アロマ手作り:入浴剤

ヒノキのバスソルト!

ヒノキ精油、サンダルウッド精油、スイートマージョラム精油をつかう。

 秋といえば、紅葉や、温泉、そしてヒノキの浴槽などを思い浮かべる方も多いでしょう。今回はそんな方にオススメのヒノキの精油を使った簡単なバスソルトのレシピを紹介します。深い瞑想の香りのサンダルウッドと心を温かくしてくれるスイートマジョラムをブレンドしました。 熟年の男性にもオススメのレシピです。バスソルト入りのお風呂でゆっくりリラックスしましょう!

 

 目次

1.使用する材料
(1)基材
(2)精油
2.使用する器具
3.入浴剤の作り方
4.入浴剤を作る上でのポイント
5.その他いろいろな入浴剤
 

1.使用する材料

 入浴剤作るを作るために必要な材料は、ベースとなる基材と香りや色付のための精油ハーブです。代表的な基材には植物油やソルト(天然塩)、重曹などがあります。この基本の材料に精油やハーブを加えることによりお好みの入浴剤を作ることができます。 
 精油は植物の香りの成分を抽出した天然の物質です。様々な植物から抽出されており、ブレンドすることも可能です。自分だけのお好みの香りを作ることができます。色付けにはハーブなどが使われます。
 

  •  

 (1)基材

 アロマオイル(精油)は植物の芳香成分だけを集めて取りだしており、そのまま使うと刺激が強いため薄めて使用します。精油を希釈し、入浴剤のもとになる物質を『基材』といいます。基材にはそれぞれの特徴があり、さまざまな特性や作用をもっています。それぞれの性質を十分理解し、使用目的や体調・体質に適したものを選びましょう。
 バスソルト作りに必要な基材は天然塩(ソルト)です。
 
○塩(精製されていない) 
 ミネラルを含んだ天然塩は、発汗を促すといわれていますバスソルト作りでは基材として天然塩を用います。
 

(2)アロマオイル(精油)

 入浴剤(バスオイル)を作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

  •  

  • 1)精油とは?

  •  精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。

  •  精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トンも必要とします。

    大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。

  •  

 

  • 2)おすすめの精油

  •  精油(エッセンシャルオイル)は300種類ほどあると言われていてます。その中からお気に入りを見つけたり、ブレンドしたりするのははとても楽しい作業ですが、まずは一般的で初心者でも使いやすい精油を使ってみましょうしょう。

 
3)今回使用する精油
 今回は、温泉の木の浴槽をイメージして、日本の精油のヒノキを使用しました。ちょっと深みと温かみを加えるためにサンダルウッド・インドスイートマージョラムを加えました。
 アロマテラピー図鑑/佐々木薫監修には、地中海原産のサイプレスの近親で、日本と台湾のみに分布し、ヨーロッパなどでは「ジャパニーズ・サイプレス」と紹介され、情緒を安定させリラックスさせる効果があるなどとに記載されています。
 サンダルウッド・インド精油は、白檀の和名で知られ、お香としてもよく使われています。心を鎮めるような深い香りが特徴です。スイートマジョラムの香りはは温かく気持ちを元気づけてくれます。実際に使ってみると入浴中に思わずうとうとしてしまう香りになりました。

①.ヒノキ

  私達日本人には懐かしいヒノキの木部からとれる精油です。ヒノキは抗菌・消臭・防虫効果にすぐれていることが知られており、建築材としては最高級として広く認識されています。また、風呂おけなどでおなじみのさわやかな木の香りは気分をリラックスさせてくれます。
 

 
②.サンダルウッド・インド

  白檀の名でも知られるサンダルウッドは、古くから宗教と深い結びつきがありお香として瞑想や宗教儀式にまた仏像や仏具に用いられてきました。お香としてもよく使われており甘みと深さをもつ香りが特徴です。心を深くしずめ、刺激も少ないため入浴剤にオススメです。
 
③.スイートマージョラム

  料理用のハーブとしてもよく知られている地中海沿岸原産のハーブより採れる精油です。その温かい香りは、安眠の香りとして知られています。古代エジプトでは悲しみいやすとされ、ギリシャの愛の女神アフロディテから与えられたと言い伝えられています。
 

(3)ハーブ

 香り付けや色付け、飾り付けに。お好きなドライハーブを加えれば入浴がより楽しくなります。
  

 
  今回使用するハーブ
 
ジュニパーベリー
 リキュールのジンの香り付けで有名な、ヒノキ科の樹木の実です。強くするどいウッディー系の香りが特徴で、消臭効果がよく知られています。

2.使用する器具

 

 
・計量スプーン
  少量の塩(ソルト)を量るときに使います。小さじ、大さじがある料理用のもので良いでしょう。
 
 
 ・攪拌(かくはん)用のガラス棒
 溶けた材料を混ぜるときに使用します。こちらも耐熱性のものが好ましいですが、使い捨てでいいのなら竹串や割りばしでも構いません。
 
 
・容器
 深めの小皿や小鉢など何でもかまいません。バスソルトの材料を混ぜ合わせるときに使います。   

3.入浴剤(バスソルト)の作り方

 ーヒノキのバスソルト(2回分)


 

•材料(全身浴 2回分)  

塩 
    バスソルト         100g
精油    
  ヒノキ           6滴
      サンダルウッド・インド   2滴
  スイートマージョラム    2滴
 
ドライハーブ(飾り、香りづけ用)
  ジュニパーベリー(乾燥)  小さじ 1
 
容器 軽量スプーン かくはん棒
 

•作り方 

バスソルトを計り保存容器に入れます。

 
ジュニパーベリー(乾燥)を加えます。

 
精油を加えて、保存容器のふたを閉めてよく振ります。

 

•使い方

湯をはった浴槽に作製したバスソルトを半分入れて、よくかき混ぜ入浴します。今回は飾り付けにドライハーブを加えているので、 布などに包んだり袋を作り入れるのもよいです。

 *フットバスやハンドバスなど部分浴に使用する場合は分量をそれぞれ1/2にします。

4.入浴剤を作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、入浴剤としてお風呂での全身浴に使用する場合は1〜5滴、ハンドバスやフットバスなどの部分浴の場合は1〜2滴を推奨しています。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

(3)入浴剤を使うときの注意事項

 ・作ったら、なるべく早く使いましょう。
 ・浴槽によっては使用できない場合があります。
 ・使用後の湯は捨て、洗濯などに使用しないでください。
 
 
 

5.その他いろいろな入浴剤

 

バスフィズ

重曹を使ったバスフィズの作り方を紹介しています。

 

バスソルト

天然塩を使ったバスソルトの作り方を紹介しています。

 

バスオイル

 植物油を使ったバスオイルの作り方を紹介しています。