定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

精油のプロフィール

カモミール・ジャーマン

カモミール・ジャーマン精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト1級より)

 
 
 
植物名:ジャーマンカモミール
学名:Matericaria chammomilla
Matericaria recutita
科名: キク科
産地の例:ドイツ、エジプト、ハンガリー、イギリス
抽出部位:花
抽出方法:水蒸気蒸留法
成分の一例:カマズレン(特徴成分)
      ピサボロール誘導体
      ファルネセン
 
 芳香がある一年草です。茎は直立し、花は甘くフルーテイーでリンゴのような香りがします。ハーブテイーとして世界中で広く愛好されています。
カモミール•ジャーマン精油は濃い青色が特徴です。生の花には含まれませんが、乾燥させた花を蒸留して精油を得る過程で作られる成分カマズレンが含まれます。
 たくさんの花からわずかな量しかとれない貴重な精油です。
 
香りのイメージ:
・やや甘いリンゴのような香調(AEAJ認定アロマブレンド公式テキストにより)
・濃厚で、ほのかに甘さを感じる香り(生活の木カタログより)
 

このような時にオススメ!

・乾燥がきになるときに
 カモミール・ジャーマン精油を使ったミツロクリームやトリートメントオイルを作って、ハンドトリートメントをしましょう。 
             (アロマテラピー検定公式1級より)
 

カモミール・ジャーマンを使用したレシピ

 

春の乾燥に、カモミール・ジャーマンのハンドクリームをつくる。

今回は、春に元気なハーブ、カモミール・ジャーマンの精油をつかってハンドクリームをつくります。