計量スプーン、ミニ泡立て器、湯煎なべ、熱源、
  容器(*ガラスの瓶が使いやすい)、ラベル
 
*参考のレシピには乳化ワクッスが入っていませんでしたが、ネロリウォーターを混ぜるには細かい技術がいるようなので、簡単に混ぜる事が出来るパーム油由来の乳化ワックスをすこし加えます。脂溶性、水溶性どちらにも親和性があります。
   

作り方

① aみつろう、乳化ワックス、ココアバター、スイートアーモンド油を容器にいれます。bネロリの芳香蒸留水は別の容器にいれます。a、bとも一緒に鍋に湯を沸かし湯煎にかけてみつろうと乳化ワックスを完全に溶かします。
 
② 湯煎からおろしてaをかき混ぜながらbを少しずついれていきます。15分かき混ぜます。
 
*ミニ泡立器でかき混ぜながらネロリウォーターを少しずつ入れていきます。
 
③ ローズオットー精油、ジャスミン精油を加えて混ぜます。
 
*どちらもの精油も華やな香りの精油の代表です。気分などを鎮静させたり高揚させたりする精油です。
 
④出来上がりです。容器にいれてふたをします。
 

使用後の感想

 今回、ネロリの芳香蒸留水、ローズオットー精油、ジャスミン精油を一緒につかいましたが、思ったより濃厚な香りではありませんでした。入浴後に使用していますが、それぞれの花の香りが感じられて贅沢な気分になります。ココアバターもしっとりと肌になじみます。参考のレシピではさらにバニラエッセンスをつかうとも記載されていました。今回は残念ながらバニラエッセンスは加えませんでしたが、また違った香りになることでしょう。

4.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 例えば植物油50mlに対して希釈濃度を約1%にするにはどうしたらよいでしょうか。
 植物油50mlに対しての1%は
   50ml×0.01=0.5ml
   です。この算出した量を0.05ml(1滴)で割ると
   0.5ml ÷ 0.05ml =  10滴
 になります。
 
 作成量(基材量)      精油(1%)   精油(0.5%)
 
      10ml                                 2滴         1滴
  20mll                                4滴          2滴  
  30ml                                 6滴          3滴
  40ml                                 8滴          4滴
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する敵数
 約20mlのローションで濃度0.5%として合計で2滴(ジャスミン1滴、ローズオットー1滴)使用しています。
 
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)使用方法と保存方法

 高温多湿を避け冷暗所(冷蔵庫)に保管し、なるべく早めに使い切りましょう。
 
 保存期間の目安(日本アロマ環境協会アロマテラピー検定テキスト1級より)
 ・水が含まれるものはおよそ1〜2週間
 ・植物油などが中心のオイルやクリームは1ヶ月程度

5.その他アロマで手作りする化粧水、乳液の記事

 

化粧水を(スキンローション)

基本の化粧水(スキンローション)の作り方です。

 
 

ミルクローション

植物油とパーム乳化ワックスを使用したミルクロージョンの作り方です。