定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

HOME | ハーブを学ぶ | アロマテラピーについて | アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史

 

  •  アロマテラピーという言葉、概念は20世紀になって作られた比較的新しいものですが、ハーブや芳香植物、精油を用いることは、それよりずっと以前から行われてきたことであり、アロマテラピーの歴史はその大部分を医学や薬学と歩みをともにしてきました。

    いってみれば、アロマテラピーを学ぶことは、古典医学のみならず、哲学や、思想、自然感といった人類の財産に触れることであり、その歴史を学ぶことは”アロマテラピーの魅力”に触れるためには非常に重要なことです。

     下記に、植物、植物の香り(アロマテラピー)と人間の関係についての重要な事柄を列記しています。

 
━━━ 先史時代~古代にみるアロマテラピーの源流
 

  • *ネアンデルタール人の埋葬に花

     

    古代エジプト

    *ミイラ作りに乳香(フランキンセンス)や没薬(ミルラ)が使われる。

    *神殿で薫香が行われ、浸剤が作られる。

     

    古代インド

    *「リグ•ヴェーダ」にアーユルヴェーダの記述

     

    旧約聖書

    *シバの女王が、ソロモン王に乳香や白檀などを送る。

     

    古代ギリシア

    *ヒポクラテス(医学の父)の「ヒポクラテス全集」

    *テオフラトス(植物学の祖)の「植物志」

    *アレキサンダー大王、東方遠征。ヘレニズム文化が生まれる。

     

    キリスト誕生から5世紀頃まで

    新約聖書

    *イエス•キリスト誕生、東方の三賢人(博士)が黄金、乳香、没薬を捧げる。

    *イエス•キリストを葬る際、ナルドの香油(浸剤)をイエスの身体に塗る

     

    古代ローマ(1~2)世紀

    *プリニウス、「博物誌」を著す。

    *皇帝ネロ、バラの香りを好む。

    *ローマの公衆浴場で市民が香りを楽しむ。

    *デイオスコリデス、「薬物志(マテリア•メデイカ)」を著す。

    *ガレノスがコールドクリームを作る。

     

    古代中国(2~5世紀)

    *2~3世紀に最古の本草書、「神農本草経」がまとめられる。

 
━━━中世から近世への香料・植物療法の発達
   

  •  中世のヨーロッパ、アラビア

    * イブン•シーナ、芳香蒸留水を作り、「医学典範」を著す。

    *薬草中心の僧院医学が行われる。

    *南部イタリアのサレルノに医科大学が創設される。「サレルノ養生訓」

    *十字軍の遠征と東西文化の交流。アラビア医学がヨーロッパへ伝わる。

     

    大航海時代から近世産業革命へ

    *大航海時代の幕開けと香辛料貿易

    *16世紀のハーバリストの活躍

    *ケルンの水と香水の始まり。

    *17世紀の貴族達の香水の使用と、香料産業の発展

    *19世紀の近代的な化学工業の始まりと合成香料

 
━━━アロマテラピーの登場と普及
    

  • *アロマテラピーの命名。 ルネ•モーリス•ガットフォセ 1937年「Aromatherapie」著

    *イタリアでのアロマテラピーの学術的研究:ジョバンニ•ガッテイー、レラート•カヨラ

    *フランスの軍医ジャン•バルネの実践。1964年「AROMATHERAPIE」著

    *1961年、マルグリット•モーリーが「Le capital 'Jeunesse'」(最も大切なもの•••若さ)を著す。ホリステイック•アロマテラピーの始まり。

    *シャーリー•プライス、ロバート•デイスランドなどによるイギリスにおけるアロマテラピーの多彩な展開と大衆化。

    *日本でのアロマテラピーの紹介。