アロマ手作り:冬のスキンローションを作る!

ローマンカモミール精油、スイートオレンジ精油をつかう。

 冬は肌の乾燥が気になる季節です。今回は洗顔後などにつかうシンプルなスキンローションのレシピを紹介します。

アロマ手作り:バターを使った乳液


 
 目次
1.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)に使用する材料
(1)基材
(2)精油
2.アロマでスキンローション(化粧水)を作る時に必要な道具
3.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)の作り方
4.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)を作る上でのポイント
5.その他アロマで手作りする化粧水、乳液の記事
 

1.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)に使用する材料

 

 

 (1)基材

 精油(アロマオイル)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。アロマオイル(精油)を希釈し、化粧水のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。今回はエタノール(エチルアルコール)とグリセリンと精製水を使用します。
 
○ エタノール(エチルアルコール)
親油性(脂溶性)の精油と水と混ぜる目的で使用します。
精油は水にほとんど解けませんが、エタノールにはよく溶けます。エタノールは薬局で購入できます。アルコールの純度の違いにより、無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの3種類がありますが、エタノールを利用すると良いでしょう。
  
○ グリセリン
油脂のグリセリドからとれる無色透明の液体です。皮膚を柔らかくする作用などがあるといわれています。水やアルコールによく溶け、食品の添加剤や化粧品の保湿剤として使われています。
   
○ 精製水
不純物が極めて少ない純度の高い水として薬局で売られています。一般の水道水に含まれている塩素系の消毒剤が含まれていないので、医療や美容の目的に利用されています。
 日常で精製水を使用する場合は使用期限に注意することが必要です。直射日光のあたらない冷暗所(冷蔵庫)などに保管し、使用期限内でも開封後はすみやかに使用しましょう。

(2)アロマオイル(精油)

 化粧水(スキンローション)を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1).精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
2)今回使用する精油のブレンド
  今回使用する精油は カモミール・ローマンオレンジ・スイートです。
 アロマテラピー図鑑・監修佐々木薫には、ローマンカモミールは、乾燥肌、スイートオレンジは、疲れた肌を生き生きと元気に蘇らせると記載されています。

①.カモミール・ローマン
  青リンゴを思わせる甘酸っぱい香りの精油です。カモミール・ジャーマンより、香りにさわやかな強さがあるのが特徴です。鎮静効果や消炎作用をもつエステル類を主成分としていて、落ち込んでいる時などの気分転換におすすめです。
 

②.オレンジ・スイート
 スイートオレンジの果皮から採れる精油です。甘い暖かい柑橘系の香りで、お子様からお年寄りまで万人に好まれる香りです。お部屋のリフレッシュからお休み前のリラックスまでいろいろな場面で使用できます。今回は香りにさわやかさを加えるためブレンドしました。

2.アロマでスキンローション(化粧水)を作る時に使用する道具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
 
 
②.攪拌(かくはん)用のガラス棒
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。
 
③.容器
 作る分量が入る容器を用意します。ガラス製ですと、煮沸消毒ができますので繰り返し使用できます。遮光瓶タイプならより長期に保存が可能です。また、ボトルに香りが残りにくい利点があります。樹脂製の容器は持ち運びするときには便利で値段もガラスより安く上がります。お好みのものをそろえてみてください。
 
 

3.アロマで手作りする化粧水(スキンローション)の作り方


スキンローション(洗顔用 50ml容器用)

 
材料

 精製水            40ml
 グリセリン            3ml
   エタノール            3ml
 精油         
      ローマン・カモモール     3
      オレンジ・スイート精油    2滴
 
 器具
  ビーカー(50ml)、攪拌棒、
  容器(*ガラスのポンプ瓶が使いやすい)、ラベル
  
 

作り方

① エタノールをビーカーに入れます。
 
② ローマンカモミール精油、スイートオレンジ精油を加えて撹拌棒でかき混ぜます。
 
③ グリセリン、精製水を加えて撹拌棒でよくかき混ぜます。
 
 保存容器に入れ、作成日などを書いたシールを貼り、使用時は、保存容器をよく降って使います。
 
※化粧水は顔に使用するので加える量は最大で0.5%(ドロッパーで5滴)としています。    

4.アロマで手作りするスキンローション(化粧水)を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 例えば植物油50mlに対して希釈濃度を約1%にするにはどうしたらよいでしょうか。
 植物油50mlに対しての1%は
   50ml×0.01=0.5ml
   です。この算出した量を0.05ml(1滴)で割ると
   0.5ml ÷ 0.05ml =  10滴
 になります。
 
 作成量(基材量)      精油(1%)   精油(0.5%)
 
      10ml                                 2滴         1滴
  20mll                                4滴          2滴  
  30ml                                 6滴          3滴
  40ml                                 8滴           4滴 
      50ml                         10滴        5 
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する敵数
 約50mlのスキンローションで顔に使用するので濃度0.5%として合計で5滴(カモミール・ローマン3滴、オレンジ・スイート2滴)使用しています。
 
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)使用方法と保存方法

 高温多湿を避け冷暗所(冷蔵庫)に保管し、なるべく早めに使い切りましょう。
 
 保存期間の目安(日本アロマ環境協会アロマテラピー検定テキスト1級より)
 ・水が含まれるものはおよそ1〜2週間
 ・植物油などが中心のオイルやクリームは1ヶ月程度
 
 
 

5.その他アロマで手作りする化粧水、乳液の記事

 

化粧水を(スキンローション)

基本の化粧水(スキンローション)の作り方です。

 
 

ミルクローション

植物油とパーム乳化ワックスを使用したミルクロージョンの作り方です。

いろいろな化粧水

最新の記事