定禅寺ハーブギャラリー(仙台ハーブアロマ.com)

Tel  022-797-8084
平日10:00〜17:00

HOME | ハーブを学ぶ | スーパーフードとは | スーパーフードのプロフィール | ゴジベリー

スーパーフードのプロフィール

ゴジベリー


1.ゴジベリー(枸杞子)とは
『かつて世界の他の部分では無名であった小さな赤い中国のベリーが、米国および欧州市場に道を作ろうとしている。』 とクリス•キルハムは書いてます。近年、西欧の市場において、ゴジベリーは、スーパーフードとして非常な人気となっています。ゴジベリーは日本では一般的にはクコ(枸杞)の実(子)として知られています。
 クコ(Lycium chinense)は、中国原産のナス科の落葉低木です。日本や朝鮮半島、台湾、北アメリカなどにも移入され、分布を広げています。中国や日本では食用や薬用に広く利用されています。
 
2.中国及び日本での伝統的使用
 ゴジベリー(枸杞子)は、日本でも中華食材としてお馴染みで、果実は酒に漬けこんでクコ酒にする他、生食やドライフルーツでも利用され、薬膳として粥の具にもされています。また、柔らかい若葉も食用にされます。クコの果実、根皮、葉は、それぞれ枸杞子(くこし)、地骨皮(じこっぴ)、枸杞葉(くこよう)という生薬です。地骨皮は強壮、解熱、枸杞子、枸杞葉は強壮薬として使用されています。                                
 

*牧野和漢薬草大図鑑
*メデイスンハンター.com
*アダプトゲン

 
フリー百科辞典ウイキペデイアより