アロマ手作り:オススメの本

・アロマの化学 きほんのき : いまさら聞けない

 本書は、化学の専門家・齋藤勝裕先生が、化学の中のアロマセラピーに関係する部分だけをピックアップして、やさしく、楽しく、わかりやすくご紹介し、精油の構造、性質などを理解するための化学の「きほんの“き"」を解説しています。基礎編から順に読んでいくうちに、今までもやもやしていた霧が晴れることと思います。アロマセラピストはもちろんのこと、精油を取り扱う方、香りに関する化学的基礎知識をつけたい方にご活用いただける「アロマの化学」の入門書です。

1.概要 

 アロマテラピーや精油の本を読んでいると色々な成分が出てきます。成分の効果を理解するためには化学の知識は不可欠ですが、化学に苦手意識を持つ人は多いでしょう。本書は、そのような方にオススメの本です。
 現役のアロマセラピストにどこがわからないかについてアンケートを取り、それらの声に基づいて、執筆編集されています。化学の専門家・齋藤勝裕先生(名古屋工業大学名誉教授)が、アロマセラピストたちが難しいと思っている精油の化学について、とことん分かりやすく解説しています。精油をよりよく理解するために、化学の“きほんのき"を親しみやすい言い回しやイラストを使って、楽しく学べる精油の化学の入門書となっています。
 基礎編から順に読んでいくうちに、今までもやもやしていた霧が晴れていくでしょう。
 

2.目次内容

 
序 章 本書を効率的に役立てるために
第1章 アロマテラピーと化学
第2章 すべては原子から出来ている
第3章 精油は分子の集まり
第4章 正しい構造式の書き方
第5章 異性体って何?
第6章 精油分子はどんな性質?
第7章 精油分子はどんな反応をするの?
第8章 精油分子の分子構造は?
第9章 精油が香るのはなぜ?
第10章 精油はどのようにして細胞に働くの?
 

3.著者紹介

 
齋藤/勝裕 東北大学大学院理学研究科博士課程修了。名古屋工業大学名誉教授。専門分野:有機化学、物理化学、超分子化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 

4.こんな方におすすめ

・アロマテラピーや精油についてもっと詳しく知りたい方
・体験教室などでアロマテラピーを教えている方