アロマ手作り(せっけん)

セージせっけんをつくる!

 
 セージは古代ローマ時代から長寿薬として知られています。今回は庭にあるセージを乾燥したドライハーブを使ってせっけんを作ります。男性にもオススメのすっきりした香りのせっけんが出来上がりました。
 
 

 
  目次
1.手作りせっけん(手ごね石けん)作りに必要な材料
(1)基材
(2)精油・ハーブ、顔料
2.使用する器具
3.手ごねせっけんの作り方
4.せっけんを作る上でのポイント
5.その他せっけんの記事
 

1.手作り石けん(てごねせっけん)作りに必要な材料

 手練り石けんに必要な材料は、ベースとなる石けん素地と香りや色付のための精油ハーブや顔料です。
 今回は水を加えてこねるだけでできあがるセッケン素と精油(アロマオイル)、色付け、飾りにはハーブパウダーやドライハーブを使います。
 


  •   

(1)基材

 1)せっけん素地
 お湯を加えて混ぜ練って作る植物性の石けん素地です。お好みの精油やハーブなどを加えてセッケンを作ることができます。今回使用するのは、無香料、無着色の植物性洗浄成分を使用した石けん素地です。
 
2)精製水
 せっけん素地に加える水は普通の水道水でもかまいませんが、今回は精製水を使用します。精製水は不純物が極めて少ない純度の高い水として薬局で売られています。一般の水道水に含まれている塩素系の消毒剤が含まれていないので、医療や美容の目的に利用されています。
 日常で精製水を使用する場合は使用期限に注意することが必要です。直射日光のあたらない冷暗所(冷蔵庫)などに保管し、使用期限内でも開封後はすみやかに使用しましょう。

(2)アロマオイル(精油)

 石けんを作る目的や自分の好みにあわせて、アロマオイル(精油)を選びます。
  

 
1) 精油
 精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、 アロマテラピーの基本となるものです。
 精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トン も必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。
 
 
 
2)おすすめの精油
 精油(エッセンシャルオイル)は300種類ほどあると言われていてます。その中からお気に入りを見つけたり、ブレンドしたりするのははとても楽しい作業ですが、まずは 一般的で初心者でも使いやすい精油を使ってみましょうしょう。
 
3)今回使用する精油
 今回使用する精油は ベルガモットブラッドオレンジです。
精油のすっきりした香りに合うような、柑橘系の精油を選んでみました。ベルガモットはレモンより甘いすっきりした香りをもっています。ブラッドオレンジは、オレンジスイート精油と似た効能がありさわやかな香りが特徴です。セージの強い香りとブレンドしてさわやかなちょっと甘い香りになりました。
   エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著の記載によれば、ベルガモット精油は、鎮静作用があり、肌につける使用方法には、ローション、湿布、バスなどとあります。
  アロマテラピー図鑑(佐々木薫監修)によれば、ブラッドオレンジ精油はオレンジススイート精油と似た特徴をもち、落ち込んだ気分を明るくしてくれます。
①.ベルガモット

  イタリア原産の柑橘類、ベルガモットの果皮から採油される精油です。紅茶のアールグレーの香りづけとして有名です。レモンよりも甘く、ライムに似たさわやかなデリケートな香りが特徴です。ほとんどの精油と相性がよく、相乗効果が高いため、ブレンドには欠かせない精油です。
 

 
②.ブラッドオレンジ

ウイキペディア日本語版より


  ブラッドオレンジは、オレンジの一種、オレンジスイートの近縁種です。その名の通り、血のような色の果肉を持っており、幾つかの品種が存在します。精油はオレンジスイートと近い特徴をもっています。
 

(3)ハーブその他

 お湯にハーブの浸出油を使えば肌に優しい石けんになります。お好きなハーブで石けんを飾りつければより作るのが楽しくなります。
  

 1)今回しようするハーブ
 
セージ
 今回使用るハーブはセージです。抗酸化力の強いハーブとして知られ”ソーセージ”の語源となったともいわれています。
  ハーブ大百科/デニ・バウン著には、セージは、収斂、殺菌、抗炎症性のハーブで、樟脳系の香りがするなどと記載されています。

2.使用する器具

 

 
①.ビーカー 
  材料を入れて計量したり、湯煎にかけるときに使用しますので、耐熱性のものであればビーカーでなくても構いません。大量に作る予定でないのなら、大きすぎない容器を選ぶようにしましょう。30mlと50mlぐらいが便利です。
 
②.計り
 計量のために使います。料理用のもので兼用できます。
 
③.石けん型
 あると整形に便利です。たくさん市販されています。お菓子用のものも使えます。
  今回はお菓子用の型を使用しました。
 
④.その他
 ビニール袋 ラップ など
 

3.セージせっけんの作り方

 
 
せっけん  1個分  150 g
 

材料

  せっけん素地(手で練って形を作るせっけん)150g
  熱湯(精製水)              60ml
  精油 
         ベルガモット精油            6滴
         オレンジ・スイート精油         4滴
     ドライハーブ     
          セージ                 3g
    飾り用セージ              適宜       
    
  ビーカー  かくはん棒  ビニール袋(チャック付き)  型(お好みで) ラップ
 

作り方

①ビーカーに精製水を入れて温め、セージを入れ約10分そのままにします。

 
② 2重にしたビニール袋に石けん素地を入れて、セージを浸した液を漉して2〜3回に分けて加え、練り合わせます。

 
③ 精油を加えて練り合わせます。

 
④ ビニール袋から出して、形を整え、セージの葉を飾り、乾かします。

 

4.手練り石けんを作る上でのポイント

(1)加える精油の分量について

 精油(エッセンシャルオイル)は植物の成分を濃縮しているため、皮膚に使用する際は、原液では刺激が強いため、植物湯などで希釈して(薄めて)して使用することが大切です。いい香りだからだと、多く入れるぎてしまうとその刺激で体に悪影響が出てしまうことがあります。個人差や使用法によりその刺激の程度は様々ですが、日本アロマ環境協会では、多くても全体の1%(顔など皮膚の薄い場所の場合は(0.5%)程度を目安として推奨しています。。
 通常の精油瓶には口にドロッパートが付いていて、精油が適量しか出ないようになっています。精油瓶をゆっくり傾けていくとポトッと1滴落ちますが、その分量はだいたい0.05mlです。
 例えば全体量50mlに対して希釈濃度を約1%にするにはどうしたらよいでしょうか。
 全体量50mlに対しての1%は
   50ml×0.01=0.5ml
   です。この算出した量を0.05ml(1滴)で割ると
   0.5ml ÷ 0.05ml =  10滴
 になります。
 
*精油瓶にドロッパーが付いていない場合はスポイトを使用します。スポイト1滴はドロッパー1滴の約半分です。
 
今回使用する量
  今回は、ベルガモット、ブラッドオレンジ合わせて10滴使用しています。本来せっけんの量は150gなのでもっと加えることが可能ですが、セージの香りを邪魔しないようにこの滴数としています。
 

(2)精油を加える時のポイント

 精油瓶はゆっくり傾けてポトッと1滴落とすのがポイントです。粘性の高い精油の場合は特に落ちにくいので、じっくり待つことが必要ですが、それでも落ちない時は精油瓶の底をポンポンと指で叩いてみると良いでしょう。
 慌てて瓶を振ってだそうとすると、どっとでてしまうことがあるので注意しましょう。
 

5.その他せっけんの記事

(1)基本のせっけんの作り方

(2)その他せっけんのレシピ