ハーブ・アロマ手作り:ポプリをつくる。春の花のポプリをつくる。

  ポプリとは、花・果皮・ハーブ・スパイス・木・コケ・精油(アロマオイル)などを混ぜ合わせ熟成させたので、部屋を香らせるために用いる室内香の1種です。私たちの季節の部屋や庭をいろどる草花も重要な素材です。今回は春にガーデンをいろど花のポプリを紹介します。
  

  

 目次

1.ハーブ・アロマで手作りするポプリついて
2.ハーブ・アロマでポプリを作るときに必要な道具
3.ハーブ・アロマで手作りするポプリに必要な素材
4.ハーブ・アロマで手作りするポプリの作り方
5.ハーブ・アロマで手作りするポプリに関連する記事
 

1.ハーブ・アロマで手作りするポプリについて

 (1)そもそもポプリとは?

 ポプリとは、花・果皮・ハーブ・スパイス・木・コケ・精油(アロマオイル)などを混ぜ合わせ熟成させたので、部屋を香らせるために用いる室内香の1種です。好みに合わせて材料を選び、香りの強弱も加減してオリジナルの香りを楽しむことができます。想い出の花、記念の花などを加えればより楽しみも深まります。
 
 

(2)ポプリの歴史

 ポプリの語源は、フランス語で「ごった煮料理」を意味したpot pourri(直訳=「腐った鍋」)で、多様な材料を混ぜてつぼに入れて作ったことに由来するとされています。
 ポプリが文献に登場するのは16世紀以降のことで当時は、乾燥した花や葉をパウダー状にしたいわゆる『百花香』=Pot-pourriのような、、ある種のすりつぶした芳香樹皮や根粉末と花びらを混ぜたもののようです。
 しかし、そのはるか以前から、世界各地てポプリ的なものが作られてきました。ポプリのルーツをたどると、古代エジプトや古代ギリシアにまでさかのぼります。香料の歴史、そして文化そのものろ歴史がポプリの歴史といってもよいでしょう。
 

(3)ポプリの種類

 ポプリには
  材料を全て乾燥させて作る ドライ・ポプリ
  生かわきの花に粗塩をたっぷり加える モイスト・ポプリ
  油脂を混ぜた フレンチ・オリジナル・ポプリ
 の3つのタイプがあります。

 

(4)ポプリの仲間

 ポプリのような室内香にはいろいろなものがあります。
 サシェは匂いぶくろのことで、ポプリやハーブを布袋に詰めたものです。
 スリープ・ピローは、眠りを誘う香りのミックスを入れて、枕辺に置きます。
 ポマンダーは陶製の丸い器に主としてポプリを入れたものです。
 その他、レターセット、アクセサリーなどさまざまなものがポプリと組み合わせることができます。

2.ハーブ・アロマでポプリを作るときに必要な道具

 

 
・浅い紙箱やお盆、ザルなど 
  材料を乾かすときに使います。
 
・大小の密封瓶
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
・小皿、ボール、小鉢など
 そろえた花や葉、スパイスなどの材料を取りわけたり混ぜたりします。
 
・計量カップ、
 200ccの計量カップ、15cc(大さじ)、5cc(小さじ)の計量スプーンなどがあると便利です。
 
・乳鉢
 スパイスや樹脂などを砕くのに使います。大きさは直径10cm〜20cmのものがよいでしょう。
 
・白熱灯ライト、オーブンなど
 材料を仕上げ、乾燥するときに使います。
 
・その他
 スポイト、木のスプーン、ハサミ、瓶にはるラベル、スパイスミルなど。

3.ハーブ・アロマで手作りするポプリに必要な素材

  美しくかぐわしい花やハーブを乾かし、珍しいスパイスを集め素材とします。
 


  •  

(1)基本の材料

・花
 花は、乾いたあともよく匂いがして、花の色も残るものがポプリに適しています。代表的な花には、バラ、ジャスミン、キンモクセイ、キク、フジバカマ、ニホンスイセン、ウメなどがあります。
 香りがほとんどない花や乾燥後に香りが消える花は、色や形が美しいものは色取りに使います。例えば、ヤグルマソウヤデルフィニュウム、ランなどです。
 
・葉
 クスノキ、パチュリ、モミ、スギ、ユーカリなど好みの葉を色取りに使います。
 
・ハーブ
 ラベンダー、ミント、カモマイルなど多くのハーブがポプリに使用できます。花つきのものもポプリに色どりをそえます。
 
・スパイス
 ポプリの香りに深みをそえ、保留剤の役目をします。原型に近いもの(ホール)を購入して砕いて使います。クローブ、シナモン、オールスパイスなどがよく使われます。
 
