その他基材のプロフィール

ミツロウ

ミツロウのプロフィール

 
  
 ミツロウはみつばちの腹部にあるろう腺から分泌させる天然のワックスです。みつばちの巣の材料となり、働き蜂が巣(みつばちの巣を構成する六角形の小部屋)を作るために分泌されます。蜜蝋と人類との歴史は長く、中世のヨーロッパでは教会のキャンドルとして使われてきました。石油から作るロウソクがない時代、蜜蝋は貴重なものだったようです。ロウソクの需要が減った現在では、化粧品や石けん、ろうそく、絵の具などの原料として広く使用されています。食用にも利用されています。アジアでは薬用にも使われています。
 ミツロウは、みつばちの分泌物を巣から切り離して精製、加工して作られます。ミツロウ本来の色と香りが残る未精製タイプと、色と香りを取り除いた精製タイプがあり、用途や好みで使い分けると良いでしょう。未精製のものには花粉やプロポリスが含まれています。

ミツロウを使用したレシピ