定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

パチュリ

パチュリ精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト1級より)

 
 
 
原料植物名:パチュリ
学名:Pogostemon cablin Pogostemon patchouli
科名: シソ科
種類:多年草
産地の例:インドネシア、インド
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:パチュリアルコール(特徴成分)、パチュレン、クミンアルデヒド、オイゲノール
 熱帯アジアのインドネシアおよびフィリピンが原産の多年草です。茎は頑丈で有毛、生育力旺盛で成長するの1mほどの高さになります。
 カシミール地方では、衣類の虫よけとして、パチュリを布地の間に挟んで愛用していました。
 葉はこすると強い香りがし、その葉から得られるパチュリ精油の香りはオリエンタル調に分類されています。
 揮発しにくい性質から香りを長くとどめるための保留剤として用いられます。
 1960年代に、パチュリの香りはサンダルウッドやジャスミンと並んで流行しました。パチュリの精油は濃い琥珀色で、土や墨汁を思わせる落ち着いた香りです。揮発にしくい性質から、長く香りをとどめるための保留剤として用いられます。
 興奮した神経を鎮静させる作用があり、ストレスによる神経疲労を和らげます。

香りのイメージ

 :土っぽい、苦味のある、湿気のある (AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストによる。
   :土のにおいを思わせるエキゾチックな、しかも甘くスパイシーな香り(生活の木カタログより)
 :いぶしたようなエキゾチックな趣のある強い土の香り
(*アロマ療法大全より)
:土臭く、スモーキー、スパイシーでムスク調の香り。
(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375より)

色(参考)

:オレンジがかった茶色
(*アロマ療法大全より)
:濃い琥珀色〜こげ色まで幅がある
(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375より)