・保留剤
 香りを統合し、長持ちさせる役割をします。よく使われるもにのには
  オレンジ、リンゴ、レモンなどの皮 
  ビャクダンなどの木片
  オリスルートなどの根 
  粗塩、黒砂糖
 などがあります。
 
・精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。少しでも香りが強いので注意しましょう。
 
・飾りの素材
 貝殻、小石、木の実など、いろいろな自然の素材を集めて楽しみましょう。
 

(2)今回使用する材料

 リンゴの甘くフレッシュな香りを引き立ててくれるブレンドです。
 
①春の花
 乾燥させたチューリップ、桃の花、菜の花、スイートピーなど、春をイメージする花ならなんでもよいです。香りがあればなおいです。
 自宅で栽培しているものがあればベストですが、今回は花屋さんから購入しています。
 
②スパイス他  
○オールスパイス

 オールスパイスの名は、ナツメグ、クローブ、シナモンの3つのスパイスの風味を併せもっていることに由来しています。日本では「百味胡椒(ひゃくみこしょう)」とも呼ばれています。
 
③保留剤
○トンカビーンズ

 熊井明子著愛のポプリには、トンカ・ビーンズは南米ギアナ、ベネズエラ、ブラジルに自生する木の黒かっ色の大きめのナッツ、種子で、ポプリやサシェには香りを添え保留剤の役割を果たし、桜餅の匂いに似ていると言った人もいたなどと記載されています。
 
 
○乾燥させたオレンジ・レモンの皮(オレンジピール・レモンピール)
 今回使用したオレンジ・レモンの皮も保留剤としての効果が期待できます。
 
④精油
 香りをひきしめ爽やかさを加えるために、ミモザ精油、タンジェリン精油とレモンマートル精油を加えました。
 ミモザ精油は花を溶剤抽出した精油で甘い香りです。タンジェリン精油は柑橘系の皮から抽されます。レモンマートル精油は葉、枝から抽出、レモンのような香りです。
 
ミモザ
 

 オーストラリアなど南半球原産のミモザアカシアの花から採れる精油です。濃厚でやわらかなフローラル系の香りが特徴です。
 
タンジェリン

 タンジェリンは植物分類学的にはマンダリンと同じ分類の植物で、香りも働きもよく似ていますが、若干穏やかなのが特徴です。
 
レモンマートル 
 

  オーストラリア原産のレモンマートルの枝葉から抽出される精油です。古くからオーストラリアの先住民が薬草としてたハーブです。レモンに似たすっきりした香りが特徴です。
 

4.ハーブ・アロマで手作りするポプリの作りかた

  ━━━ 春の花のポプリ(ドライポプリ)
 

 

材料    

ドライハーブ  
 乾燥させたチューリップ、桃の花、菜の花、スイートピーなど合わせて カップ1/2
 乾燥させたオレンジ、レモンの皮、オールスパイスあわせて 小さじ1
保留剤  
  トンカ・ビーンズ小さじ1/2
精油
 ミモザ      1滴
 タンジェリン   1滴
 レモンマートル      1滴
  
密封できるビン
 

作り方 

① 花びらを完全に乾燥させます。乾燥させたオレンジやレモンの皮がないときは一緒に乾燥させます。
 
*花びらはガクからはずします。菜の花は葉もつかいました。スイートピーは少し華やいだ香りがしました。
 
② 白熱灯ランプを当てて仕上げます。
 
*5日後パリパリに乾いた花びらなどに白熱灯ランプを当てて仕上げました。
 
③ オールスパイスを乳鉢にいれて砕きます。
 
④ トンカ・ビーンズをはさみで切ります。
 
⑤トンカ・ビーンズにミモザ精油、タンジェリン精油、レモンマートル精油をおとしまぜます。
 
*ミモザ精油は花を溶剤抽出した精油で甘い香りです。タンジェリン精油は柑橘系の皮から抽出。レモンマートル精油は葉、枝から抽出、レモンのような香りです。
 
⑥容器に乾燥させた花びら、オレンジの皮、レモンの皮、オールスパイス、精油をおとして混ぜたトンカ・ビーンズなどを入れて全体を混ぜ合わせます。
 
*市販されているポプリは強い香りを出すために合成のポプリオイルを使用するのが一般的ですが、今回はつかわないでアロマテラピーなどでもでつかう精油ををつかいました。すべて混ぜ合わせるとレモンの香りがして、甘い香りはほんのりとします。早春の花の独特の香りも感じられます。
 
出来上がりです。
2週間〜6週間容器をゆすってなじませます。この後の香りが楽しみです。
 

5..ハーブ・アロマで手作りするポプリに関連する記事