仙台ハーブアロマ.com(定禅寺ハーブギャラリー)について

 社会の成熟化や高齢化社会の進展とともに、健康で質の高いライフスタイルがもとめられるようになり、ハーブやアロマテラピーへの関心も高まっています。知識の習得や資格取得などを考えている人も多いでしょう。ハーブやアロマテラピーをうまく利用すれば、健康の維持・増進、生活の質の向上につながります。
 
 しかし、多くの人は、せっかく学んだハーブやアロマテラピーの知識をうまく利用することなく忘れてしまいます。期待していたほど効果の実感がない、楽しくない、面倒だなど理由はさまざまですが、非常にもったいないことです。
  どんな有用な知識でも、実生活のなかで実践していかなければ意味がありません。まずまず体験してみて、生活の中に取り入れていくことが重要です。
 
  当サイト”定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)”では ”ハーブ・アロマ手作り”をテーマに、ハーブやアロマテラピーを入浴剤などアロマクラフトとして日常生活にシンプルに楽しく使うための情報を提供しています。
 毎日の生活の中で触れることにより、自然や植物がもつパワーが実感でき、ハーブやアロマテラピーに対する関心がさらに高まってくれればうれしいです。   

手作りクラフトの始め方

 
手作りクリーム

初心者のための手作りアロマクラフト講座(要約編)

 
最近、ハーブやて天然を利用し、自然の力を生活に取り入れてより健康に楽しく生活したいと思う方が増えています。しかし、ハーブを育てたり、乾燥したりするのは時間もかかるし面倒だと思われる方も多いでしょう。そういう方におすすめなのが手作りのアロマクラフトです。精油と天然の素材を使って簡単に植物の香りの力をご自分の生活の中に取り入れることができます。
 この講座では初心者の方向けに8回にわたってその方法を解説します。今回はその概要版です。
 

いろいろな手作りクラフト

ハーブ・アロマで作るおすすめのクラフト:入浴剤

 

ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方と64のレシピ!

 我々日本人は世界一のお風呂好きの国民として知られています。忙しい毎日、心配事が色々あっても、身にまとったものすっかり脱いで、ゆっくりお風呂に入れば全ての事が吹き飛びます。最近では、入浴が日本人の健康の底上げに一役買っているとする研究結果も報告されています。
 入浴時に、魅惑的な香りや、様々な効能を持った入浴剤を使えば、さらに心身への効果がたかまります。ここでは植物(ハーブ)や植物の香り(アロマ)がもつ自然のパワーを利用した、手作りで安心の入浴剤について解説します。簡単にできる64のレシピも紹介します。
 

最近の記事

入浴剤をつくる:レモンとマンゴーの発泡する入浴剤。

アロマ手作り:目の疲れにローズウォーターの湿布。

入浴剤をつくる:クラリセージのミルク風呂。

ハーブで手作りする入浴剤:フレッシュラベンダーの入浴剤をつくる。

虫除けスプレー。コウヤマキスプレーを使う。

入浴剤をつくる:ラベンダーのバスソルト。

入浴剤をつくる:ブルーベリーのお風呂。

すっきりするジュニパーベリーの石けんをつくる。

入浴剤をつくる:ミントとレモンのお風呂。

入浴剤をつくる:疲労回復バジルのバスソルト。

おすすめの書籍:入浴の事典

アロマ手作り:ローズマリーのヘアオイル。

アロマテラピーを学ぶ!

 アロマ検定に挑戦する。

 

  •   

・アロマ検定とは?

 アロマ検定とは、アロマテラピー関連の団体としては、日本では最大の会員数を持つ公益社団法人アロマ環境協会が実施しているアロマテラピーの基礎知識に関する検定です。
 アロマテラピー検定で基礎知識を習得することにより、さまざまな場面で植物の香りを役立てられるようになります。また、さらに学びを深めることで、アロマテラピーのプロフェッショナルを目指すこともできます。
 

オススメの通信講座

定禅寺ハーブギャラリーよりのお知らせ

 
平成27年12月1日より、移転に伴い、店舗での商品販売、スクールの運営は終了させていただいでおります。出張講座によるスクールの運営は、引き続き行っております。詳しくは電話、E-メール等でお問い合わせください。
 
Tel/Fax:022-797-8084
E-mile:nonohana@sendai-herbaroma.com