ハーブ・アロマで手作りする入浴剤:冷える夜のホットワイン風呂をつくる。

赤ワイン、スパイス、レモン、オレンジをつかう。

 寒い夜のホットワインは体が温まりおすすめです。ワインはむかしから入浴としてもつかわれていたといわれています。今回はワインを使った入浴剤を紹介します。スパイスやオレンジ類も加えてみました。
 

 

 目次

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料
(1)基材
(2)ハーブ
2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方
3.ハーブ・アロマで手作りするいろいろな入浴剤
 

1.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤に使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。
 代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 今回は、基材としてワインを使います。ワインはむかしから入浴としてもつかわれていたといわれています。
 


  •  

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回は、精油は使用しませんが、入浴剤のベースとして基材を使用します。今回使用する基材はワインとハチミツを使います。
 
①ワイン  
「ワイン風呂」とは、ビタミンとポリフェノールをたっぷり含んだワインをお風呂にそのまま流し入れた入浴法のことです。肌をすべすべにしたり、保湿効果を高めたり、美容ケアに最適とされています。
 キャサリン・カナー著のザ・ブック・オブ・バスにも記載されていて、ある国の女王(クレオパトラ?)の美しさの秘訣はワイン風呂を利用していたといわれています。
  霜川忠正著化粧品有効成分ハンドブックには、『ワインはポリフェノールが含まれていて抗酸化作用があり、赤ワインは皮と種に多いポリフェノールを豊富に含んでいる。ポリフェノールは化粧品の原料などとしても注目されている。』と、記載されていました。
 ただし、ワインはアルコールが含まれているので、注意を守って入浴しましょう。
 
②ハチミツ
 ハチミツは、ミツバチが花から集めてきて巣に蓄えた蜜です。淡黄色から褐色の粘りけの強い液体です。大部分が果糖とぶどう糖で、甘く、栄養価が高いため、食用や薬用として広く利用されています。美容用やアロマクラフトの基材としても、入浴剤やパック剤などに利用されています。石けんに使用すればしっとりした石けんを作ることができます。
 

(2)ハーブその他

 ハーブとは芳香植物(香りのあるあ植物)のことです。ハーブは生(フレッシュ)で、またはドライ(乾燥したもの)で、入浴剤として利用できます。
  

 
①ハーブ薬
 ハーブ薬は、芳香植物(ハーブ)をオイルや、アルコール、お湯などで浸出することにより、その薬効成分を取り出したものです。浸出油、 チンキ剤などは手軽に作れて、昔から民間療法に利用されてきました。これらを目的に合わせて上手に使うことで、作るアロマクラフトに豊かな植物の香りと効果を加えることができます。
 今回はワインにハーブを漬け込みますのでチンキとしての利用です。
 今回使用するのは カルダモンジンジャーシナモンです。
 ベネラビ・オディ著メディカルハーブには、カルダモンは駆風作用など、ジンジャーは外用では局所血行促進作用など、シナモンは発汗作用などがあると記載されています。冬には血行を促進してくれるスパイス類はオススメです。

2.ハーブ・アロマで手作りする入浴剤の作り方

ー赤ワインを使った入浴剤


 
•材料(全身浴 1回分)  
赤ワイン           200ml
ハーブ、スパイス    
 カルダモン、シナモン、ジンジャー  合わせて小さじ1
 オレンジ レモン      輪切りにして合わせて5枚 
 はちみつ                                         大さじ2
 
 保存瓶 ビーカー かくはん棒
 
•作り方 
赤ワインにカルダモン、シナモン、ジンジャーを浸けます。まず、スパイス類を小さく砕き保存瓶に入れます。ワインを規定量そそぎ、数 日間そのままにしておきます。
 
入浴剤をつかう朝に輪切りにしたオレンジとレモンの半分の量をワインに浸しておきます。
 
③鍋にスパイスと柑橘類を浸したワインをいれてひと煮立ちさせます。ハチミツを加えて混ぜます
 
 
④スパイスと柑橘類と残りの柑橘類を入浴袋にいれてひと煮立ちさせたワインと一緒に浴槽にいれます。
 
 浴槽にいれて入浴したところ、ほんのり赤ワインの香りと入浴袋にいれたスパイスと柑橘類、また新鮮な柑橘類が香り大変よい気持ちになりました。
 体も温まりよく眠ることができました。

3.ハーブ・アロマで手作りするいろいろな入浴剤

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 

入浴剤をつくる。リンデンフラワーの白ワイン風呂。