アロマで手作りする冬におすすめの発泡する入浴剤

ローズウッド(葉)精油、シダーウッド・バージニア精油、ラベンダー精油をつかう。

 冬の入浴タイムは楽しみなものです。ゆっくり温まればぐっすり眠る事もできます。今回は、冬におすすめの発泡する入浴剤のレシピを紹介します。何種類か作くりおけば、何回も楽しめます。

 

 目次

1.アロマで入浴剤を手作りするときに使用する材料
(1)基材
(2)精油
(3)ハーブ他
2.アロマで入浴剤を手作りするときに使用する器具
3.アロマで手作りする入浴剤の作り方
4.アロマで入浴剤を手作りする上でのポイント
5.アロマで手作りする入浴剤の記事
 

1.アロマで入浴剤を手作りするときに使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 


  •  

 (1)基材

 精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回発泡する入浴剤に使用する基材は重曹とクエン酸です。うまく練り合わせるために植物油を加えます。重曹とクエン酸をあわせて水に入れると泡がでます。
 今回は、さらに、スキムミルク(2個)や塩(2個)、スキムミルクと塩を合わせたもの(2個)を作ります。天然塩は体を温めてくれ、スキムミルクはしっとり感を加えてくれます。
 
1) 重曹(炭酸水素ナトリウム)
 無色、白色の粉末で弱アルカリ性の性質をもちます。酸性の汚れを中和させる働きがあり脱臭剤や洗剤として利用されています。皮膚をなめらかにする効果があり、アロマテラピーでは入浴剤の基材として用いられています。
 

 
2)クエン酸
 クエン酸は主に、レモン、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類や梅干しなどに含まれる酸味(すっぱい)成分です。クエン酸はさらさらした白色の結晶性の粉末状で販売されています。料理や重曹と同じように掃除に利用されています。入浴剤として重曹とあわせて使用すれば、発泡する入浴剤になります。
 
3)バスソルト(天然塩)
  ミネラルを含んだ天然塩は、発汗を促すといわれています。バスソルト作りでは基材とし用いられます。
 
4)スキムミルク
 スキムミルクは脱脂粉乳とも呼ばれるように、牛乳から乳脂肪分を抜き取ったものです。
脂肪分を抜いているので、入浴剤につかうとべたつくこともなく、軽いミルクの感触のようです。今回は食材として余りがちなスキムミルクを使用して、しっとり感を加えてみました。
 
5)植物油
 重曹とクエン酸、スキムミルクをねりあわせるために植物油を加えます。植物油は、植物の種や胚芽、実に含まれる油分を取り出して作られます。植物油はいろいろな種類がありますが、今回はオリーブスクワランを使用します。オリーブ油に由来する植物油です。感触が軽い感じで使用しやすいです。匂いもあまり感じません。
 
○オリーブスクワラン油
 

 オリーブオイルに含まれて居るスクワレンという成分をさらに抽出したオイルです。スクワレンはトリテルペンに属する油性物質です。鮫の肝油から発見されましたが、オリーブ油にも含まれています。人の体では皮脂の主な成分として分泌されている物質です。おぎなうことで肌をしっとりと保つことができます。サラサラした肌ざわりで刺激が少ないため敏感肌の人にもオススメです。

(2)アロマオイル(精油)

 バスフィズを作る目的にあわせて、アロマオイルの種類を選んで利用します。
  

 
1).精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、 アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
 
 
2).おすすめの精油
 精油(エッセンシャルオイル)は300種類ほどあると言われていてます。その中からお気に入りを見つけたり、ブレンドしたりするのははとても楽しい作業ですが、まずは 一般的で初心者でも使いやすい精油を使ってみましょうしょう。
 
 
3)今回使用する精油  
 
 今回使用する精油は ローズウッド(葉)シダーウッド・バージニアラベンダーです。明るく暖かい気分になる精油を選んでみました。 
 
  アロマテラピー図鑑/佐々木薫監修には、ローズウッド(葉)の精油は、ローズに似た芳香で明るい気分になる、シダーウッド・バージニア精油は、シダーウッドの木部から採油され、リラックス作用がある、ラベンダーはリラックスと安眠を誘うと記載されています。
 
 今回は6個の袋にそれぞれ合計5滴ずつ加えました。ローズウッド(葉)とシダーウッド・バージニア(2個)、シダーウッドとラベンダー(2個)、3種類の精油を混ぜたもの(2個)をつくりました。それぞれ良い香りでよい入浴ができそうです。
①.ローズウッド(葉)

 ローズウッドは、アマゾンに自生するクスノキ科の常緑高木です。この樹木の材質はマホガニーに似ており、重く硬くそして、バラの花のような香りがします。そのためフランスで珍重され、精油を得るほかに家具や日用品を作る材木としても利用されるようになりました。主産地のブラジルでは乱伐により絶滅が危惧されており、現在は政府によって保護されています。
 
 
 

②.シダーウッド・バージニア


 北米原産のバージシア種のシダー木部から採れる精油です。その香りはヒノキにも似ていて、深い森林の中にいるような気分にさせてくれます。
 

 
③. ラベンダー

 
 ラベンダー精油はリラックの精油としてよく知られています。その主成分はリナロールや酢酸リナリルなどでアロマテラピーの原点ともされる精油です。日焼けによる炎症を鎮めるなどスキンケアにも使用されています。
 

(3)ハーブ、顔料

 飾り付けや、色付けに使用します。お好きなハーブで色付けた飾り付けをすれば入浴剤を作るのがより楽しくなります。
  

 
  今回色付けに使用する色素
    
 天然の色素には顔料(鉱物を砕いたもの)やハーブ、植物色素などがあります。今回は
食用色素を使用します。
 食用色素は、ピンク、黄、紫、緑などです。クチナシ果実や国産ムラサキイモ、赤ビートの根などを使用したものと記載されていました。

2.アロマで入浴剤を手作りするときに使用する器具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて計量したり、湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
②.計り、計量スプーン
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
③.型
 あると整形に便利です。たくさん市販されています。お菓子用のものも使えます。
 
④.その他
 ビニール袋 ラップ など

3.冬におすすめの発泡する入浴剤の作り方

━━━1回分で3個の花の香りの入浴剤(約6〜7個分

 

 
材料
 重曹             大さじ  12
 クエン酸           大さじ  6
 天然塩            小さじ  1と1/2
   スキムミルク         小さじ  1と1/2
 植物油       
  スイートアーモンド油    小さじ1/2〜1(お好みで量を調整)
 精油         
      ローズウッド(葉)           10滴
      シダーウッド・バージニア      12滴
   ラベンダー                8滴
 
 食用色素(粉末)        小さじ 1/2強
   
 
作り方
重曹、クエン酸、スキムミルク、天然塩、食用色素を計り6個のビニール袋に入れて混ぜ合わせます。
 
オリーブスクワランをはかり、それぞれの袋に入れます。
 
③ ローズウッド(葉)精油、シダーウッド・バージニア精油、ラベンダー精油を加えてよく混ぜ合わせます。
 
④ お菓子の型にラップを敷いて混ぜ合わせたものを入れていき、ラップを上から押さえてセロテープなどで止め、しばらくそのままにします。
 
 型から取り出して入浴時に使用します。入浴後はすぐに浴槽を洗い流すとよいです。   

4.アロマで手作りする入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 今回は、6回分まとめて作りますので、ローズウッド、シダーウッドバージニア、ラバンダー合わせて30滴使用します。(1回分5滴ほど
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 
 
 

5.アロマで手作りする入浴剤の記事

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 植物油を使ったバスオイルの作り方を紹介しています。