定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

ニアウリ

ニアウリ精油のプロフィール(アロマ療法大全:モニカヴェルナー著ほかより

 
 
 
原料」植物名:ニアウリ
英名:Niaouli
学名: Meraleuca guinquenervia(真性ニアウリ)
科名:フトモモ科
種類:高木
産地の例:マダガスカル、ニューカレドニア
抽出部位:葉と枝
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:モノテルペン、セスキテルペン類
 
 ニアウリは標高が18m程度に達するオーストラリア原産のフトモモ科メラルーカ属の常緑高木です。エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375の記載によれば、”この種には生理学状の形態が2つ存在しており、それぞれ真性ニアウリ(Meraleuca guinquenervia)、ニアウリ(Melaleuca viridiflora)と呼ばれている。”と記載されています。
 アロマ療法大全によれば、この精油は”ゴメノール”と呼ばれ、1853年に紹介されていらい、多くの様々な疾患に対する治療薬であった、としています。このため、フランスアロマテラピー大全には様々な治療に対する適応が記載されています。

香りのイメージ(参考)

:ニアウリ・シネオール:スッキリしたカンファー調のクリアな香り
 ニアウリ・ネロリドール:甘く、しっかりとしたハーブ調の香り
          (生活の木カタログより)
 
:甘いウッデイーな、ハーブ様でワックスのような香り。
  (真性ニアウリとして記載;*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375 より)
 
:カンファーに似たハーブの趣の中にやや薬草のようで、ユーカリを思い起こさせる香り。
 (Melaleuca vuridiflorとして記載;*アロマ療法大全より)
 

色(参考)

:無色
 (Melaleuca vuridiflorとして記載;*アロマ療法大全より)

このような時にオススメ!

・風邪の季節の芳香浴に!
 
 ティートリーと似た働きをもつ精油です。原料のニガウリは、ニューカレドニアを代表するフトモモ科の植物です。
 ティートリーよりも強い香りがしますが、刺激性が低く、穏やかな作用をするため、子供にも安心して使えます。風邪の季節にオススメです。

オススメの精油

・ニアウリ・シネオール3ml(生活の木)
https://amzn.to/2GeRxW7
・ニアウリ・ネロリドール3ml(生活の木)
https://amzn.to/2Ur6T2t
・ニアウリ・オーガニック10ml(ニールズヤード)
https://amzn.to/2Ur7j8U
・ニアウリ10ml(フレーバーライフ)
https://amzn.to/2UrwZlU

ニアウリを使用したレシピ

 

 

ルームスプレーをつくる。風邪に負けないようにニアウリ・シネオール精油、フランキンセンス精油、リツエバクベバ精油をブレンド。

 

今回は、すっきりして柑橘の香りもするルームスプレーをつくります。もしかしたら風邪の予防にもなるかもしれません。