その他基剤のプロフィール:クレイ

 
 
 
 クレイとは100%天然産のミネラル分を豊富に含んだ粘土のことです。成分によって色が異なります。 毛穴の汚れや余分な皮脂を取り除く働きがあります。
 パック剤や、 ローションやリンスの原料、またフェイスパウダーのベースなどで使用されています。
 
目次
1.クレイのプロフィール
(1)クレイとは
(2)クレイの効果
(3)クレイの種類
(4)クレイの利用方法
(5)クレイを使用するときの注意点
2.クレイを使用したレシピ
(1)パック剤
(2)その他

1.クレイのプロフィール

(1)クレイとは

  クレイとは、岩石が長い年月をかけて風化や変性を繰り返してできた、鉱物を含んだ土(粘土)のことです。カオリン、モンモリオナイトなどいろいろな種類があり、フランスをはじめ世界各地で採取されています。
 クレイの主成分はミネラルです。そして、ケイ土、鉄、酵素、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などで構成されています。これらの成分が体の新陳代謝を促し、体内に蓄積されたう有害物質や老廃物を排泄します。フェイスパックで使用すれば、余分な皮脂や毛穴の汚れを吸着させて取り除く効果があります。微細な泥粒子が毛穴の奥まで浸透するから、洗顔では落としきれない汚れもすっきりと落とすことができます。
  また、化学成分を使っていない天然成分からできており、アレルギーや肌荒れしやすい敏感肌の人でも安心して使えます。
 

(2).クレイの効果

 ミネラルを豊富に含むクレイには様々な効果がありますが、代表的な効果は以下のとおりです。
 
美容効果
 様々な種類があるクレイパック。すべてに共通していえるのが、吸収・吸着力の高さです。毛穴の汚れをしっかりと吸い取ってくれるため、小鼻の黒ずみ改善にもおすすめです。また、体内から悪いものを吸い出すデトックス効果も期待できます。
 
健康効果
 毒素を吸い出すデトックス効果のほか、イオン調整の作用もあると言われています。クレイパックの本場ヨーロッパでは、その作用を活用して治癒目的に使うクレイセラピーが行われています。

(3).クレイの種類

  クレイとは、その産地や、色、含まれている鉱物成分などにより分類され、いろいろな名前で市販されています。よく知られているものを以下に挙げます。
 クレイの名前はメーカーによって違うので詳しくは商品の仕様を確認する必要がありますが、一般的には白など薄い色のものは吸着力や肌に対する影響などが穏やかで、緑や茶色など色が濃くなると、含まれているミネラル分も豊富になり、同時に肌に対する影響も強くなります。
 
■カオリン(カラー:白)
 初心者にとても使いやすいクレイです。カオリンの主成分はカオリナイトという鉱物で、その主産出国である中国の産地から名づけられています。
 敏感肌や乾燥肌の方にも使っていただけるなど、肌にやさしいのが特徴です。デオドラント効果があるので、パックだけでなく、ベビーパウダーやデオドラントパウダー、歯磨き粉などの材料としても使われます。 色付きのクレイよりも肌にやさしく、初めての方や肌の弱い方ににおすすめです。
 
■モンモリオナイト(カラー:緑)
 最も高品質といわれる南フランス「モンモリヨン地方産」のクレイであることが名前の由来です。色のついたクレイは、白いクレイよりも汚れの吸着力や分泌過多の皮脂を除去する作用に優れているので、ニキビ肌やオイリー肌、男性肌におすすめです。 吸着力にすぐれているので、背中や手足などボディーケアに向いています。
 
■ホワイトクレイ(カラー:白)
 こちらはほぼカオリンと同じものです。産地が異なることでミネラル成分がカオリンよりも多く含まれ、色に若干の違いがあります。使い方もカオリンと同じ使い方ができます。こちらも併せて初心者向きのクレイなので、どのクレイを選ぶのか迷ってしまう方は、まず使ってみてください 。
 
■ガスール(カラー:濃い茶)
 モロッコで古くから石鹸のように使われてきたクレイ(粘土)です。こちらはモンモリオナイトなどの緑色のクレイよりもさらに汚れの吸着力に優れ、引き締め効果も期待できるので、ボディケアでの使用がおすすめです。マグネシウムやミネラルの含有が多いことからヘアケア製品に使われることも多く、髪のしっとり感が期待できます。
 
 その他イエロークレイ、ピンククレイ、レッドクレイなどいろいろ名前で販売されているクレーがあります。詳しい仕様はメーカーに確認してください。
 

(4).クレイの利用方法

 ミネラルを豊富に含むクレイには様々な効果があります。その代表的な使用法を以下に紹介します。
 
クレイパック
 クレイパックはクレイの一番代表的な使い方です。フェイスパックにより、様々な効果があります。
 
クレイの石けん
 クレイは石鹸の材料にもよく使われます。洗浄力がアップすると共に、ミネラルも吸収できます。
 
湿布
 クレイの湿布は、ペースト状にしたクレイをガーゼなどの薄手の布で巻き、シートのようにして使います。患部にあて、クレイが乾燥したら取ります。
 
 その他、スピレーやクレイパウダー、入浴剤などで使用されています。
 
*クレイセラピー
 クレイセラピーとは、地中深くに存在するクレイを利用してリラクセーションやヒーリングを行う自然療法です。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパでは広く行われています。
 日本でも各地に泥湯の温泉があり人気があります。これも一種のクレイセラピーといえるかもしれません。
 

(5).クレイを使用するときの注意点

 肌にある皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外部の刺激から皮膚を保護したりするバリア機能の役割があります。 そのため、吸着力の強いクレイで、皮脂を取りすぎてしまうと、肌のバリア機能が低下し、トラブルの原因にもなります。 初心者はホワイトクレイなどの吸着力の穏やかなクレイがおすすめです。 

2.クレイを使用したレシピ

(1)パック剤

 

アロマで手作りするコスメ:にんじんのパック剤

 
 
 

(2)その他