定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

植物油のプロフィール

アルニカオイル

アルニカオイルのプロフィール(アロマテラピーのベースオイル:ルート・フォン・ブランシュヴァイク著 他より)

 

フリー百科事典ウイキペデイア より

 
原料植物名:アルニカ
学名:Arnika montana
科名: キク科
産地の例:フランス
抽出部位:花
抽出方法:浸出法
成分の一例:
 
 フランスの高原にアルニカの花をおもにヒマワリ油などで浸出したオイル。アルニカは高山地帯に生息するキク科の植物で、葉が柔らかく黄色い花をつけます。日本の高山に自生するウサギギクの近縁種です。ヨーロッパでは打ち身や捻挫の薬草とされ、肩・腰・関節や運動後のマッサージに利用されています。

香りのイメージ(参考)

:アルニカの花独特の香り。
 

色(参考)

:黄色

このような時にオススメ!

・肌荒れに!
 
 香りが強いので、ほかのオイルと混ぜての使用がオススメです。

オススメの植物油

・有機アルニカオイル (浸出油)25ml(生活の木)
https://amzn.to/33mGy6G
 
 

アルニカオイルを使用したレシピ

 

 

アルニカオイルとカレンデュラオイルをブレンドする。サンダルウッド・オーストラリア精油、プチグレン精油をつかう。

 

アルニカオイルとカレンデュラオイをブレンドしてみました。