定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

ヤロウ

ヤロウ精油のプロフィール(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 他より)

 
 
 
原料植物名:ヤロー
英名:Yarrow
学名; Achillea millefolium
科名; キク科
種類: 多年草
産地;ハンガリー ほか
抽出部位;全草
精油製造法;水蒸気蒸留法
成分の一例:カマズレン、ピネン、サピネン、カンファー、アルテミシアケトン、テルピネン-4-オール、1.8シネオール 他
 
 ヤロウ (Achillea millefolium) はヨーロッパ原産のキク科ノコギリソウ属の多年草の1種です。日本ではセイヨウノコギロソウ とも呼ばれています。イギリスをはじめ、ヨーロッパ各地の空地、道端などに自生しているのがよく見かけられます。「兵士の傷薬」という古い呼び名があり、止血、傷口を固める効能があることで、昔から知られています。精油は、ジャーマンカモミールと同じようにカマズレンの含有量が多く、青い色をしています。

香りのイメージ(参考)

:カモマイルに似た香り(生活の木カタログより)
 
:ドライで、薬草のような、けれど甘くない香りで、多少ツヨンの匂い
 (*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 より)
 
:強くやや腐敗した香りで、カモミールを思い出させる。
 (*アロマ療法大全より)
 

色(参考)

:薄黄色~鮮やかなブルー
 (*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 より)
 

このような時にオススメ!

・アロマクリームにブレンドして!
 
 アズレンブルーと呼ばれる美しい青色が特徴の精油です。ヤロウはヨーロッパ原産の多年草で、古くから傷の特効薬として利用されてきたハーブです。手作りのアロマクリームにブレンドしてみましょう。

オススメの精油

・ヤロウ・ブルー(生活の木)
https://onlineshop.treeoflife.co.jp/ec/pro/disp/1/084502060

ヤロウ(ヤロウ・ブルー)精油を使用したレシピ

 

 

バターをつかった乳液をつくる。ココアバター、マカデミアナッツ油、ブルーヤロウ精油、オレンジ・スイート精油、ラベンダー精油をつかう。

 

 今回はココアバターとブルーヤロー精油をつかって乳液を作ります。