定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

精油のプロフィール

クラリセージ

クラリセージ精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト1級より)

 
 
 
原料名:クラリセージ
学名:Salvia sclarea
科名: シソ科
種類:二年層
産地の例:ウクライナ、ロシア、アメリカ
抽出部位:花と葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:酢酸リナリル、リナロール、スクラレオール(特徴成分)
 
 成長すると高さ1mほどに育つ直立の2年草で、名前の「クラリ(clary)」の由来は、この植物を煎じた液を目につけると視界がはっきりするとされ、ラテン語の「clarus(明るい」からきたといわれています。
 クラリセージ精油は香りが強いため、使用量に注意が必要です。
 

香りのイメージ:

・やや甘い、パウダリーな、ハーバルな香調(AEAJ認定アロマブレンド公式テキストにより)
・香料としての利用はマスカットに似た香りを持つことから、マスカットワインの風味づけに使用したのが最初。(アロマテラピー検定公式テキスト1級)
 

このような時にオススメ!

仕事が忙しい時に、オンとオフを上手に切り替え、自宅ではリラックスしたいもの。テイッシュペーパーなどに1〜2滴つけ香らせたい場所に置く芳香浴など簡単な方法で楽しみましょう。(アロマテラピー検定公式1級より)