アロマ手作り(せっけん)

カモミールリンゴせっけん!

カモミール・ローマン精油、パルマローザ精油、レモン精油、ハチミツをつかう。

 
 秋の代表的味覚といえばリンゴを思い浮かべる方も多いでしょう。今回はそんなリンゴの香りのカモミール・ローマン精油を使用したせっけんのレシピをご紹介いたします。
 
 

 
  目次
1.手作りせっけん(手ごね石けん)作りに必要な材料
(1)基材
(2)精油
(3)ハーブその他
2.使用する器具
3.カモミールリンゴせっけんの作り方
4.せっけんを作る上でのポイント
5.その他せっけんの記事
 

1.手作り石けん(てごねせっけん)作りに必要な材料

 手練り石けんに必要な材料は、ベースとなる石けん素地と香りや色付のための精油ハーブや顔料です。
 今回は水を加えてこねるだけでできあがるセッケン素と精油(アロマオイル)、色付け、飾りにはハーブパウダーやドライハーブを使います。
 


  •   

(1)基材

 1)せっけん素地
 お湯を加えて混ぜ練って作る植物性の石けん素地です。お好みの精油やハーブなどを加えてセッケンを作ることができます。今回使用するのは、無香料、無着色の植物性洗浄成分を使用した石けん素地です。
 
2)精製水
 せっけん素地に加える水は普通の水道水でもかまいませんが、今回は精製水を使用します。精製水は不純物が極めて少ない純度の高い水として薬局で売られています。一般の水道水に含まれている塩素系の消毒剤が含まれていないので、医療や美容の目的に利用されています。
 日常で精製水を使用する場合は使用期限に注意することが必要です。直射日光のあたらない冷暗所(冷蔵庫)などに保管し、使用期限内でも開封後はすみやかに使用しましょう。
 
3)ハチミツ
 ハチミツはミツバチによって花のミツからつくられる、非常甘くておいしい物質です。食べ物や薬としてのハチミツの価値は古代から知られていました。現代でも、ハチミツは食用だけでなく、化粧品の中で収斂剤や保湿剤としても使われています。
 今回はせっけんにしっとり感を仇えるためと、少しハチミツの甘い香りも期待して加えてみました。

(2)アロマオイル(精油)

 石けんを作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1) 精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、 アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
 
 
2)おすすめの精油
 精油(エッセンシャルオイル)は300種類ほどあると言われていてます。その中からお気に入りを見つけたり、ブレンドしたりするのははとても楽しい作業ですが、まずは 一般的で初心者でも使いやすい精油を使ってみましょうしょう。
 
3)今回使用する精油
 今回使用する精油は カモミール・ローマンパルマローザレモンです。
 カモミール・ローマン精油は、フローラルでフルーティーな、アルデヒド様の甘い香り、主にエステル類を含んでいる、鎮痙作用他と エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著に記載されています。甘い花のような香りのパルマローザ精油、さわやかなレモン精油を加えました。
 出来上がったせっけんはそれほど強い香りはしませんが、 作成時には、新鮮なリンゴのような香りを楽しむことができます。
①.カモミール・ローマン

  青リンゴを思わせる甘酸っぱい香りの精油です。カモミール・ジャーマンより、香りにさわやかな強さがあるのが特徴です。鎮静効果や消炎作用をもつエステル類を主成分としていて、落ち込んでいる時などの気分転換におすすめです。
 

 
②パルマローザ

 パルマローザはインド原産のイネ科の植物から採れる精油です。ローズに似た香りが特徴で、ローズの代わりとして化粧品や香水の香料としてもよく使用されています。その主成分のゲラニオールは心身のバランスを整えると言われています。
 

 
③.レモン

  スペアミント精油は、ペパーミントよりも香りがマイルドで刺激が少ないなどで、精神的に疲れている時にオススメです。ミントのさわやかで心地よい香りが気分をリフレッシュしてくれます。
 

(3)ハーブその他

 お湯にハーブの浸出油を使えば肌に優しい石けんになります。お好きなハーブで石けんに色づけや飾りづけをすればより作るのが楽しくなります。
  

 1)今回使用した材料
 
○食用色素
 今回はせっけんの色付けに食用色素を使いました。食用色素を使うとハーブのドライパウダーを使った時より鮮やかな色が出ます。
 今回使用した食用色素は、ベニコウジにより得られる赤い色素です。

2.使用する器具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて計量したり、湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
②.計り
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
③.石けん型
 あると整形に便利です。たくさん市販されています。お菓子用のものも使えます。
  今回はお菓子用の型を使用しました。
 
④.その他
 ビニール袋 ラップ など
 

3.カモミールリンゴせっけんの作り方

 
 
カモミールリンゴせっけん  1個分  50 g
 

材料

  せっけん素地(手で練って形を作るせっけん) 50g
  熱湯(精製水)               15ml
  精油 
         カモミール・ローマン精油        3滴
         パルマローザ精油                  1滴
           レモン精油               1滴
     食用色素             少々(小さじ1/16)
   ハチミツ                                            小さじ1/2
 
    
  ビーカー  かくはん棒  ビニール袋(チャック付き)  型(お好みで) ラップ
 

作り方

①石けん素地をはかり、チャック付きのビニール袋などにいれ、食用色素を加えチャックをしめて混ぜ合わせます。

 
② あたためた精製水を2〜3回にわけて練りながら加えハチミツも加え練り合わせます。

 
③ カモミール・ローマン精油、パルマローザ精油、レモン精油を加えて練り合わせます。

 
④ 袋から取り出して形をつくり、乾燥させます。

今回はリンゴのクッキー型を使いましたがあまりうまくいきませんでした。皆さんも色々試してみてください。
 

4.手練り石けんを作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 例えば全体量50mlに対して希釈濃度を約1%にするにはどうしたらよいでしょうか。
 全体量50mlに対しての1%は
   50ml×0.01=0.5ml
   です。この算出した量を0.05ml(1滴)で割ると
   0.5ml ÷ 0.05ml =  10滴
 になります。
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
  今回は、カモミール・ローマン、パルマローザ、レモン合わせて5滴使用しています。本来せっけんの量は50gなのでもっと加えることが可能ですが、洗顔などに使用することも考慮して、少なめのこの量にしています。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

5.その他せっけんの記事

(1)基本のせっけんの作り方

(2)その他せっけんのレシピ