定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

ロータス

ロータス精油のプロフィール(アロマテラピー図鑑 佐々木薫監修 他より)

 
 
原料植物名:ロータス
英名:Lotus

学名; Nelumbo nucifera/Nymphaea Lotus

科名;ハス科
産地;インド
抽出部位;花
精油製造法;溶剤抽出法
成分の一例:テトラデカノール、テトラデカノール1、テルピネン-オール-4
 
 ハスは、インド原産のハス科の多年性水生植物です。地中の地下茎から茎を伸ばし水面に葉を出し、 7~8月に白またはピンク色の花を咲かせます。地下茎はレンコン(蓮根)として食用にされています。 仏教では「聖なる花」であり、ヒンズー教でもピンク・ロータスは、富と繁栄の女神クラシュミーの象徴として、神様に捧げる花とされています。

香りのイメージ(参考)

:甘く深みのある上品な蓮の花の香り。(*生活の木カタログより)
 
:上品な甘さが印象的なさわやかな香り。(*アロマテラピー図鑑 より)
 

色(参考)

 濃い茶色

このような時にオススメ!

フレグランスに!
 
 東洋の奥ゆかしさを秘めた水辺の花のさわやかな香りです。 濃厚な香りがするため、そのままでは好き嫌いが分かれかもしれませんが、希釈して使用すると、ほのかな香りとなりとても心が安らぎます。

オススメの精油

・ロータスAbs.1ml(生活の木)
https://amzn.to/2FOCB0f