定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

ハーブを学ぶ!

ハーブとは何でしょう?

あなたはいくつ答えられますか?

あなたは”ハーブ”という言葉を聞いて、何を思い浮かべますか?ラベンダーの甘い香り?料理に使うバジルや様々なスパイス?
そもそも”ハーブ”とは何でしょう?ちょっと質問に答えてみましょう? 


 

1.ハーブを日本語に訳すと?

a.香草 b.薬草 c.植物

2.ハーブはどれ?

a ラベンダー  b. ゴボウ c.タンポポ d .シナモン

3ハーブの種類はどのくらいあるのか?

a .100種類   b .1000種類 c. 3000種類

4. ハーブはいつごろから使われてきたのか?

a.5000年前  b.1000年前  c.100年前

5.ハーブという言葉が日本で使われるようになったのはいつか?

a. 300年前  b.100年前  c.40年前 
 

ハーブについて

(色々なハーブの側面を学ぼう)

 
━━━ハーブの基礎知識
 (ハーブの基本について学ぶ)
  

 

  •  ハーブ(Herb)の語源は、ラテン語で草を意味するHerba(ヘルバ)に由来しています。日本語に訳せば、「薬用植物、薬草、香草」などとなります。より一般的に言えば、「ヒトの暮らしに役立つ、特に健康維持に役立つ特性を持つ植物の総称」ということになるでしょう。

     

 
━━━アロマテラピー
 
(ハーブの香りの力を利用する)
 

  • ハーブの持つ香りの力を我々の健康の維持や生活の質の向上に役立てる方法がアロマテラピーです。アロマテラピーはハーブの香りの成分を濃縮した精油を使用します。

 

  •  
 
━━━スーパーフード
 
(食材としてのハーブ)
 
 
 
  • ハーブには様々な栄養成分が含まれており、古来より様々な料理で使われてきました。中国の”薬膳”は”医薬同源(食べること体を癒すことは同じこと。)”の考えに立って作られる料理です。

  •  スーパーフードとは、簡単にいうと、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品のことです。ヘルシー志向で食に対する意識の高いハリウッドセレブたちに注目されたことより急速に広まり、日本でも最近では一般の人々に認知されるようになっています。  

 
 
 
 
 
 

ハーブを学ぶ

オススメの書籍

ハーブスパイス館

ハーブ大全