定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

精油のプロフィール

テイートリー

テイートリー精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト1級より)

 
 
 
原料植物名:テイートリー
学名:Melaleuca alternifolia
科名:フトモモ科
産地の例:オーストラリア
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:テルピネン-4-オール γ-テルピネン 1,8-シネオール
 
 
 オーリトラリアの先住民であるアボリジニの伝統的な治療薬として利用されてきました。。20世紀に入り、オーストラリア政府の科学者により精油の研究が行われ、その後アロマテラピー業界での使用が広がりました。先住民族の間でお茶として飲まれてきた植物の一種だったため、テイートリーと呼ばれるようになったといわれています。
 
香りのイメージ:
・スーとする、青臭い、シャープな香調(AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストより)
・フレッシュで清潔感の漂う、やや鋭い香り(生活の木カタログより)
 
 

このような時にオススメ!

・目覚めをよくしたい朝に
森林系の香りや柑橘系の香りを選び、リフレッシュしましょう。
(アロマテラピー検定テキスト1級より)
 
 

お勧めの精油

テイートリーを使用したレシピ

 

しもやけ気味の足のトリートメントオイル。小麦胚芽油、アルガン油、スイートマージョラム精油、 ティートリー精油をつかう。

 

もうすぐ暖かい春の日がやってきますが、まだまだ雪が降ったりする日もあり、気温もなかなか上がりません。特に仙台に住んでいる私は、春が待ち遠しいものです 。

今回は、しもやけ気味の足につかうトリートメントオイルをつくります。