アロマで手作りする樹木の香りのする発泡する入浴剤!

モミ精油、マンダリン精油、ブラックペッパー精油をブレンド。

  シュワッと発泡する入浴剤。泡の正体は炭酸ガスです。お風呂に入れるとスッキリします。炭酸温泉も人気ですよね!今回はモミの精油を使って樹木の香りのする発泡する入浴剤のレシピを紹介します。樹木の香りが心地よく穏やかな気分になります。 

 
 目次
1.アロマで手作りする入浴剤作りに使用する材料
(1)基材
(2)精油
2.アロマで手作りする入浴剤作りに使用する器具
3.アロマで手作りする発泡する入浴剤の作り方
4.アロマで手作りする入浴剤を作る上でのポイント
5.アロマで手作りするその他入浴剤のレシピ集
 

1.アロマで手作りする入浴剤作りに使用する材料

  入浴剤作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。代表的な基材にソルトやシュガー、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりいろいろな入浴剤を作ることができます。 
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 


  •  

 (1)基材

 精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 今回発泡する入浴剤に使用する基材は重曹とクエン酸です。うまく練り合わせるために植物油を加えます。重曹とクエン酸をあわせて水に入れると泡がでます。
 
1) 重曹(炭酸水素ナトリウム)
 無色、白色の粉末で弱アルカリ性の性質をもちます。酸性の汚れを中和させる働きがあり脱臭剤や洗剤として利用されています。皮膚をなめらかにする効果があり、アロマテラピーでは入浴剤の基材として用いられています。
 

 
2)クエン酸
 クエン酸は主に、レモン、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類や梅干しなどに含まれる酸味(すっぱい)成分です。クエン酸はさらさらした白色の結晶性の粉末状で販売されています。料理や重曹と同じように掃除に利用されています。入浴剤として重曹とあわせて使用
 すれば、発泡する入浴剤になります。
 
3)植物油
 重曹とクエン酸をねりあわせるために植物油を加えます。植物油は、植物の種や胚芽、実に含まれる油分を取り出して作られます。植物油はいろいろな種類がありますが、今回はアロマテラピーではもっともよく使われるスイートアーモンド油を使用ます。
 
○スイートアーモンド油
 

 スイートアーモンドの種子から採れるオイルです。アーモンドの木は中東原産で、現在は地中海沿岸の国々やカリフォルニアの恵まれた暖かい気候の中で栽培されています。この木は古代の木で、何千年もの間栽培されてきました。
 スイートアーモントオイルは、薄黄色でわずかに粘性が有り、非常にオイリーです。オレイン酸を80%も含む栄養価の高さとサラリとした使用感で、サロンなどで最も頻繁に使用されています。

(2)アロマオイル(精油)

 バスフィズを作る目的にあわせて、アロマオイルの種類を選んで利用します。
  

  •  

  • 1).精油

  •  精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。

  •  精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トンも必要とします。

    大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。

  •  

 

  • 2).おすすめの精油

  •  精油(エッセンシャルオイル)は300種類ほどあると言われていてます。その中からお気に入りを見つけたり、ブレンドしたりするのははとても楽しい作業ですが、まずは一般的で初心者でも使いやすい精油を使ってみましょうしょう。

 
 
3)今回使用する精油  
 
 今回使用する精油はモミ精油です。北海道原産で葉と枝から抽出されたAbis sachalinensisです。パインニードルと呼ばれていて呼吸器の吸入や、石けんの香り付けに多く使用されているとエッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著に記載されています。さわやかでやさしい森の香りが特徴です。マンダリン精油、ブラックペッパー精油もブレンドしました。甘い柑橘の香りとモミの香りをひきしめようとブラックペッパーをつかいました。
 樹木の香りが心地よく穏やかな気分になりました。ブラックペッパー精油は、思ったよりも刺激もなくなじみ、泡が立った時に渋みのある香りをプラスしたようです。

①.モミ
 
  モミの精油はトドマツの葉と葉と枝を蒸留して抽出されます。さわやかでやさしい森の香りが特徴です。深い森の中にいるような香りで、森林浴のように心を落ち着かせてくれます。芳香浴や入浴、マッサージなどに使うと、気分をスッキリさせるほか、呼吸器系の働きを整えるのに役立つといわれています。
 

 
②.マンダリン

  柑橘系の精油の中では香りも作用も穏やかな精油です。甘くフルーティーな香りは、消化を促進し、落ち込んだ気分を向上させてくれます。柑橘系の精油の中でも光毒性が非常に低いことで知られており、そのためフランスでは、安心して使える精油として「子供の精油」と呼ばれることもあります。
 
③.ブラックペッパー

 おなじみの黒コショウの実から採れる、非常にスパイシーで刺激的な精油です。スパイス同様、体を温め、血行をよくするとされています。
 中世において重要な交易品として珍重され、さまざまな逸話をもち、歴史の鍵を握るスパイスとしても有名です。
 

(3)ハーブ、顔料

 飾り付けや、色付けに使用します。お好きなハーブで色付けた飾り付けをすれば入浴剤を作るのがより楽しくなります。
  

 
 
 
 
  今回色付けに使用する色素
    
 天然の色素には顔料(鉱物を砕いたもの)やハーブ、植物色素などがあります。今回は
食用色素緑、マルベリーパウダー、ターメリックパウダー、を使用しています。
 
○マルベリーパウダー
 カイコの餌として有名なクワ( マルベリー)の葉を乾燥してパウダー状にしたものです。クワの葉のハーブティーはダイエットのお茶としても知られています。今回は緑の着色料として使用します。
 
○カモミールパウダー
 ピーターラビットでもおなじみのハーブティー、 ジャーマンカモミールのパウダーです。今回は黄色の着色料として使用します。

2.アロマで手作りする入浴剤作りに使用する器具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて計量したり、湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
②.計り、計量スプーン
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
③.型
 あると整形に便利です。たくさん市販されています。お菓子用のものも使えます。
 
④.その他
 ビニール袋 ラップ など

3.アロマで手作りする発泡する入浴剤の作り方

━━━樹木の香りの発砲する入浴剤(1回分)

 

 

材料

 重曹             大さじ  3
 クエン酸           大さじ    2
 植物油       
  スイートアーモンド油    小さじ 1/2
 精油         
      モミ               3
      マンダリン          1滴
      ブラックペッパー       1滴
 
 
 ドライハーブ      
   マルベリーパウダー、
   カモミールパウダー    各少々  
 

作り方

重曹とクエン酸、ハーブパウダーを加えて混ぜ合わせ、スイートアーモンド油を加えてさらに混ぜ合わせます。
 
② 精油を加えさらに混ぜ合わせます。
 
③ マンダリン精油、ブラックペッパー精油も加えて混ぜ合わせます。
 
④ 混ぜ合わせてを少しなじませてから型に入れて固めます。
 
⑤ある程度固くなったら型からはずして入浴時につかいます。
   

4.アロマで手作りする入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 *精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
 今回は入浴時に使用する1回分として、合計で5滴使用しました。 
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 
 
 

5.アロマで手作りするその他入浴剤の記事

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 植物油を使ったバスオイルの作り方を紹介しています。