定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

HOME | ハーブを学ぶ | アロマテラピーについて | 精油のプロフィール | イランイラン

精油のプロフィール

イランイラン

イランイランの精油のプロフィール(日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定 公式テキスト2級より)

 
 
原料植物名:イランイラン
学名:Cananga odorata Canangium odoratum
科名: バンレイシ科
主な産地:コモロ、マダガスカル、レユニオン島(フランス領)
抽出部位:花
精油製造法:水蒸気蒸留法
成分の一例:リナロール、ゲラニオール、酢酸ベンジル、安息香酸メチル
 
 常緑高木で通常では高さ6~10
mに成長しますが、花を収穫するため栽培では2m〜3mほどにしています。花は5cmほどの細長い形で、咲き始めは緑色ですが成熟すると黄色に変わり香りも強くなります。
 名前の「イランイラン」は「花の中の花」を表す現地の言葉からきています。
 イランイランの精油のフローラルな香りは、ジャスミンと共通する成分が含まれます。香りが強いため使用量には注意が必要です。
     

このような時にオススメ!

 
仕事が忙しいときにオンとオフを上手に切り替え、自宅ではリラックスできるようにしたい場合は、イランイラン精油で、テイッシュペーパーを利用し芳香浴などを楽しみましょう。
(アロマテラピー検定公式テキスト1級)

香り(参考)

:華やかな、官能的な温かい香調 (AEAJ認定アロマブレンドデザイナー公式テキストによる)
                     
:「花の中の花」という意味のエキゾチックな花。ハネムーンのベットにこの花を撒くといわれるエキゾチックな香り。(生活の木カタログより)
 
:華やかで甘くエキゾチックなオリエンタル調の香り(*アロマ療法大全より)
 
:脂っぽく、トロピカルで、フルーテイー、フローラルな匂い。(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375、より)
 

色(参考)

:黄色〜濃い黄金色(*エッセンシャルオイル&ハーブウオーター375、より)
 
:透明または薄黄色-薄橙色(*アロマ療法大全より)

お勧めの精油