定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

カボス

カボス精油のプロフィール (アロマテラピー図鑑 佐々木薫監修 他より)

 
 
 
植物名:カボス
英名:Kabosu
学名:Citrus sphaerocarpa
科名:ミカン科
産地の例:日本
抽出部位:果皮
抽出方法:圧搾法
成分の一例:β-ピネン、α-リモネン、γ-テルピネン、オシメン、ゲラニオール、テカノール、β-ファルネセン、β- カリオフィレン、酢酸ゲラニル
 
 カボスはミカン科の常緑広葉樹で、ユズの近縁種です。果実は緑色のうちに収穫されますが、熟すと黄色くなります。果肉は黄白色で、多汁であり酸味が強く、果汁を搾って食用とすします。日本の大分県の特産品で、生産量の約90 %が大分産です。
 精油は、カボスの皮を圧搾して得られます。果皮や皮が料理に使われるため、日本人にはおなじみのさわやかな香りです。

香りのイメージ(参考)

:料理に使われる果汁・果皮と同様のさわやかな香り。(*アロマテラピー図鑑 より) 
 

色(参考)

:濃いオレンジ〜茶色

このような時にオススメ!

ルームスプレーやオーデコロンに!
 
柑橘類特有のすっきりした香りは、心をリフレッシュさせてくれます。さわやかな香りを楽しむルームスプレーやオーデコロンなどにおすすめです。

精油を購入できるサイト

https://www.inscent.co.jp/SHOP/E000593.html