植物油のプロフィール

月見草(イブニングプリムローズ)オイル

月見草(イブニングプリムローズ)オイルのプロフィール(キャリアオイル辞典:レン・ブライス他著 他より)

 

フリー百科事典ウイキペデイア より

 
植物名:イブニングプリムローズ(月見草)
学名:Oenochera biennis

科名: アカバナ科
産地の例:アメリカ、地中海沿岸、中国
抽出部位:種子
抽出方法:圧搾法
成分の一例:パルミチン酸、リノール酸、α-リノレイン酸、γ-リノレイン酸
 
 月見草(イブニングプリムローズ)は北アメリカ原産で、日本にも帰化しています。この植物は夕方に1日限りの黄色の花を咲かせるのでこの名があります。アメリカ原住民は、植物全体を傷などに利用していました。
 その種子から採れる月見草油は不飽和脂肪酸が多く含んでおり、特にγ-リノレイン酸(GLA)を含んでいることで知られています。月見草オイルは古くから食用および医療用に利用されており、北アメリカの先住民は月経の時にこの植物の種子を噛んだり、種子を煎じて傷薬として使用したとも言い伝えられています。

香りのイメージ(参考)

:まったりしたくせのある香り
 

このような時にオススメ!

・スキンケアオイルにおすすめ!
 
 月見草オイルは、アンチングエイジング効果の高いオイルとして最近人気が高まっています。美容液として毎日のスキンケアに使用してみましょう。
 ただし非常に酸化しやすいので、ホホバオイルなどとブレンドして使用するのがおすすめです。

月見草オイルを使用したレシピ

 

 

目元のケアオイルを作る!

 

 秋もだんだん深まり、目元の乾燥が気になる季節です。今回は、目元につかう美容オイルをつくります。