定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

ジャスミン

ジャスミン精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト1級より)

 
 
 
原料植物名:ジャスミン
学名:Jasminum officinale
Jasminum grandiflorum
科名: モクセイ科
種類:低木
産地の例:フランス、エジプト、インド、モロッコ
抽出部位:花
抽出方法:揮発性有機溶剤抽出法
成分の一例:酢酸ベンジル、酢酸フィチル、フィトール、cis-ジャスモン(特徴成分)、ジャスミンラクトン
 
 香料植物としての歴史は17世紀頃から始まりました。ジャスミンの名がつく植物は世界中にたくさんありますが、精油を得るのは一部の種類です。ジャスミンティーの香りづけに使用される マツリカ茉莉花)からも精油は得られますが、このジャスミンとは異なります。 
 芳香成分はデリケートで熱に弱いため水蒸気蒸留法は適さず、精油は主に揮発性有機溶剤抽出法で得られます。
 イランイランと共通の成分が含まれ、フローラルな香気を持ち、香水などによく用いられます。
 たくさんの花からわずかな量しかとれない貴重な精油です。

香りのイメージ

 :甘い、濃厚な、フルーティーな(AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストによる。)
   :軽く陶酔させる、甘美でエキゾチックな花の香り(生活の木カタログより)

このような時にオススメ!

 
 休日の芳香浴に、ふだん頑張っている自分のためにとっておきのジャスミンの香りで部屋を演出。
 アロマライトやアロマポットなどにジャスミン精油1〜5滴たらします。
 

ジャスミンを使用したレシピ

 

ジャスミンせっけん。ジャスミン精油、カモミール・ローマン精油、ラベンダー精油をつかう。モミール花をつかう。

最近は、ジャスミンの精油をつかって芳香浴を行うことが多いです。少量でも華やかな気分になります。今回のせっけんにもジャスミン精油をつかいます。

 その他いろいろなレシピ(ブログ. 仙台ハーブ・アロマテラピー研究所より)

ジャスミンの入浴剤をつくる。ジャスミン精油、プチグレン精油、オレンジ・スイート精油をつかう。
花の香りのスキンローション。ローズダマスクフローラルウォーター、ネロリ(オレンジフラワー)フローラルウォーター、ジャスミン精油をつかう。
練り香水をつくる。ネロリ精油、ジャスミン精油、ゼラニウム精油をつかう。
アロマキャンドルをつくる。ジャスミン精油、ベルガモット精油、イランイラン精油、みつろうをつかう。
入浴剤をつくる。良い眠りのブレンド。ベルガモット精油、マンダリン精油、ジャスミン精油、アミリス精油、ベチバー精油、生クリームをつかう。
夏のダメージヘアケアークリームをつくる。ココアバター、シアバター、ホホバ油、 ジャスミン精油、サンダルウッド・オーストラリア精油、オレンジ・スイート精油をブレンド。
入浴後の花の香りのボディーローションをつくる。ネロリの芳香蒸留水、ジャスミン精油、ローズオットー精油をつかう。
入浴剤をつくる。肌が乾燥する時期にマンゴーバター風呂。オレンジ・スイート、パルマローザ、ジャスミンの精油をブレンド。